シンガポール発海外教育情報誌サイト

日本で教育 Japan

寮という選択

寮という選択 不二聖心女子学院中学校・高等学校

2017.11.25

  • 寮がある学校
LINEで送る
Pocket

世界30ヵ国に広がる聖心女子学院の一員として
「魂を育てる」欧州型ボーディングスクール

寮という選択 不二聖心女子学院中学校・高等学校

広大な21万坪(東京ドーム15個分)もの敷地には森と茶畑が広がり、中学生のお茶摘みや高校生のESD教育(環境に配慮した持続発展可能な取り組み)が行われる。

欧州型ボーディングスクールの伝統

富士山の裾野に広がる自然豊かな環境にある本校では、「魂を育てる」「知性を磨く」「実行力を養う」という教育方針のもと、社会に貢献できる女性としての成長を学校・寄宿生活で導いていきます。ヨーロッパのボーディングスクールの伝統を受け継ぎ、中・高共に1学年2クラスの少人数制で、細やかな見守りを実践しています。創立者の理念により、すべての教員が生徒一人ひとりの名前を覚え、家族のような温かいコミュニティを築いています。

寮という選択 不二聖心女子学院中学校・高等学校

寄宿舎に住む約200名の生徒は、日本全国と海外から集まり、外国人留学生も寝食を共にしています。多様性溢れる生徒同士の関わり合いは、自己を確立する上で何ものにも代え難い体験と言えます。また、「エンジェル制度」という名の下、高校3年生が新入生のお世話係として、学校生活・寄宿生活をサポートしています。

寮という選択 不二聖心女子学院中学校・高等学校

世界30ヵ国の姉妹校と交流

聖心女子学院のネットワークは世界30ヵ国147校に広がり、姉妹校への留学や、海外体験プログラムが充実しています。中でも約1年間の姉妹校への海外留学は、帰国後も学年を落とさずに進級することができる人気のプログラムです。高校2年次には、全員が聖心の教育のルーツを訪ねるフランス「ルーツへの旅」に参加し、ユネスコ本部も訪問します。創立者の精神にふれることで、社会をより良いものにするために何をすべきかを考え、現代に生きる力を培います。

寮という選択 不二聖心女子学院中学校・高等学校

寮という選択 不二聖心女子学院中学校・高等学校

クラブ活動は運動系・文化系を合わせて17ほど。希望者は放課後、学院内で茶道(裏千家)、華道(小原流)、硬筆、筝曲(生田流)を習うことも可能。

入試スケジュール

帰国生・インター校生
対象(国または英・算)
一般
(国・算または4科)
一般
(国・算または4科)
一般
(国・算)
2018年1月6日(土) 2018年1月6日(土) 2018年1月13日(土) 2018年2月4日(日)午後
本校 本校 聖心女子大学
(東京)
本校、または
聖心女子大学(東京)

寄宿舎ならではの充実した学び

寄宿舎では、自分で計画的に学習し、洗濯などの身支度もできる自立心を養いながら、同級生や上下級生とのつながりによって互いに成長していきます。中・高の多感な時期を、さまざまなバックグランドの仲間と共に過ごした生徒たちは、生涯の友を得てその絆を深めます。

自習時間:

全員が学習に取り組む十分な学習時間を確保。特に中学生は、学習のペースを図るために先生が積極的にサポート。

「家庭教師システム(マンツーマン・チューター制)」:

希望者を対象に、英語・数学指導が可能。

ネットワーク環境を活用した学習:

タブレットを使った英会話のレッスンなど、多様な学習形態を実現。

寮生に聞きました
寮生活の「良い点」とは?

● 一生の友だちができる。
● 協調性が身につく。
● 企画力・実行力が身につく。
● 人間力(人と関わる力)が高められる。
● 家族のありがたさが分かる。
● 家でも手伝いをするようになる。
● マナーや礼儀が自然に身につく。
● 友人と励まし合って勉強できる。
● 身の回りのこと(お皿洗いや洗濯など)が何でもできるようになる。

寮生活スケジュール

不二聖心女子学院中学校・高等学校 一日のスケジュール

学寮データ

【寮生数】2017年度定員 199名
【部屋】1ユニット10名程度(寝室は個室、バス・トイレは共有)
【閉寮時期】中学は土日は原則閉寮、高校は年に数回、週末も寄宿舎に滞在可能
【外出】平日は不可
【洗濯・掃除】夕食のお皿洗いも含め、生徒が行う
【食事】3食+Tea(おやつ)
【お風呂】大浴場、個別シャワールーム
【その他】家族が海外在住などの場合、一定の条件内で保証人のもとから通学可。都心から新幹線通学する生徒も。

スクールデータ

〒410-1126  静岡県裾野市桃園 198(東海道新幹線三島駅から直通スクールバスで25分)
<Tel> 055-992-0213
<web> http://www.fujiseishin-jh.ed.jp
<資料請求フォーム> https://www.fujiseishin-jh.ed.jp/request/

LINEで送る
Pocket

PAGE TOP