シンガポール発海外教育情報誌サイト

シンガポールで教育 Singapore

インター校

ISS INTERNATIONAL SCHOOL

2017.06.23

  • 国際バカロレア(IB)
LINEで送る
Pocket

住所High School: 21 Preston Rd
Elementary&Middle School : 25 Paterson Rd
電話番号6653-5674
WEBhttp://www.iss.edu.sg/

Advertisement

将来のテクノロジー博士

「ISSに編入した当初は、自分がコンピューターの専門家になるとは想像もしていませんでした」

~在校生タリッシュ君のストーリー~

ロボティクスの時間 自分の考えで試していくプロセスを楽しむタリッシュ

ロボティクスの時間 自分の考えで試していくプロセスを楽しむタリッシュ

14歳でISSインターナショナルスクールに編入した時、タリッシュは将来自分が何をしたいか、全く想像できませんでした。その後、温かい小規模校の環境と、一人ひとりに合わせた「カスタマイズ・アプローチ」で幅広いカリキュラムを学ぶ中で、彼はコンピューティングへの情熱を育みました。

きっかけはロボティクスやプログラミングなどを学ぶ「デザイン&テクノロジー(D&T)」の授業でした。担当のテイラー先生は生徒たちに材料と情報を提供した後、生徒が自分たちでプロセスを発見しながら、製作するように促します。生徒はレゴのマインドストームEV3キットを使って自ら計画を練り、製作し、評価しながらプログラミングを学んでいくのです。

「ソフトウェアやロボットをいじったり、先生とさまざまなプログラミングのスタイルについてリサーチするのは、とてもワクワクする時間です」

「プログラムの構成だけでなく、プログラミング言語の背景やスタイルを学んでいくうちに、人間の脳が実は『生きたプログラム』なんだ、ということに突然気づいたのです。それ以来、ロボティクスと人間の関係というテーマに夢中になりました」

新たな発見の面白さに目覚めたタリッシュは、開発したロボットがクラスのロボット障害物競争で優勝しました。更にシンガポール国立青少年評議会の「ニュー・エイジ・ハッカソン 2.0」というコンテストでは、高齢者を支援するモバイル・アプリを開発しました。夏休みには海運会社のインターンとしてITサポートの仕事もこなしました。

学校の舞台パフォーマンスでは、スイッチボード係を担当

学校の舞台パフォーマンスでは、スイッチボード係を担当

「ほんの数行のコードが、多くの人のためになる偉業を成し遂げ得るコンピューティングには、とてつもない魅力を感じます。その限りない可能性と発展性は想像を絶するものがあります。」

「『潜在能力を開花させよう』というISSのモットーは実に素晴らしいと思います。この学校だったから、自分自身のことを深く理解し、単なる興味分野を生涯にわたる自分の専門分野に繋げることができたのだと感謝しています」

タリッシュはテクノロジー会社の経営にも興味を持っています。将来ValveやBlizzard Entertainmentのような革新的な会社で働くことを夢見て、ISSでは「みんなのITサポート係」として今日も活躍しています。

IB日本語クラス有り。ESLも充実。個別見学はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせは、メールまたはお電話でどうぞ

Email:admissions@iss.edu.sg
Tel: 6653 5675
Website: http://www.iss.edu.sg/spring

※2017年6月23日現在の情報です。最新情報は各機関に直接ご確認ください。

Advertisement

1 2 3
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP