シンガポール発海外教育情報誌サイト

専門家の声 Specialist

何でもQuestion & Suggestion 〜読者の質問に答えます〜

【幼児編】タブレットやゲーム、テレビなどの視聴に適切な時間や注意点などを教えてください。

2018.01.10

LINEで送る
Pocket

小さなお子さまを持つご家庭では、「うちの子は他の子と違う?」「どうやって子どもと向き合ったら良いの?」など日々悩むことも多くあります。そこで、専門家の方によくある悩みについてお聞きしました。同じような体験をしたお母さまからの一言体験談も合わせてお届けします。
ぜひ、ご参考にしてください。

※( )内は当時通っていた園の種類です。

Q タブレットやゲーム、テレビなどの視聴に適切な時間や注意点などを教えてください。

ラッフルズジャパニーズクリニック 小児科 長澤 哲郎 先生

長時間のテレビやゲームが脳にどう影響するかはまだ正確にはわかっていません。しかし、「スクリーンタイム(テレビ、タブレット、ゲームなどを見ている時間)を制限し、子どもに直接話しかける心がけで言葉の発達がぐんと伸びた」という経験を持つ小児科医は多いです。

日本小児科医会では、「2才まではスクリーンタイムを控え、一日合計2時間までが理想」と提言しています。またアメリカ小児科学会も、「幼児期にデジタルデバイスを見せるのは1時間以内が望ましく、1歳半までは極力見せないように」と勧告しています。

しかし、いずれも一律に禁止しているわけではなく、状況に応じて使い分けることが大切で、「離れた祖父母とスカイプで交流する」とか「テレビを一緒に見ながら話題の材料にする」という使い方も考えられます。また、子ども部屋にはテレビを置かない、食事の時は見ない、時間(番組)を決めて見る、といった配慮も必要です。長い時間近くを見続けると近視のリスクが高まるので、15~20分に1回くらい遠くを見るよう促してください。強い日差しは避ける必要がありますが、五感を使って外遊びをすることが脳の発達には非常に大事です。

女児2人のお母さま(ローカル園)
できる限り外へ連れ出すようにしていますが、どうしてもという時にはなるべく大きい画面で見るようにしています。ダンス、絵描き歌、日本の昔話や英語の歌など比較的短い動画で、体を動かしながらできるものを中心に、長時間見続けないよう気をつけています。

女児2人・男児1人のお母さま(日系園 → ローカル園)
園庭が広い園を選び、夕方のお迎えの後も園庭でたくさん遊ばせて帰りました。家に帰るとすぐにシャワー・夕飯・就寝というスケジュールにし、なるべくテレビやゲームの時間を与えないようにしました。

LINEで送る
Pocket

PAGE TOP