シンガポール発海外教育情報誌サイト

専門家の声 Specialist

Enjoy 子育て ~子育てを楽しむ秘訣を専門家から~

「母語の確立Vol.2」こどもクラブ主任 山出亜弓さん

2012.06.25

LINEで送る
Pocket

 前回は「母語の確立」について大切なポイント3点のうち2点につい てお話しいたしました。 今回は最後の3点目についてお伝えします。

3. お子さんの様子を見ながらストレスをためさせない工夫をする。

 これについては、簡単なようで実はとても難しいことだと思います。 次のような経験がある方も多いと思います。

◎「命令口調」で言ってしまう。

(例)「日本語で言いなさいって言っているでしょう?後であなたが 困るのよ!」「日本に帰ってから困ってもお母さん知りません!」

◎いちいちうるさく言って、英語を日本語に直して話させたい。

(例)「お母さんに英語で言っても分かりません」「日本語で言いなさ い!」

◎「家庭ではきちんと日本語で話しているからきっと大丈夫」と安心し ている。

◎インター校やローカル校の勉強で精一杯で、なかなか家庭で日本語 へと導く余裕が無い。

 親御さんは毎日仕事や家事、子育てに追われ忙しくされていること でしょう。各ご家庭の状況もそれぞれ異なっていると思います。

 忙しいとは思いますが日々のお子さんの様子をしっかり見守り、ス トレスがたまったせいで、不眠や体調不良、情緒不安定につながって いないかについて、充分に心を配ってあげて下さい。

 幼稚園や学校、習いごとの先生に相談をしたり、お子さんの様子に ついて聞いてみるのも一案かもしれません。ご家庭では気付きにくい ことでも、客観視できる立場の方ですと気付き易い場合もあるでしょ う。

 ご家庭ではお子さんが努力していることを充分に褒め、前回お話し した方法も少しずつ家庭で実践してみて下さい。時には休ませたり、 長期の休みにはリフレッシュさせるなど、メリハリをつけていくこと も母語の確立に大きく役立つと思います。短い期間で確立しようとせ ず、長い目で見てあげるようにしましょう。

 幼児期には「楽しんで覚えていく」ことがとても大切です。お子さん 自身が「英語も好きだけど、日本語も好き」と思えるように、英語も日 本語もそれぞれの魅力を感じられるような工夫が必要でしょう。

 今のお子さんは思春期を迎える年齢が早いと言われているので、年 齢が上がるにつれ、思わぬ抵抗や反発に合うことがあるかもしれませ ん。そもそも多言語環境で育ちながら「きちんと母語を確立していく」 ということは並大抵のことではありませんから、その点をよく理解し、 広い心で見守ってあげる寛容さも必要だと思います。

 「決して諦めないこと」「継続は力なり」「細くても 長く続けること」を目標に、親子で頑張って欲し いと思います。

LINEで送る
Pocket

PAGE TOP