新型コロナウィルスによりイベント等は急な変更もございます。事前に必ずお問い合わせください。

シンガポールの教育情報 SPRING

国・地域を選択する

体験記・子育て

海外生の今 ~海外で教育を受けた子どもたち~

国際基督教大学 4年 宮﨑 いずみさん 「英語を話す楽しさ」と夢を見出した海外生活

2020.07.25

LINEで送る
Pocket

インターナショナルスクールで英語に挑戦

小、中学校を日本の一貫校で過ごした私にとって、シンガポールでインターナショナルスクールへ編入したことは、それまでの人生で最も大きな変化でした。編入当初は、英語での授業や日々の生活に慣れることで精一杯でした。

現地の学校選びでは、SPP(The Study Preparation Program)という英語を第二言語とする生徒のためのプログラムに惹かれ、OFSへの編入を決めました。編入後はSPPに半年間在籍し、英語の4技能をバランス良く鍛えることができました。何よりも、授業やクラスメイトとの会話など全てが英語で行われた環境が、英語の習得においては一番の近道だったと感じています。更に、自分自身でも英語力向上のため、日本人以外の友人と積極的に関わるよう努めていました。

国際基督教大学 4年 宮﨑 いずみさん 「英語を話す楽しさ」と夢を見出した海外生活

OFSでのUN Dayダンス発表

価値観が広がった学校生活

編入した2年目には新入生をサポートする学生メンターとして「Mentoring Team」に所属しました。自分自身の経験から、「英語が流暢でない生徒をサポートしたい」と考え、チームではその仕組み作りに奔走しました。この他、「Japanese for Beginners」というクラブ活動のリーダーも務め、日本に興味のある生徒たちに日本語を教える活動も行い、とても充実した学校生活を送ることができました。

シンガポールは常に異文化を身近に感じられる環境だったので、他の文化にも積極的に触れるよう意識していました。旧正月を祝ったり、ヒンドゥー教のホーリー祭で色のついた粉を互いに塗り合ったりと、さまざまな行事を実際に体験できたことは、大切な思い出として強く心に残っています。また、このような日々を過ごせたことは、自分の価値観を広げることにも繋がったと思います。

国際基督教大学 4年 宮﨑 いずみさん 「英語を話す楽しさ」と夢を見出した海外生活

OFS卒業式

日本の大学へ

私はシンガポールで「英語を話せる楽しさ」を知ったことで、「言語教育」に強い関心を持つようになりました。ICUは、リベラルアーツ英語プログラム(ELA)や日本語教育プログラム(JLP)などの言語プログラムが充実しており、ここで学ぶことはとても意義があると感じました。それに加えて、リベラルアーツのカリキュラムの中で、さまざまな学問領域の知見を深められる点でも魅力的でした。そして、大学を実際に訪ねた際に触れた学生の皆さんの人柄や学問に対する姿勢、広大で緑あふれるキャンパスに心を惹かれ、最終的に入学を決めました。

日本の大学への受験には、国際バカロレア ディプロマ・プログラム(IBDP)とTOEFLのスコアを使用しました。学校での日々の勉強に真摯に取り組み、IBDPの試験に向けて勉強することが、最終的に受験対策へと繋がったと感じています。

将来の目標に向けたICUでの学び

将来は、一人ひとりの子どもたちが、自分で「学ぶ意義」を見つけられるような教育を実現したいと思っています。その目標に向けて、現在、中高の英語科の教職課程、日本語教員養成課程、IB教員養成プログラムを履修しています。日本語教員養成課程では、一部古文や漢文の知識が求められるものもあったので苦労しました。特に希望していた言語教育については、「子ども向け英語キャンプ」でのボランティアや、言語教育の基礎的な授業でのティーチングアシスタントなどの機会をいただき、実践を通して学びを深めています。卒業論文執筆にあたっては2人の先生方にお世話になり、学問の面からも、そして進路やキャリアプランといった面でも、親身に相談にのっていただいています。

ICUのリベラルアーツの学びでは、「自分の学びたいものを見極め、学びに真剣に取り組むこと」が重要とされており、海外の教育カリキュラムとの共通点が多いと感じています。

国際基督教大学 4年 宮﨑 いずみさん 「英語を話す楽しさ」と夢を見出した海外生活

ICUハンドベル部のコンサート

国際基督教大学 4年 宮﨑 いずみさん 「英語を話す楽しさ」と夢を見出した海外生活

ICUハンドベル部送別会

海外生へのメッセージ

シンガポールで生活を始めた頃は英語が流暢に話せなかったため、初めは苦労の連続でした。しかし、シンガポールで多様な価値観と教育のあり方に触れたことで、「日本の教育をもっと良くしたい」という問題意識を持つようになりました。日本で経験できない体験を積み重ねていくことは、必ず皆さんの価値観にポジティブな影響を与えてくれると思います。海外での生活は慣れないことも多く大変だと思いますが、ぜひこの貴重な日々を楽しんでください。

※国際基督教大学に関する情報はこちら
https://spring-js.com/japan/7288/

『海外生の今』バックナンバー
https://spring-js.com/global/global02/kaigaisei/

宮﨑 いずみさん

6~12歳(小1~6) 東京学芸大学附属大泉小学校
12~15歳(中1~3) 東京学芸大学附属国際中等教育学校
15~18歳(高1~3) Overseas Family School(OFS)
19歳~ (大1~) 国際基督教大学(ICU)

<海外在住歴>
シンガポール → 日本

LINEで送る
Pocket

PAGE TOP