新型コロナウィルスによりイベント等は急な変更もございます。事前に必ずお問い合わせください。

シンガポールの教育情報 SPRING

国・地域を選択する

学校・幼稚園

日本人学校・補習校

シンガポール日本人学校中学部グローバルクラス

2020.09.25

  • ICT教育
LINEで送る
Pocket

住所201 West Coast Road Singapore 127383
電話番号+65-6779-7355
WEBhttp://www.sjs.edu.sg/

“語学力”と“発信力”を備えて世界へ羽ばたこう
シンガポール日本人学校中学部
グローバルクラス

令和3年度 中学1年募集要項
2020年9月中に本校ウェブサイトに掲載
※出願には英語力を証明する資格が必要となります。

イマージョン英語教育
~英語を学ぶではなく「英語で」学ぶ~

〈イマージョン学級活動〉

外国人教員と日本人教員の2人で、学級を担当し、多角的な視点でグローバルなマインドを養います。
毎日の学級活動では、英語が主要言語です。 助け合いながら、互いの英語運用能力を高めます。
面談や学期末の評価など、英語でのフィードバックも充実しています。

シンガポール日本人学校中学部

「イマージョン教育」とは 

通常の教科の学習を第2言語により行う教育です。第2言語を自然に使う環境を作り出し、その言語にどっぷり浸かることでその言語の習得を目指します(イマージョン(Immersion)= 浸す)。本校では全クラスにおいて英語によるイマージョン教育を体育、音楽、美術、家庭科の教科で20年以上続けています。
教科の内容に加えて、英語の習得、さらには異文化に対する関心や理解がより深まります。

シンガポール日本人学校中学部

※1年生の時間割。赤が英語で受ける授業

週の授業の
50%以上を英語で行う

〈理数科目のイマージョン教育〉

理科・数学のイマージョン授業を週に英語で3時間、日本語で1時間実施します。
外国人教員と日本人教員の2名がTeam Teachingで担当します。
日本の学習指導要領に準拠した内容を、英訳した教材で学習します。
理科・数学の日本語授業では、メインストリームクラスの内容を反映し、日本語での学習内容の定着を行います。
定期テストは、メインストリームクラスと同じ日本語での試験と、英語のみでの試験の両方を受けます。

シンガポール日本人学校中学部

シンガポール日本人学校中学部

Q 日本への帰国や受験の際、国語力で困ることはないですか?
A 国語と社会の授業は、メインストリームクラスと同様日本語で行っています。また、全教科における定期考査も学年共通の試験を経験し、日本人学校の強みである高い国語力を維持します。

Q グローバルクラスに入るとどのような力がつくのですか?
A 英語力は各学年の段階に応じて目標を設定しており、卒業時のCEFR B2レベルを目標に年に2回のレベル確認テストで自分のレベルを測り学習を進めます。また、英語による発表の授業も多くディスカッション等で自らの考えを発信する力を培います。

Q 理科や数学の理解が深まらないことはありますか?
A 生徒が教科書や資料を両言語で見比べながら学習できます。教材を活用し、日英それぞれの言語で学習することの利点を生かし、より馴染みのあるアプローチにより自然な思考の過程を経て、深い学びに迫ります

国際教養ゼミ
~世界に通用する“思考力”と“発信力”を鍛える~

〈Global Citizenship Enrichment Program MUN〉

シンガポール初のリベラルアーツカレッジであるYale-NUS Collegeの卒業生講師陣のもと、模擬国連(MUN)のルールに沿ってSDGs(持続可能な開発目標)についての議論を進めます。特に民族多様性や人種的調和についてシンガポール人講師の視点も踏まえて多角的に考えます。教室内でのディスカッションだけでなく、少人数グループで1つの国を担当し調べ学習を進めていく中で、地球市民としての自分の意見や考えをまとめ発信する力を養います。

シンガポール日本人学校中学部

〈Project-based learning for SJSS〉

少人数グループでの課題解決探究活動を通して国際社会での問題について考え、STEM学習でのツールを活用しながら解決策を考えていきます。自分たちで立てた問いに対する答えを、シンガポール人講師の指導のもと探究的に考え、学術論文にまとめ、最終発表を行います。プレゼンテーションでは質疑応答にも対処できるよう準備を進めます。希望する生徒は学外の大会である Global Leadership Link に参加し、発表する経験を得ることができます。

シンガポール日本人学校中学部

生徒が協働して設定した社会問題のテーマ(2019年度2年生の例)
Raising Awareness about the Poverty situation in Singapore to the Japanese community(シンガポールの貧困問題)
Using imagery to raise awareness on the situation of deforestation(身近な環境問題の周知)
Spread Information of Medical Robot and Improve Healthcare Quality(医療における地域間格差)
How can we educate SJSS students and parents about smartphone addiction?(生徒のスマートフォン依存対策)
How can we adopt a program using AI to help SJSS students to improve their Math ability?( AIでの学習支援)

シンガポール日本人学校中学部

シンガポール日本人学校中学部

探求学習の成果を
スライドやポスターで発表

〈Global Leadership Link Online〉

アジア4ヵ国の生徒たちと一緒に、オンラインワークショップに参加します。「Invention Challenge」では、日常の社会で起こる問題を解決する試作品を製作し、検証を行いその結果および過程を発表します。
オンライン状況下の発表を通して、発表ビデオ制作を含めたプレゼンテーションスキルや効果的なポスターの作り方を学びます。今年度は1年生の生徒4名が希望制で参加しています。

シンガポール日本人学校中学部

保護者の声

インターナショナル校の良い部分(発表機会の多さ、英語での学校生活)と日本の中学校としての標準的なカリキュラムがバランスよく組まれていて、本人も自分の英語力の確実な向上を感じ取っていると思います。近い将来必ずグローバルクラスでの経験が生きてくると思っています。

生徒の声

グローバルクラスで学ぶことによって、自分達の日本の文化の大切さや、日本が色々な国々の人から愛されていることを改めて感じることができ、視野が広がりました。理科や数学の授業を通して、専門用語を覚えることが難しいと感じることが多くありましたが、先生方が分かりやすく説明してくれたおかげで理解することができるようになりました。

シンガポール日本人学校中学部
201 West Coast Road, Singapore 127383
+65-6779-7355
http://www.sjs.edu.sg/secondary/本校ウェブサイトをご覧ください。

※2020年9月25日現在の情報です。最新情報は直接お問い合わせください。

1 2 3 4 5
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP