シンガポールの教育情報 SPRING

国・地域を選択する

グローバル教育 Global

海外生の今 ~海外で教育を受けた子どもたち~

拓殖大学第一高等学校 2年 山﨑 生佳 さん
「「忘れられないシンガポールでの素晴らしい経験」

2016.12.13

LINEで送る
Pocket

初めての海外での奮闘

 シンガポールに来てしばらくの間、私はなかなか生活環境に順応することができませんでした。看板や標識が読めなかったり、買い物では金額を聞き取ることができなかったりと、初めての海外生活は戸惑いの連続でした。外国人と接するのも初めてだったので、同じコンドミニアムの隣人と挨拶することさえも勇気がいることでした。

 学校へは二学期からの編入だったためクラスに馴染めるか心配でした。しかし転入出の多い日本人学校は、オープンな雰囲気で皆が快く受け入れてくれたため、すぐに友達もできました。授業が日本よりも進んでいたので、ついていくのが大変でした。特に英語で学ぶイマージョン授業では外国人の先生の話を理解することができず、クラスの友だちのサポートなしではとても乗り切れなかったと思います。集中して聞くことを心がけ、学校以外に英語のプライベートレッスンを受けるようにしました。やがて慣れてくると向上心も高まり、もっと英語が上手になりたいという思いで一生懸命取り組みました。シンガポールから帰国して4年が経った現在も、英語力を維持するためにイギリス人の先生について英会話の勉強を続けています。

 

外国人家族との旅行

 シンガポール滞在中の一番の思い出は、妹のクラスメイトのフランス人家族と一緒にモルディブに旅行をしたことです。両親も兄弟たちも英語でのコミュニケーションには苦労しましたが、家族ぐるみでとても親しくなり毎週末遊びに出かけるほどでした。彼らには言語だけではなく、お互いを理解し尊重することの大切さを教えてもらったような気がします。モルディブのカラフルな魚が泳ぐ海で挑戦したスキューバーダイビングや息をのむような美しい朝焼けは、彼らの笑顔とともに鮮やかに胸に焼き付いています。

 国立博物館でシンガポールの歴史を勉強したことも、とても貴重な経験になりました。シンガポールの人々は日本人に対して友好的に接してくれますが、過去に起きた戦争のことを学んだ時は何とも言えない気持ちになりました。毎日の生活で接する明るく陽気なシンガポールの人たちに対して、感謝の気持ちが湧いてきました。

 

帰国後、将来の夢に向かって

 6年生の二学期に日本への帰国が決まりました。わかっていたとはいえ、とてもさみしい気持ちになりました。クラスメイトと共に過ごせる時間を大切にしながら、気持ちを込めて卒業アルバムの製作にとりかかりました。異動の多い海外での学校生活では、皆出会いを大切にしていました。お互いに助け合いながら完成させた時は、今まで経験したことのない達成感でいっぱいになったことを覚えています。

 帰国後は地元の公立中学校に通いましたが、日本人小学校で学んでいたおかげで授業は問題なくついていくことができました。現在通う高校は、自由な校風が自分に合っていると感じ受験しました。大好きなギターの練習にも打ち込みながら楽しく過ごしています。将来は薬剤師になりたいので、理系クラスに進み頑張って勉強しています。課題とテストが非常に多く毎日時間のやり繰りに大変ですが、海外の薬が手に入りにくい地域で貢献したいと考えています。

 

海外で暮らす皆さんへ

海外で暮らす皆さ他国の文化に触れることはとても価値のある経験でした。つまずい たり迷ったりした時、自分と違う考えや想像を超えることに対しても 理解しようと努められるのは、シンガポールの生活があったからだと 思います。皆さんも異国の地にいる間は、できるだけ新しいことに挑 戦してください。そうすれば自分の中のキャパシティが広がり、楽しくかけがえのない経験がたくさんできると思います。

 

 お母様より

 日本から一度も出たことのない子ども3人を連れて出発した日を、今でも昨日のことのように覚えています。シンガポールでの日々は一言でいえば、「生活即教育」でした。生活習慣の違いにとまどうことも多々ありましたが、日本では経験できない「多民族」の中で、3人の子どもたちは協力し合いながら大きく成長してくれました。日本に帰国して数年たった今でも、忘れられない輝きを与え続けてくれています。

『海外生の今』バックナンバー
https://spring-js.com/global/global02/kaigaisei/

拓殖大学第一高等学校 2年 山﨑 生佳 さん

2005年8月~ 2009年3月 シンガポール日本人学校小学部チャンギ校

2009年4月~ 2011年3月 立川市立立川第六中学校

LINEで送る
Pocket

PAGE TOP