シンガポール発海外教育情報誌サイト

シンガポールで教育 Singapore

インター校

9月29日東京説明会開催!Marlborough College Malaysia

2016.03.25

  • 国際バカロレア(IB)
  • 寮がある学校
LINEで送る
Pocket

住所Jalan Marlborough, 79250 Nusajaya, Johor Malaysia
電話番号+(607) 560 2200
WEBhttp://www.marlboroughcollegemalaysia.org/

Marlborough College Malaysia のご紹介

マルボロカレッジマレーシアは、172年の歴史を持つ英国の名門校マルボロカレッジ初の海外キャンパスとして、2012年にマレーシア・ジョホール州のイスカンダル開発区に開校しました。同校には世界40ヵ国から集まる4歳から18歳までの820名の児童・生徒が学び、そのうちの218名が寮生活を送っています。英国の伝統教育にアジアの多様な文化と環境を生かし、中国語やフランス語・スペイン語なども学ぶことができます。広大なキャンパスでは、学業だけでなくスポーツ、アート、音楽のための充実した施設が整備され、個性を育む多彩な学びの環境を提供しています。

歴史と伝統に裏付けられた教育哲学

同校では、真の教育には「Compassion(共感)」「Companionship(交友)」「Conversation(対話)」の3つの要素が不可欠だと考えています。長い歴史をもつ全人教育を通して、生徒は人として、地域、自然とのかかわりや、他者を思いやる心、友人との関わりを学び、人生の目的をしっかりと持つことができるようになります。さらにマレーシアではさまざまな人種、宗教の友だちと交わることで、異文化を身近に感じ、お互いの違いを認めることのできる真の国際人として成長していきます。

英国名門校ならではのボーディングスクール

Marlborough College Malaysia

同校の恵まれた環境の中には、4つのシニアボーディングハウス、2つのジュニアボーディングハウス(学寮※)が併設されています。英国の伝統であるこの「ハウス」には、寝食を共にするハウスマスター、またはハウスミストレスが常駐し、父親・母親的な存在で日常生活を温かくサポートします。また、年齢の若いレジデントハウスチューターもおり、より身近な相談相手になっています。学寮のプログラムも用意されており、社会性を養うプログラムやバラエティ豊かなクラブ活動、言語学習などが選択できます。ジュニアハウスでは週末を自宅で過ごす「ウィークリーボーディング」も可能です。

確実な学びを提供

同校の教師の1/4以上は、英国本校での教師または卒業生です。マレーシアの地でも英国本校と同じ教授法と伝統的な価値観を共有することで、それぞれの生徒の力を確実に伸ばしながら人格面での成長を促します。志望大学への合格だけでなく、大学や社会で必要な自学・自立の姿勢を養うとともに、良識あるマナーを身につけることで、その後の人生を豊かに歩むための礎になる教育を目指しています。

伝統的な英国カリキュラムで学び、14歳からの2年間では英国式国際カリキュラムIGCSE (International General Certificate of Secondary Education)、16歳からは国際バカロレア・ディプロマプログラム(IBDP)で学びます。同校でのIGCSEの結果は初年度・2年目ともに、61%の生徒がA*またはAを、82%の生徒がAまたはB*の成績を収めました。※2014年から導入されたIBDPでは、世界各国の大学進学を目指しています。
※A*からCまでの評価で合格レベル。A*が最高評価で、その後A、B*、B、Cの順。

言語や算数・数学などの教科では、個々の能力を最大限に伸ばす能力別授業を導入し、英語を第二言語として学ぶ児童生徒のためのプログラム(EAL)をReception(4歳)からYear8(12歳)を対象に開講しています。日本語については、Prep Schoolの園児を対象とした放課後のクラブがあり、IGCSEでは「外国語としての日本語」クラスが選択可能です。また、IBDPでは母語としての日本語を個別指導のもとで選択することができます。

充実の施設と安心の環境

Marlborough College Malaysia

スポーツが心の鍛錬に最も有効な教育の一つと考える同校では、90エーカーの広大な敷地の中に、9つの芝のグラウンド、50mスイミングプール、ジュニアスイミングプール、5面のテニスコート、その他クリケット、陸上トラック、全天候型フィールドなど本格的なスポーツ施設を完備しています。また、ドラマホール、サイエンスラボラトリー、アートスタジオや音楽室、大学ガイダンスセンター、24時間体制のメディカルセンターも兼ね備えており、学習面のみならず、心身ともに児童・生徒の成長をサポートする万全の環境が完備されています。

マレーシアのボーディングスクール詳細はこちら(英語)
http://www.marlboroughcollegemalaysia.org/pastoral/boarding/

英国名門校の教育

日本人保護者から見たMarlborough College Malaysiaでの学校生活

Marlborough College Malaysia Marlborough College Malaysia

広大なキャンパスと能力を伸ばす教育システム

今年11歳の双子の娘と息子は、2012年の開校当初よりマルボロカレッジマレーシア(MCM)に通っています。それまではシンガポールの比較的小規模のインターナショナルスクールに通っていたため、まずはMCMの広大なキャンパスと充実した施設に大変喜んでいました。
MCMの特徴は、素晴らしい環境とともに少人数で得意分野を伸ばせる「セッティング」という教育システム、若くて熱心な教師陣です。「セッティング」とは算数、国語などの科目を、早くから子どもたちの能力別に指導し個々の力を向上させるシステムで、算数が大好きな息子は、同じ「セッティング」の学生たちに刺激を受け、さらに学力が伸びたように思います。

スポーツやドラマも重視

MCMの素晴らしいところは、アカデミックな分野は勿論のこと、スポーツやドラマなどにも力を入れ、総合的な教育システムが確立していることだと感じています。あまりスポーツに熱心でなかった娘が水泳チームに入り、シンガポールの国際校との対抗試合に参加したり、ドラマにも参加したりすることで自信を育む機会を得たことが何より有り難いと感じます。MCMに入学後の成長ぶりには目を見張るものがあります。

礼儀の教育

もちろん全てがバラ色ではなく、慣れないマレーシアでの生活や、日本語能力の低下、イギリス式教育システムや厳しい礼儀の教育に最初はとまどうこともありました。しかし、服装や髪型、先生方への挨拶、食事中のマナーなどは厳しくしつけてくださり、親としては感謝しています。

充実したサポート体制

教科書に沿って勉強していく日本の学校とは全く違う教育システムに、親子とも困惑することもあります。しかしこのような戸惑いも、タームごとに行われる保護者と先生方との面談で詳細に説明があるので、確実に力をつけていると確信でき、安心できます。このような学校のサポート体制には非常に満足しています。

日本人コミュニティ

近年はMCMの日本人コミュニティの増加が目立ちます。ご主人を日本に残し、日本からお子さまと来られる「母子留学」の方々も多々いらっしゃいます。日本からいらしたお子さまは、まず英語で大変苦労をしているので、ぜひとも入学前に準備をすることをおすすめします。イギリス人と日本人を両親に持つ我が子は、その逆で日本語の勉強に大変苦労していますが。

理想の学校

子どもたちの学校の選択には本当に頭を悩ませましたが、MCMを選択してやっと理想の学校に出会えたように思います。子どもたちは毎朝学校に行くのが待ちきれない様子です。

東南アジアの広大なキャンパスで伝統を育む

マルボロカレッジの児童・生徒たちは、文化と伝統を重んじる英国人の教育者より本場英国のカリキュラムを学びます。本校は170年来、一流の英国教育の代名詞として知られています。今、東南アジアのこの地では、90エーカー※という広大で恵まれた環境の中、4歳から18歳の子どもたちが先人たちからの知恵を学び、日々のびのびと成長しています。

※90エーカー:東京ドーム8つ分の広さに相当。

入学説明会開催

■2016年9月29日開催  東京説明会
お申込み、詳細はウェブサイトをご覧ください:
http://www.marlboroughcollegemalaysia.org/contact/tokyo-japan-thursday-29th-september-2016/

Marlborough College Malaysia

Marlborough College Malaysia

Marlborough College Malaysiaのご紹介

マルボロカレッジ・マレーシアは創立1843年のイギリスの名門校、マルボロカレッジの初めての海外キャンパスです。本国では常に教育改革の先頭に立ち、19世紀の芸術家ウィリアム・モリスをはじめ、キャメロン現首相夫人、王室キャサリン妃など多くの著名な卒業生を送り出してきました。
昨年8月にマレーシア・ジョホールに全日制・全寮制の共学校として開校し、2018年または2019年までに4歳から18歳の生徒およそ1300名が学ぶキャンパスとなります。マレーシア政府が推進する経済振興地域「イスカンダル開発区」にあり、文京都市EduCityを構成する学校の一つです。

Marlborough College Malaysiaの教育方針

◎教育哲学

真の教育は「Compassion(共感)」「 Companionship(交友)」「Conversation(対話)」の3つで成り立つと考えます。それは、他のに共感する視点で考えること、友人と生活を共有することで真の交友関係を育むこと、他者との対話を通して自分の考えをしっかり伝えることです。生徒はこのような相互交流をさまざまな活動で経験しながら、自分に責任を持ち社会に貢献できる人間へと成長していきます。マルボロカレッジでは、粘り
強さ、チームワーク、自律の精神や寛容さが必要な体験を通して、これからの社会で求められる人格が形成されます。

◎カリキュラムと進学実績

マレーシア校では、イギリス校とほぼ同じカリキュラムが実施されており、世界でも有数の教育内容には定評があります。1/3以上の教師はイギリス校での経験があり、両校の教師・生徒の交流もおこなわれています。

・プレパラトリースクール(4 ~ 11歳)

イギリスのナショナルカリキュラムに加え、4歳から中国語を学びます。スペイン語とマレー語は選択科目となっています。スポーツ、演劇、音楽にも力を入れており、課外活動も大変充実しています。生徒は入学すると4つあるハウス(学年を超えた縦割りグループ)に所属します。「仲間に親切だった」「勉強やスポーツを頑張った」といったさまざまな機会に表彰され、ハウス間でポイントを競い合います。

・シニアスクール(11 ~ 18歳)

カリキュラムの基本的枠組みはイギリス校と同じですが、マレーシアにある地域性をいかした独自のカリキュラムになっています。中国語を強化し、マレー語も選択可能です。人文科学や文学ではローカル性が加味されています。14歳から2年間はIGCSE(International General Certificate of Secondary Education)プログラムを履修し、16歳からは2014年8月より導入予定のIB(International Baccalaureate)ディプロマプログラムで学びます。今年の8月には4つの寮が完成し、自宅通学生も含め全生徒がハウスシステムの中でポイントを競い、互いに切磋琢磨します。

開校して間もないマレーシア校での大学進学結果はまだ出ていませんが、イギリス校と同じ合格実績を目指しています。過去3年間、イギリス校の卒業生の2/3以上は、世界ランキング100位以内の大学に進学しました。第一志望の大学に合格できるよう指導するだけでなく、合格が最終目標
となってしまわないよう、その後のキャリアと社会貢献・生き方を展望できるような教育を目指しています。

◎広大な敷地の美しいキャンパス

総面積90ヘクタールの安全な敷地には、充実した施設が点在し一つの大きなコミュニティを形成しています。生徒たちは人格形成の礎となる大切な時期を恵まれた環境の中で学んでいきます。

施設概要: ラグビー場(芝生)6面  サッカー場(芝生)2面 ラクロス場(芝生)1面 全天候型フィールド2面 テニスコート10面 国際規格のクリケット場1面 50mプール ジュニアプール(11歳以下用) 陸上競技トラック(建設中) スポーツホール スカッシュコート4面 科学棟
音楽・演劇棟 アート・デザイン棟 など

School Data

Marlborough College Malaysia

※MYR=マレーシアリンギットスクール ※バスはシンガポール在住でも利用でき、現在約170 名の生徒がシンガポールから通学しています。

【学年】Reception(4 歳)~ Year 13(18歳)※来年度(2013 年8 月新学年スタート)は Year 11 まで
【入学登録料(税込)】MYR1,100
【年間授業料(税込)】全日制:MYR 60,165 ~ MYR 81,090  全寮制:MYR108,255 ~ MYR133,065 ※Year5 より
【ウエイティング】なし 面接 ・Pupil Questionnaire(Year 4 以上)・verbal reasoning テスト(Year7 以上)により合否判定
【全校生徒数】374名(日本人生徒数:15名程度)
【1クラス生徒数】4 ~ 11 歳:最大18 名  11 ~ 18 歳:最大20 名
【学期】3学期制
【英語サポート体制(ESL)】なし、ただし補習が必要な生徒への学習サポートあり

※本文は2016年3月25日現在の情報です。

海外教育情報サイトSpringでは、シンガポールの学校情報を拡充中です。今後とりあげてほしいシンガポールのインターナショナルスクールや、お気づきの点はcontact@spring-js.comへご連絡下さい。

LINEで送る
Pocket

PAGE TOP