シンガポールの教育情報 SPRING

国・地域を選択する

子育て・体験記 Specialist

何でもQuestion & Suggestion 〜読者の質問に答えます〜

「インター校生・現地校生のための国語(日本語)学習」編

2019.01.22

LINEで送る
Pocket

<必見!Springウェブサイト限定!>
取材にご協力いただいた教育機関の先生方から
貴重なアドバイスをいただきました。

オービットアカデミックセンター
満仲 孝則 先生

【共通】

Q. 日本語と英語を両方ネイティブレベルに学ぶことは可能だと思いますか。そのためには、日本語はどの時期にどのような学びをすることが必要だと感じますか。

「ネイティブレベル」の定義によります。「ネイティブレベル」が文化背景まで含めて「英米人なみ」というのを目指すのは、父母共に日本人の家庭ではなかなか厳しいと思います。なぜなら「勉強」だけで解決できるものではないからです。インター校在籍歴の長い生徒でも、IBDPのEnglish Aで7段階の6以上を取る生徒がほとんどいないことからもその難しさがうかがえます。しかし、「ネイティブレベル」の定義が、「大学生や大学院生、社会人として流暢に、不自由なく英語を使いこなせること」であれば十分に可能だと思います。
日本語と英語を両立していく場合の注意点は、言語としての本質的な難しさ、語彙量、周りから求められるレベルのいずれにおいても、英語より日本語の方がはるかに難しいということです。個人差もありますが、インター校に最低3年在籍できれば学習言語としても問題なく、不自由なくインター校生活を送れるようになります。これは、共通語である英語で書かれている教材は「ネイティブでない場合も想定」して作られているためです。
しかし日本語に関しては、言語力の1年の遅れを在学中に取り戻すことは難しくなります。日常生活でそれらの表現に触れていることを前提に教材が作られているためです。当然、言語は全ての科目の土台となるため、あらゆる科目において理解が中途半端になる恐れがあります。したがって、日英両方のネイティブレベルを目指すのであれば、あくまでも「日本語を中心に据える」ことがポイントになります。
特に10歳未満の生徒・未就学児童に関しては注意が必要です。言語の学習に必要不可欠なものは、「本人のモチベーション」です。ただし10歳未満の生徒・未就学児童には、そのモチベーションを当たり前に要求することができません。また、10歳未満の段階ではどちらの言語であるにしても、学校での勉強だけによらない母語力の発育段階にあるため、「英語はできるようになるが、日本語力と引き換え」になっていることに注意すべきです。
いずれ日本に帰国して、日本式の学習に戻すことを予定されているなら、①認識のスピードが速い子、②負けず嫌いな生意気な子、③おしゃべりな社交的な子、④運動能力の優れた子・器用な子(文字を書くという点でキャッチアップのスピードに影響する)の4点を全て満たす生徒であり、また、ご家庭と補習校・塾などで十分な日本語学習のバックアップができるという前提がない限り(週1回の習い事程度では維持できません)、10歳未満のインター校通学はお勧めできないのが正直なところです。この時期の生徒に関しては、「なかなか英語力が伸びません」と思えるぐらいがちょうど良いと思ってください(帰国の予定がなく、日本語がネイティブレベルである必要はないとお考えの場合は、この限りではありません)。
10歳以降になれば、母語は既に確立されている場合が多く、やり方次第では週1~2回の学校外学習でも十分に日本語力を維持していくことができます。したがって、「両方をネイティブ並みに」できる確率が最も高い方法は、「インター校編入は小4以降に、少なくとも3年以上の在籍ができること」であると考えます。
そして、学校外での学習環境として、日本語補強を目的としたような日本語が弱い子たちを集めた同質性の高い環境ではなく、日本人学校生やインター校生が混ざった多様性のある環境において、教科としての国語だけではなく算数も学習すること、その手法も一方通行の詰め込みやプリント演習形式ではなく、インタラクティブ(双方向)での意見発信やディスカッションを通して、受信・発信のトレーニングができることが望ましいでしょう。なお、日本語補習を目的に、中学受験用の国語学習をさせるのは言語道断です(中学受験用の学習は、日本国内の生徒にとってもかなり負担の大きい特殊な学習が求められます)。
また、英語力はネイティブレベルでなくても良いが、IBで優秀なスコアを取れる程度に英語力をつけたい、ということであれば、インター校編入は小6からでも十分に間に合います(その場合、重要なのは英語力ではなく学力です)。
しかし、注意していただきたいのが、言語に限らず学習全般は本人の個性によることころが大きく、「一般論はない」ということを強く意識しておいてください。他の生徒で上手く行っている事例が、必ずしも全員に上手くいく方法とは限らないということです。先の4点の能力が備わっていない生徒をインター校に入れる場合には、それなりにリスクがある(日本語力が低くなる、帰国後の学習全般に支障をきたす、英語力が思ったほど伸びない等)ことを踏まえてください。
個々の生徒のインター校への編入タイミングは、本人の学力、言語力(国語の得点という意味ではありません)、ご帰国の時期・地域の予定によって変わります。

【幼児編】

Q. 海外で生活しながら日本語を母語として習得するために、気をつけるべきことや考え方をご教示ください。

「日本語は話せれば大丈夫」と安易に考えないことです。親子の会話で使う日本語は語彙や表現が限られています。生活言語能力は身に付いても、学習言語能力は身に付きません。日本語を母語として習得することを第一義に考えるなら、幼児期に日本語に触れる環境を極力増やすべきです。幼児をメイドさんに預ける時間が長くなり、英語や中国語のほうが日本語より強くなったという話をたびたび聞きます。幼児期は新しい言語を話せるようになるのも早いですが、その分使う頻度が少なくなった言語を忘れるのも早いので注意が必要です。

Q. 幼児期に家庭で取り組める具体的なことを教えてください。読書の仕方のアドバイスや読み聞かせにおすすめの本などがあれば教えてください。

まず、なにより家庭では必ず日本語で話すことをルールとして徹底してください。それが当たり前だという感覚にしましょう。海外では日本語を浴びる量は日本より圧倒的に少ないので、親子の会話が重要です。日本語で、少し年上の友達と遊べる機会が持てると良いと思います。DVD、絵本なども使い、意識的に日本語を「聞く」「話す」環境を用意してあげる必要があります。

Q. 小学校入学前の年齢、幼稚園の年中・年長の時期にひらがなの読み書きはやっておくべきでしょうか。

やっておくといいと思います。英語環境で、日本語を母語として身に付けさせたいのであれば、日本語の読み書きは家庭での教育が中心となります。
また、海外では日本語情報に触れる機会を意識的に増やす必要があります。「街中の看板などに覚えた字があったら読んでみる」といった機会もほとんどありません。早い段階で日本語を認識できるように、小学校入学の年齢を待たずとも学習できるようになったら読み書きは教えておきたいです。
逆に、幼稚園の年中・年長期にひらがなの習得が難しい状況のお子さんであれば、二言語教育は厳しいと思います。

Q. 英語環境のせいか、家庭でも特に兄弟間などで日本語よりも英語の方が簡単に出てきてしまいます。たしなめたりすると、日本語を強制されたように感じて嫌いになってしまうのではないかと心配です。おすすめの対処法があれば教えてください。

その状況であれば、英語のほうが日本語より話しやすくなっており、放置するとどんどん日英の差が開いていくだろうと考えられます。
この場合、お子様の今後の進路方針として日本に戻る予定があるのかないのか、を踏まえて学校環境を選択することです。日本に帰国する予定があるのであれば、思い切って日本語環境の幼稚園・学校に戻すべきでしょう。
最初から「家では日本語」ルールを当然のこととして徹底することが一番だと思います。

【小学校低学年編】

Q. 「母語としての日本語の学習」という意味で、この時期に保護者として注意すべきことはどのような点でしょうか。

日本語(国語)の学習を習慣化することが望ましいです。
インター校に通っている場合、学校外での国語学習をする習慣を付けてください。ただドリルを漫然とやらせるのではなく、定着を意識しましょう。とくに漢字は、やみくもに形を覚えるのではく、筆順・意味・読みと一致して理解しているか注意が必要です。音読は習慣にし、日本語の滑らかな発話を維持しましょう。そして、家庭では日本語で会話するルールを徹底しましょう。これらを間を空けず継続してください。
また、学年相応レベルの維持が困難になったとしても、できるだけ学年を落とさないことが望ましいです。学年を落としたクラスに入れても、他の生徒や教材と精神年齢が合わなくなりますし、ずっとキャッチアップできないままになる恐れがあります。
学年相応レベルの日本語維持ができていない場合、日本語のキャッチアップには、「国語」教材が適切とは限りません。「国語」の教材は、「日本語」がネイティブであり、身の回りのものを指す単語が分かること、日本語の文法が分かることを前提に作られています。そのような部分が弱点の場合は、「国語」の教材より「日本語」教材での補強が必要です。

Q. カタカナや漢字はドリルなどで練習させていますが、なかなか身が入らず定着しないようです。おすすめの具体的な学習法があれば教えてください。

使用頻度が低ければ、身が入らない・定着しないのも無理はないと思います。日本語を使う機会を作ってください。日記、家族や親戚に手紙を書くなど学習外のことでもいいし、通塾して日本語での学習機会を作ることでもいいと思います。漫然とドリルに書いているだけでは費やした労力・時間のわりに定着しないので、実際に文の中でどう使われるかを意識した練習をし、テストを目標にするのもいいと思います。広範囲の漢字の定着を図るにあたり、漢字検定の受検は合否判定が出て子供にもわかりやすく、よい手段だと思います。

Q. 普段話していると日本語は年齢相応にできているように感じますが、先生方が「日本語がおかしい」と気づくようなポイントがあれば教えてください。

実際にあったケースを列挙します。
・他の生徒に比べ、指示が通りにくいときは要注意。複雑な指示の通りが遅い。状況から文脈を判断できないとき、言葉だけで判断することができない(生活言語能力はあっても学習言語能力が未発達)。抽象的な概念を言葉で説明されただけでは理解できない。
・文中の固有名詞を固有名詞と判断できない。
・音読のイントネーション、区切りのおかしさ。文字を追って発音しているだけになっている。読むスピードが極端に遅い。
・発話している言葉を文字で表記したとき、音と文字が一致せず、正しく文字化されない。また、言おうとしていることと発話している内容の不一致が頻繁に起こる。
・助詞の誤用
・「国語の教科書では出てこない・勉強では扱わない」が、「みんなが知っている」話し言葉を知らない(「ガキ」など)。
・主語、述語の整わない文を書く。…だけならまだしも、それを修正できない。
・「与える」・「もらう」・「あげる」を主体・客体が変わったときにうまく使い分けられない。

ただし、親にとっての「普通」が果たして本当に学年相応レベルなのか?というチェックは必要です。要求値が高いことも低いこともあります。信頼の置ける教育機関など第三者の視点でのチェックが必要です。

Q. 国語の教科書を一緒に読んだり本の読み聞かせなどをしていますが、他に気軽に取り組める学びの形があれば教えてください。

お子さんより対象年齢の高めな本も与えて、「まだ早いかな?」と考えるより、意識的に少し背伸びをさせるようにしてください。漫画は学習ツールとしては除外しがちですが、日本語の習得という点で考えると、状況に応じた言葉の使用方法、口語表現に慣れるという良さがあると思います。また、「ドラえもん」など小学館の少年少女向け漫画には必ずルビがふってあり、漢字の知識は自然と増えます。DVDを見せるのも良いと思います。
教科書は音読させてください。何回も、すらすら読めるようになるまでです。
インター生であれば、日系の(日本語で行う)習い事もいいと思います。習字など。

【小学校中・高学年編】

Q. この時期の国語力維持・向上について、注意すべきことがあれば教えてください。

中学生以降、学年相応レベルの国語力を維持・向上させるのに肝心な時期だと思います。ただ楽しんで読書をするだけではなく、文章の論理構造を捉えて読む力をつけたい学年です。もちろん個人差はありますが、抽象的な概念について思考することができ、大人の言葉を身に付けられるようになる時期ですので、語彙レベルを上げていきましょう。もし日本語が弱くなっているなら、この時期までに強化するのが望ましいです。母語としての日本語を確立する最後のタイミングです。
注意すべき点は、読解力が未熟な状態で、正解することを目的とした解答テクニックに走らせないことです。国語の弱点強化として読解問題の数をこなしても、本質的には読解力は向上しません。日本で受験勉強をしてきて解答テクニックは身に付いているのに、文章内容を把握できていない子が数多くいます。それよりも、文章読解の技術を身に付けることを意識した学習を重視すべきです。そして文章の内容を踏まえて自分の意見をまとめて発信したり、他者とディスカッションをしたりしながら国語学習ができる機会が日常的にある学習環境が望ましいでしょう。

Q. 日本語より英語の方が語彙が多く、なかなか日本語の言葉の幅が広がらないようです。対処法があれば教えてください。

頻繁に辞書を引いたり、分からない言葉をすぐに教えてあげたりすると、すぐに忘れてしまいます。文脈から意味を推測して、自分で意味を考えさせることが必要です。
精神年齢的には、十分、一般向けの小説を楽しめる時期です。何か夢中になれる本が見つかれば、学習として語彙を増やそうと意識しなくても、触れる日本語が増えることで慣用表現や語彙は自然と身に付いていきます。難なく読めるものよりも、本人が知らない言葉の出てくる文章を読むと良いと思います。
また、興味を持ったことがあれば、日本語で探求することで、その作業を通じて得た語彙は定着しやすいです。個人差があり、興味を持てるか、本人が日本語の語彙を必要と感じるか鍵になると思います。
漢字検定など、漢字学習によって熟語を学ぶことで語彙も増えると思いますが、その場で定着しなくても、国語の学習を継続させることが肝要だと思います。もっと学年が上がり、精神的に成長したときに結実します。

Q. 中学受験を考えていますが、インター校生でも受験の国語力を養うことはできるでしょうか。家庭でできることがあれば教えてください。

受験勉強を始めるまでの学習状況と目標校によります。日本語が学年相応レベルに達していない状況は、受験以前の問題です。会話はできても「国語」の学習をしていない状況では、文章を読みこなすのも困難です。なお、この場合、学年相応レベルの日本語を測る目安は、「学年相当の学校の教科書、テキストをすらすらと音読ができるかどうか」です(この場合必ずしも内容を正確に読み取れる必要はありません)。
母語としての日本語が発達しているという前提で、読み書きも学年相応レベルを維持していれば、受験には対応できると考えます。そのうえで、インター生の弱点となりがちなのは下記の点です。
小説・物語の慣用表現、会話文中の口語特有の表現のニュアンスがつかみにくいようです。慣用句や四字熟語、感情を表す言葉など、会話の中で豊かな表現を取り入れられるとよいと思います。
説明文、論説文は、初見の話題の文章に対して、基礎知識が乏しくても、文章の説明を読んで理解できる抽象思考が必要です。
語句知識問題にも、「学習としてではなく、普段使う言葉として知っている」ことがどれだけ増やせるかが鍵です。
また、普段から文で話す習慣をつけてください。子供が言おうとしていることを先回りして察せず(物分りの悪い親になる)、子供に言語化させる習慣をつけさせましょう。

Q. 理科や社会などを日本語で学んでいないので、帰国後が心配です。何とか国語の教科書程度はできても、日本で他の教科の勉強にはついていけるでしょうか。

「習わなくても知っている」という、机上の学習以外から吸収した基礎知識を多くしましょう(大河ドラマや映画、漫画日本の歴史を見せる、自然、動物に触れさせるなど)。日本に帰国した際に博物館や史跡を訪れていた家庭の子は、勉強外の経験で身に付けた知識が豊富でした。

(公立中学の理社を想定した場合)
今まで日本語で習っていなくても、授業を聞き理解できる日本語力、教科書や参考書を読む学年相応の日本語力があれば問題ありません。また、文章を読んだり日本語で話を聞いたりしてイメージすること、抽象的な思考ができるようになっていることが肝心です。
中学の理科、社会は小学校の学習より量も難易度も上がるので、苦労するのは日本にいる中学生も一緒です。スタートラインは同じであり、今までの学習歴は言い訳になりません。「今まで習っていないからできない」と決めつけずに取り組むことが肝要です。

(私立の中学を想定した場合)
4教科受験を経て入ってきたクラスメイトと混じって行うので「すでに知っている」ことが前提に進められると大変な局面もあると思います。しかし、帰国子女を多く受け入れている学校であれば心配ないと考えられます。また、英語でのアドバンテージがあるので、トータルでの勉強の大変さは変わりません。

Q. 英語も日本語も中途半端になっていくようで親子ともに自己嫌悪に陥っています。子どもたちにどんな言葉をかけていけば良いでしょうか。

(「中途半端」というのがどの程度かにもよりますが、どちらも学年相応に満たないとして)
今後の言語習得の方向性を示す言葉をかけてください。
小学校中・高学年は母語としての日本語を確立する最終タイミングです。すでに「中途半端になっている状態」であれば、そのままだと言語だけでなく他の科目の理解にも影響が出ます。
ただ、中途半端になってしまったことは、子供の能力、生活環境、学習環境等、あらゆる要因が絡み合っての結果ですので、何かを責める必要はありません。ですが、「バイリンガルは無理だ」と割り切り、保護者が方針を決め、子供に示してください。日本語なら日本語、英語なら英語のどちらかを選択し、必要なら転校して一つの言語の学年相応レベルの習得に集中させる必要があると考えます。

【中学・高校生編】

Q. この時期の国語力維持について、注意すべきことがあれば教えてください。

(第一言語が日本語であるとして)
維持というより、とくに語彙、抽象的な思考といった学習言語能力の面で伸長させる時期だと思います。
学習言語能力の伸長のためには、「国語」はもちろん、他教科に関してもできるだけ「日本語で学ぶ」機会を持つことが必要だと思います。抽象的な概念について書かれた論説文、自分からは手を出さないジャンルの文章にも触れる機会を作るべきです。
インター校で学習しているぶん、語彙や学習内容のレベルが上がるほど、英語で知っている単語の日本語が分からないという状況が出てきます。日本語の語彙も同じレベルで伸ばすとしたら、意識的に学ぶ必要があります。
上にも書きましたが、解答テクニックに走らず、文章の論旨を理解することに重点をおき、継続して学習してください。小学生時代に英語が強く、日本語が弱かった生徒の日本語が伸びてくるのは中学~高校の時期だという印象です。精神的な成長の影響が大きいと思いますが、継続して学習を続けることが必要です。
中、高校生には、視野を広げるためにも、幅広く学習し、読書をして見識を広めてほしいとも思います。古文も「将来使わないから」学ばなくていいと考えがちですが、日本人として、自国の文化、歴史に関する教養を持っていることは大事です(古文や文法は、高校受験することになった場合に必要ですので、その意味でも中1、2のうちで触れておくのが望ましいです)。

Q. 敬語や熟語など大人の日本語がきちんと使えるようになるには、どのような工夫が必要でしょうか。

「大人の日本語」を使うのを「中学・高校生になったら…」という意識を持たないことです。子供の語彙レベルを引き上げることを意識し、親子の会話でも硬い言葉を挟んでいいと思います。日本のテレビが見られるなら、ニュースやドキュメンタリーを流しておき、自然と「大人の日本語」が聞こえてくる状況にするのが望ましいと思います。敬語は小学生であっても「使えて当然」というスタンスでいてください。父親の知人など、他所の大人と話す機会を設けるといいと思います。親が敬語で話している様子や、ドラマの敬語での会話を見せると、「こう言うものなんだ」と自然とわかると思います。
敬語は国語でも教えますが、普段使っているかどうかで決まります。とくに謙譲語、尊敬語を自然に使える子は、小学校中学年くらいから使えます。その場合は、周りの大人たちが話すのを聞き、家庭のしつけで身に付いています。中、高校生で使えないとすると、身に付けるタイミングは本人が必要に駆られたときだと思います(アルバイトを始める、就職するなど)。

Q. 高校受験では「記述式」の問題が増え、帰国受験に作文が含まれる学校もありますが、どのような対策をするべきでしょうか。

(日本語の読み書きは学年相応レベルだという前提で書きます)
普段の国語学習で正しい表現を身に付けておく必要がありますが、作文については技術的な面よりも、内容が自分の中から引き出せるかが重要だと思います。体験作文では、自分が海外でどのような経験をし、どんなことを学んだのか、テーマ作文では、自分がそのテーマについてどう考えるのかという、「書きたい内容」が充実していないと、いくら国語が技術的にできても仕方ありません。自分の体験やそこから考えたことを言語化することが対策になると思います。

Q. IBで日本語を取る上で、気をつけるべきことを教えてください。IBDPでバイリンガルディプロマを目指したいと思っていますが、アドバイスがあればお願いします。

インター歴の長い生徒は、実際にIBが始まるまでに国語を学習し、IBDPのJapaneseに向けた読解・記述の土台作りをしておきましょう。IBでは文学作品の主題、作者のレトリックの意図にまで切り込み、日本語でエッセイを書くことになります。記述力、難解な文章を読み通す読解力が必要です。また、文学作品の主題について考えていく上では、作品が書かれた時代背景についての基礎知識があると望ましいと感じます。
日本語に関する技術的なこととは違う要素として、文学に対して「実用性がない」「価値がない」と捉える姿勢ではIBDPのJapaneseは辛いのではないでしょうか。歴史や哲学などといった人文学に関して、面白い・興味深いと思える姿勢をもってほしいです。

オービットアカデミックセンターの詳細はこちら。
https://spring-js.com/singapore/1503/

【ご協力いただいた教育機関】(種類別アルファベット順)
<幼稚園・プレスクール>
アーツハウス インターナショナル幼稚園石栗 好恵 先生アーツキッズ ひまわり幼稚園吉弘 美輝 先生アーツキッズ インターナショナル幼稚園みき 先生このはな幼稚園毛利 安孝 先生<幼児教室>
Happy Train川守田 宏美 先生こどもクラブ山出 亜弓 先生<日本語教育機関>
日本語文化継承学校・IB教師磯崎 みどり 先生シンガポール日本語補習授業校山村 薫 先生<学習塾>
KOMABA石川 晋太郎 先生、川口 美波 先生MES佐藤 剛 先生オービットアカデミックセンター満仲 孝則 先生WAOシンガポール川中 大和 先生早稲田アカデミー インター校五十嵐 敢 先生<インターナショナルスクール>
ISSインターナショナルスクール津村 美穂 先生

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP