シンガポール発海外教育情報誌サイト

グローバル教育 Global

国際バカロレア

なぜ「国際バカロレア」なのか | 第2回 日本のIB実施校の取り組み編

2015.09.25

  • 国際バカロレア(IB)
LINEで送る
Pocket

世界共通の学びの土台として今、国際バカロレア(International Baccalaureate、以下IB)が146ヵ国で導入されています。ここシンガポールのインター校でも導入が進み、日本でも文部科学省が、2018年までに大学入学前のディプロマプログラム(IBDP)を導入する学校を200校まで増やすという数値目標を掲げています。  7月号では入門編として、国際バカロレア機構と文部科学省を取材し、概要をお伝えしました。今回は日本のIB認定校2校を取材し、日本での現状をお届けします。

東京学芸大学附属国際中等教育学校

2007年に開校して以来、国際理解・人間理解・理数探究を3つの柱とした教育を実践しています。 帰国生を継続的に受け入れると同時に、学習指導要領だけでなく時代に即した国際教育プログラムを提供すべく、2010年国際バカロレア中等教育プログラム(MYP)の認定校に、2015年3月よりディプロマプログラム(DP)校としても認定されました。


英語の授業の様子

Q. 学習指導要領とIBプログラムは 両立できるのですか?

MYPは学習内容を規定するものではありません。学習指導要領にある内容をIBに準じた手法で学習の目標を設定し、授業を展開します。 来年4月に開講するDPの科目でも、学習指導要領の科目をいかしつつ、DPの枠組みの中で本校独自のカリキュラムを進めていく予定です。

Q. IBの教員養成が課題と聞きますが?

MYPでは、各教科に一人IBの研修に参加した先生がいれば要件を満たします。また、DPについても新たに教員を採用するのではなく、現在いるMYP教員をDP教員に養成しました。本校では、MYP の授業を本校教諭と非常勤講師が担当します。

IBでは、知識を得ることがゴールではなくむしろ「スタート」です。 持ち合わせた情報を組み合わせ、いかに課題を解決するかという「考え方のプロセス」が重視されています。教室で学ぶことと実社会で起こっていることをリンクさせることがIBの真骨頂。複雑化する国際社会のニーズにあった教育だと感じています。

東京学芸大学付属国際中等教育学校 副校長
MYPコーディネーター
星野先生

参考データ

◎IB主催のMYP・DPの教育研修に 参加したことのある教諭の割合

全体の5割

※帰国生受入れの経験知の高い既存の教員 をIB教員へ養成する。

◎帰国生の割合 ~6年(高3担当)~

全体の7割

※帰国生は世界50カ国から集まる。

生徒の声

  • ◎卒業生Aさん(海外居住経験なし 日本の大学に進学)
    ここを評価「プレゼンテーションの機会が多く、英語でも物怖じしない性格に。チャレンジ精神旺盛になったことは社会でも大いに役立つと感じます」
  • ◎6年(高3相当)Bさん(中学時代にイタリアのインター校に在籍。)
    ここを評価「レポートやディスカッションが多くて大変だが、授業は刺激的。さまざまな考えに触れられ、視野が広がりました。国際的に活躍したい人におすすめです」
1 2 3
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP