シンガポール発海外教育情報誌サイト

シンガポールで教育 Singapore

インター校

St. Francis Methodist School

2017.09.25

LINEで送る
Pocket

住所492 Upper Bukit Timah Road Singapore 678095
電話番号+65 6760- 0889
 E-mail st.francis@cultureconnectltd.com
WEBhttp://www.sfms.edu.sg

セントフランシス・メソジストスクールは、創立50年以上の伝統を誇る中・高一貫のローカル系インターナショナルスクールです。シンガポール西部にあり、地下鉄Hillview駅から徒歩1分と、シンガポールのどのエリアからも通いやすい立地です。

在籍生徒は約600名で、シンガポール人と世界20ヵ国の生徒が共に学んでおり、日本人生徒も積極的に受け入れています。

St. Francis Methodist School

生徒の資質に合わせた柔軟なコース

セントフランシスでは、キリスト教精神に根ざした「個人の能力を最大限に引き出す」教育を目指しており、 世界的に認められたシンガポール・英国・オーストラリアの教育課程を、中高6年間で柔軟に選択していきます。

最初の2年間は、当地の現地校と同じ「ケンブリッジGCE ’O’レベル」のカリキュラムで学習します。その後3〜4年目には、同「GCE ‘O’レベル」を修了するか、「IGCSEプログラム」または、「西オーストラリアカリキュラムAUSMAT」のいずれかのコースの中から選びます。

しめくくりとなる5〜6年目の大学準備課程では、英国大学への編入が可能な「Edexcel International A」、または「西オーストラリアカリキュラムAUSMAT」を選択します。特に、英語を母語としない生徒には、修了試験だけでなく学校での成績が大きく評価される西オーストラリアカリキュラムが人気です。

生徒の適性に応じて教育課程を選択しながらも、卒業後は、英国インペリアルカレッジ、シンガポール国立大学、南洋工科大学、香港大学、オーストラリア大学、メルボルン大学など世界のトップ校へ進学しています 。

St. Francis Methodist School

きめ細かな「英語強化プログラム」

日本人をはじめ、世界各国の留学生も広く受け入れる同校には、英語を上達させるためのプログラムEIP(English Immersion Programme)があります。本入学前の準備コースと位置づけ、学年相当の英語力をつけるために効果的な指導を12ヵ月行います。日本人の場合、小学6年になる4月または、インター校のG6からフルタイムで参加し、翌年1月に中学1年として本入学をするのが一般的なプロセスです。中学1、2、3年生の場合でもまずEIPに編入し、次年度に本入学することもできます。

St. Francis Methodist School

生徒を全面的にサポートする校風

英語強化だけでなく、生徒の学業と人格形成をサポートするために、さまざまな取り組みも行われています。例えば、放課後には生徒の苦手科目を教える補習授業「AAP(Academic Achievement Programme)」を開講しており、授業が理解できるようにサポートします。

また、メルボルン大学教授Prof. Michael E. Bernardが開発した人格形成のための「You Can Do It」プログラムを導入することで、自信や決断力をつけながら組織の中で役割を果たす能力や、感情のコントロールなどを身につけ、学力だけでなく心を鍛えていくことも後押ししています。

St. Francis Methodist School

日本人生徒の声

中1から単身留学でシンガポールへ、
1年間EIPを経て、通常クラスへ編入。AUSMATを選択。

St Francis Methodist Schoolに来て、周りの 友だちや先生がとても優しかったことに救われました。先生方が私の英語力に辛抱強くいてくださったことを大変嬉しく思いました。ど のように英語力をつけたら良いか、時間をかけて繰り返し教えてくれました。

学校の良さは、さまざまなバックグラウンド を持った先生や生徒がいること、生徒に合わせてフレキシブルに対応してくださることです。複数あるプログラムから、自分に合うものを選べるという選択の多さも魅力だと感じます。

日本語による学校説明会

10月20日(金) 14:00~15:30

セントフランシス校内にて ご予約は、公式エージェント/カルコネまで日本語でどうぞ
inquiry@cultureconnectltd.com

※2017年9月25日現在の情報です。最新情報は各機関に直接ご確認ください。

1 2
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP