新型コロナウィルスによりイベント等は急な変更もございます。事前に必ずお問い合わせください。

シンガポールの教育情報 SPRING

国・地域を選択する

学校・幼稚園

幼稚園・プレスクールなど

アーツジュニアモンテッソーリ Arts Junior Montessori

2020.03.25

LINEで送る
Pocket

住所11 Chang Charn Rd. Shriro House #02-02 159640
電話番号+65-6272-1332 +65-9185–8804(日本語)
WEBhttp://www.artsjuniormontessori.com

幼児教育30年の園長と子どもたちとの
ふれあい物語 vol.28

挨拶に「感謝」の気持ちを込めて

私たちは、日常生活のさまざまな場面で交わされる「挨拶」に、思いやりや感謝の気持ちを込めています。日本人は食卓で「いただきます」「ごちそうさまでした」を言うのが習慣ですが、英語ではそれに代わる適当な言葉がないため、当園では手を合わせ「Thank you for the food」と言います。感謝の気持ちを調理した人だけでなく、食事ができるまでに携わった多くの方々にも伝えたいと思うからです。

また世界の中には、私たちのように衛生的でおいしい食事をいただくことができない人がたくさんいることも忘れてはいけません。マリアモンテッソーリの言葉に、「知らなければ愛せない、だから知ろう」とあります。出会ったこともない遠く海の向こうにも、一生懸命生きている人たちがいます。その人たちにも思いを馳せ、子どもたちと日々過ごしているのです。時には、世界地図を見ながら外国の文化や人々の暮らしを知り、この社会はさまざまな職業に携わる人々によって支えられているということも学んでいます。

外出する人に「気をつけていってらっしゃい」と声をかけて送り出す、そんな習慣が日本人にはあります。小さい子どもが何かをしようとする時に、思わず「気をつけて!」と言うことが習慣になっている大人も多いことでしょう。

当園では、新人の先生が「気をつけて」という度に「何をどう気をつけるのか」を子どもが理解することが大切だと伝えています。そして、「気をつけて」から「見ててあげるからやってごらん」と勇気づける言葉に替えていくよう、指導しています。危ないからやらせないのではなく、危ないからこそ、大人は「扱い方」や「気をつけ方」をしっかりと伝え、黙って見守らなければならないのです。伝えた後は「自分でやってごらん」と子どもを信頼し、任せてみましょう。子どもは勇気を持って全神経を集中させ、大きな一歩を踏み出すものなのです。

アーツジュニアモンテッソーリ Arts Junior Montessori

創立者・園長 三杉 ももよ
日・米・シンガポールでの幼児教育歴は30年。日米両国で乳幼児・小学部のモンテッソーリ教育の国際資格を取得、自らも帰国子女であり3言語教育を重視する。「本物のモンテッソーリ」「ビジネスのためではない真の学び」「芸術を通した情操教育」を追求。実の息子も音楽の道を志す音楽一家でもある。

園の詳細は、過去の連載記事をご参照ください。

園生活の楽しい学びがたくさん紹介されています。ぜひ、ご覧ください。https://www.facebook.com/AJM0101/

モンテッソーリ教育の目的は、「自立し、賢く、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てる」こと。一人ひとりの人格を尊重し、自由を保障し、生き生きと成長する子どもたちに寄り添います。

芸術・体育・情操教育による豊かな育ち
子どもの「知りたい」を満たすカリキュラム
3言語(日・英・中)環境
広い保育室とインドアプレイジム
豊富なエンリッチメントクラス
ヴァイオリン・サッカー・体育

「愛されている」と実感できる育ちの場所
アーツジュニアモンテッソーリ
www.artsjuniormontessori.com/info@artsjuniormontessori.com
11 Chang Charn Road, Shriro House, #02-02, Singapore 159640
(レッドヒル駅より徒歩7分、スクールバスあり)
+65-6272-1332
+65-9185-8804(日本語)

<乳児保育><チャイルドケア><プレスクール>
<小学生の英語プログラム・学童保育(クレ校からバスあり)>

※2020年3月25日現在の情報です。最新情報は直接お問い合わせください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP