新型コロナウィルスによりイベント等は急な変更もございます。事前に必ずお問い合わせください。

シンガポールの教育情報 SPRING

国・地域を選択する

グローバル教育

国際バカロレア

なぜ「国際バカロレア」なのか | 第3回 保護者の素朴な疑問にせまる編

2015.11.25

  • 国際バカロレア(IB)
LINEで送る
Pocket

Q. 海外大学を目指さない人がDPを取得する意味はありますか。

「国内でもIBDPスコアのみで医学部へも入学可能。2021年度までに国立大学の入試でAO・推薦・国際バカロレアが定員の30%へ」 日本にIBDPを導入する際、心配していたのが日本の大学がIBを受け入れてくれるかどうかでした。2年前「2018年までにIB認定校を200校に」という目標を掲げた時には、IBを入学要件として認める大学/学部は日本にごくわずかしかありませんでした。既に世界の大学では認知されていたにもかかわらずです。何としても日本の大学の門を開けようと、2013年に初めて国際バカロレア日本アドバイザリー委員会を開きました。参加された各大学の学長・副学長の支援や、特に首長を引き受けて下さった前駐米大使の藤崎一郎先生、文部科学省のお力添えにより、各大学が次第にIBを受け入れてくれたのです。 IB入試の実施状況(平成27年10月現在)

全学部導入 一部学部導入 導入予定・検討中 検討中 (時期未定)
筑波大学 岡山大学 国際教養大学 立命館アジア太平洋大学 玉川大学 関西学院大学 工学院大学 鹿児島大学 東京外国語大学 横浜市立大学 慶應義塾大学 順天堂大学 立教大学 国際基督教大学 早稲田大学 大阪大学 ◎ 上智大学 ◎ 北海道大学(平成30年度) 東京大学(平成28年度) 京都大学(平成28年度) 広島大学(平成28年度) 九州大学(平成29年度) 東京芸術大学(平成28年度目途) 金沢大学(平成30年度以降) 京都工芸繊維大学(平成29年度以降) 東洋大学(平成28年度) 法政大学(平成28年度) 創価大学(平成28年度) 立命館大学(平成27年度以降) 東北大学(平成29年度) 大阪市立大学(平成28年度) 東京医科歯科大学 東京工業大学 名古屋大学 千葉大学 長岡技術科学大学 豊橋技術科学大学 熊本大学 会津大学 芝浦工業大学 明治大学 お茶の水女子大学

◎大阪大学は平成29年度、上智大学は平成28年度より全学部で導入予定。出典:文部科学省HP詳細は文部科学省ホームページをご参照ください。 http://www.mext.go.jp/a_menu/kokusai/ib/1356318.htm 現在は、各大学がIBを受け入れ始めています。昨年度、筑波大学と岡山大学でIBDPのスコアのみで医学部に入学者が出ました。今年9月に国立大学協会が2021年度までに国立大学はAO・推薦・国際バカロレア入試を定員の30%まで受け入れるというアクションプランを掲げました。これが採択されれば、海外居住者も海外から日本の国立大学の望む学部へ入学できる道ができたことになります。

Q. どこの国の大学に進学するか決めていない人がDPを取るのはリスクがあるでしょうか。

「IBDPの取得で日本の大学進学にも有利に」 日本の国立大学も急速にIBDPを受け入れているので、かえってIBDPを取った方が大学に入り易いというところまできたという印象です。まだ地域によっては差がありますが、大学は続々と入学要件として認めてきています。 親御さんの立場ではIB学習者の進学先が気になるところでしょう。現在SGU(スーパーグローバル大学)※8の認定校は37あります。SGUは申請時に、IB入試の検討状況を報告する義務が生じます。つまり、SGU認定校はIBに門戸を広げると宣言したのです。SGUに選ばれた大学や応募をした大学は既に検討を始めています。 進学希望の大学が日本であれば、IBと従来の入試のスタイルと比較してもマイナスにはならないでしょう。前述の通り、47都道府県で各一校の公立IB 校を目指すとともに、各県でIBの受け入れを推進しようとしています。それが叶えば、IBはより身近になります。

用語集

★※1 国際バカロレア(IB): スイスに本拠地を置く非営利財団国際バカロレア機構が提供する3~19歳を対象とする教育プログラム ★※2 DP: 16~19歳の生徒を対象とした大学入学準備課程(Diploma Programme)。6教科 ★※3 PYP: 3~12歳の児童を対象とした初等教育(Primary Years Programme)。6教科を横断的に指導する ★※4 MYP: 11~16歳の生徒を対象とした中等教育(Middle Years Programme)。8教科 ★※5 10の学習者像: 国際バカロレア機構が示す学習者像。「探求する人」「知識のある人」「考える人」「コミュニケーションができる人」「信念を持つ人」「心を開く人」「思いやりのある人」「挑戦する人」「バランスのとれた人」「振り返りができる人」 詳細は http://www.ibo.org/globalassets/digital-tookit/brochures/what-is-an-ib-education-jp.pdf へ ★※6 日本語IB: 従来は指導言語とされていなかった日本語の使用を認め、二カ国語(英語・日本語)によるIBDP。現状ではIBDPの6科目のうち、2科目は英語、4科目は日本語で履修可能 ★※7 スコア: IBDPでの満点は45点 ★※8 SGU: 文部科学省による「スーパーグローバル大学創成支援」に採択される大学。トップ型13大学とグローバル化牽引型24大学がある(平成26年度)

編集部より

「グローバル教育」と聞くとつい外の世界に目を向け、今までの日本の教育とは全く異なる何かを想像しがちです。しかし、それが意味することと今までの日本人が培ってきたものには共通点がある。つまり、日本の教育の良い点は維持し、社会の変化に対応するために不足している部分を追加していくという発想が、日本でのIB導入の根幹にあるのではないかと、坪谷氏のお話をうかがって思いました。 IB教育を子どもに受けさせるか否かは別として、IBが目指す「10の学習者像」や「8つの視点」を家庭に取り込むことはできそうです。今回の特集で、遠くにありそうな国際教育を少しでも身近に感じていただけたらと思います。新年号ではIB特集はお休みし、4月号(3月25日発行)に続きます。 取材協力: 東京インターナショナルスクール、文部科学省、国際バカロレア機構、国際バカロレア日本アドバイザリー委員会

1 2 3 4
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP