新型コロナウィルスによりイベント等は急な変更もございます。事前に必ずお問い合わせください。

シンガポールの教育情報 SPRING

国・地域を選択する

帰国に備えて

特別企画

帰国受験の今 ~2017年の中学・高校受験を振り返る

2017.06.23

LINEで送る
Pocket

早稲田アカデミー シンガポール校

Q1. 詳細 2017年の受験では、例年と異なる点はありましたか。

  • (オーチャード校より)
    中学受験については、一般入試での英語導入が進んだことに注目しています。帰国生向けの英語に比べればかなり難易度は低いので、帰国生にとっては一般入試の合格を狙うチャンスが出てきました。もちろん日本国内の生徒でも英語受験の機会が与えられたという意味でもより平等で多様な試験制度に近づいたと思います。
  • (インター校より)
    海外からの受験は例年よりも一層「勝つ受験生が全て勝ち、逆転が少ない」形になってきています。志望校の選び方も、成績上位層の方が校風・偏差値ともに幅広く戦略的に選び、きわどい位置からの受験生の方が、少ない選択肢の中から第一志望だけ偏差値面で飛びぬけて高いという野心的な選択をされているように個人的にはとらえました。入試問題については、難易度が上昇したという印象は持ちませんでしたが、問題を解く過程や内容を相手に伝えるという説明能力が求められる傾向にはあると思います。英語受験の選択肢が増える一方で、入学後の国語力についての続報がメディアから出てこないことが一番の関心事です。
  • (ウエスト校より)
    2016年度からの変化としては、特に異なる点はありませんでしたが、この数年の動きとして、公立高校入試が学力重視・表現力重視を訴える一方で、職員の負担軽減もあるのか、前後期入試の一本化(大阪・愛知)やマークシート方式の採用(東京・神奈川)がされました。来年度入試を控える中3生はセンター試験改革元年の受験生でもあります。全体として大きく変わるのは来年度入試になるでしょう。

Q2. 2018年の受験ではどのような変化を予想していますか。

  • (オーチャード校 )
    来年突然訪れる変化はないと思いますが、卒業した先輩たちの進学先を聞くと医学部への進学が非常に増えたと感じています。大学で学ぶ事柄として医療への関心は高まっているので、受験校としても「国立志向」「医学部志向」という傾向はより強くなると予想しています。
  • (ウエスト校 )
    来年度入試を控える中3生はセンター試験改革元年の受験生でもあります。表現力重視の傾向は加速するでしょう。その一方で、基礎知識・基礎学力を問う問題の割合が増えていくと考えます。つまり、「基礎問題と応用問題の両極化」です。
    高倍率入試(2倍以上)の受験成功の鍵は「表現力」となりますが、低倍率入試(2倍以下)の鍵は「基礎問題の正答率」となると思われます。

Q3. 詳細 これから受験をするお子さまと保護者の方に具体的なアドバイスをお願いいたします。

  • (オーチャード校)
    さまざまな入試制度の変化が注目を集めています。これらの変化は受験者視点で考えると”選択肢が増える良いこと“、と見える一方で、“準備の負担が増えること”も意味しています。皆がやっているからという理由でさまざまな習い事を増やし続けていくと、「帰国枠受験も、一般枠受験も、スポーツも、資格も、現地体験も」というスケジュール破綻に陥ることになりますので、やはり選択と集中も必要です。「数年先にありたい自分であるために、何に集中するべきか」ということは家族でよく話し合われることが良いかと思います。足早に過ぎるシンガポールの2~3年間の過ごし方を、丁寧に考えていきましょう。
  • (ウエスト校)
    まずは得意不得意をちゃんと認識することが大切です。受験学年の夏までは、苦手科目をとことん頑張る(頑張らせる)ことです。結果がでずに本当に苦手なのかもしれないし、実は苦手でなかったとわかるかもしれません。いずれにしても得手不得手をはっきりさせることはその後の学習計画や受験校への重要な方向性となるはずです。夏以降は得意科目のウエイトを上げてください。「やや得意」な程度では高得点を取る、あるいは他受験生と差をつけることはできません。「帯に短し襷に長し」とならないような学習を進めてください。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP