シンガポール発海外教育情報誌サイト

専門家の声 Specialist

この人からエール

開成中学校・高等学校校長 東京大学名誉教授 工学博士 柳沢 幸雄 氏

2015.03.25

LINEで送る
Pocket

子育てにおける親の役割

はじめに

私の父は明治生まれの商人で、「殺しや盗みをしなければ何をやっても良い。好きなことで食べていけ」というのが口癖でした。ものの考え方や価値観が多様化する中で昔も今も変わらず親が子どもに望むこと、それは「しっかり自立した生活を送って欲しい」ということではないでしょうか。

人の寿命を 80 年と考えれば、子どもが生まれてから社会に飛び立つまでの 22 年間は、親の人生にとってたった 1/4 の時間でしかありません。子育てが人生の全てではないと考えればこそ、親御さんには子育ての期間がいかに尊いひと時なのかを再認識し、その貴重な時間を是非ともお子さんと「楽しく」過ごしていただきたいと思います。

海外で自らの子育てに苦闘し多くの問題に直面した経験と、長年にわたり東京大学やハーバード大学、開成学園で教育に携わってきた経験から、私が考える「子育てのヒント」をお話したいと思います。

子育てのゴールとは

「子育てのゴール」が何かについては、多くの親御さんが模索し悩まれていることでしょう。「バイリンガルに育てたい」「グローバル感覚を養わせたい」など、理想を言ったらきりがありません。私が考える「子育てのゴール」あるいは「親ができること」とは、「その子が自分の力で稼ぐように育てること」です。つまり、自立できれば子育ての目標は達成したと考えます。

この目標から外れた最悪のシナリオは、30~40 代になった子どもが自分で十分な稼ぎを得られないあまり、親の年金を頼りに生活することです。報道でも目にする通り、親の死亡届を出さないという事態が現実に起きているのです。これは、親にとっても子にとっても悲しい話です。

東京大学で教鞭を執っていた時のことです。厳しい受験戦争に勝ち抜いたにもかかわらず、入学時に既に燃え尽きてしまった学生を目の当たりにすることがありました。とてももったいない話です。なぜ彼らが燃え尽きてしまったのか、その理由は「東大に合格する」ことが最終的なゴールだと勘違いしていたからでしょう。大学に入ることは人生の中でほんの通過点に過ぎません。子どもが本当の「人生のゴール」にたどり着くまでは燃え尽きないように注意し、上手く導くことが親の大切な役目だと私は考えます。では、人生のゴールへ向かう旅の途中は、どのような心構えを持つべきでしょうか。

「負け」から学ぶ教訓

スポーツで考えてみましょう。誰もが頂点を目指して戦います。では、途中の練習試合でも全て勝ち続けた方が良いのでしょうか。私は練習試合はむしろ負けた方が良い、と考えています。なぜなら勝った試合から得られるものは満足感くらいで、「負け」から学ぶ教訓の方が 圧倒的に多いからです。また、練習試合は勝ち続けると「勝たなくてはいけない」プレッシャーが大きくのしかかり、疲弊してしまうことさえあるのです。

子どもの教育についても同じことが言えます。「合格しなくてはならない」という緊張感に常にさいなまれると、余裕が失われ物事を広い視野で見ることができなくなります。その結果、受験が終わると燃え尽きてしまうことにつながるのです。合格の先の本当のゴールを肝に銘じておけば、狭い視野に陥らず長期的な視野で人生のゴールを見捉えることができるのではないでしょうか。

できるだけ多くの「餌」を撒く

お子さんの中には、勉強が好きになる子とならない子がいます。人が得意とすることや能力は千差万別、好みも実にさまざまだということを、親は明確に意識しないといけません。親御さん自身にも好きなこと、嫌いなこと、得意なこと、不得意なことがあるはずです。そしてどの子にも、得意な分野は必ずあるものです。それを上手く見つけてあげられるかどうかで、その子の人生の幸福度がぐっと高まると言っても過言ではありません。

得意分野を見つけるには、その子が時間を忘れて夢中になっていることをよく観察し、そこを褒めて伸ばしてあげることです。その際留意すべきはできるだけ多くの「餌」を撒くということです。子どもは親が機会を与えない限り他の世界を知る術を持ちません。色々なことに触れさせ多様な体験の場を提供してあげることで自分の得意分野を見分け、その才能の芽をぐんぐん伸ばしていけるのです。そして好みの「餌」に食いついた時にその環境を整えてあげることこそが、親御さんの果たすべき大切な役割だと思います。

私は、人生の進路は「トップダウン」で選択すべきであると考えます。つまりまずは得意な分野を見極め、それに関連する職業を考え、その職業に必要な知識・技術を得るにはこの大学、そこに入学するためにはこの高校、と進学先を決定していく流れです。しかし、実際に多くのご家庭では、偏差値から合格可能な高校・大学を選び職業も決定していく「ボトムアップ」型の進路選択がなされているように思います。 この方法で進学していくと、行き詰まった時に粘り強く頑張ることができません。個性を最大限発揮して幸福な人生を歩めるよう「好きなことを伸ばす」教育をする、そのために少しでも多くの餌を蒔くこと が親の使命だと思います。

1 2
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP