シンガポール発海外教育情報誌サイト

シンガポールで教育 Singapore

幼稚園・プレスクールなど

オデッセイグローバルプレスクール Odyssey The Global Preschool

2016.01.08

LINEで送る
Pocket

住所 191 Jalan Loyan Besar(その他 Wilkinson校、Fourth Avenue校があります)
Tel +65-6781-8800
Email contact@theodyssey.sg ※各園のオープンハウス・見学のお問い合わせは全てこちらのメールでお気軽にどうぞ
WEBサイト www.theodyssey.sg

オデッセイグローバルプレスクールのご紹介

芸術や自然との関わりなど独創的なアプローチを提供するオデッセイグローバルプレスクールは、同園の創立者たちが、北イタリア発祥のレッジョ・エミリアアプローチによる子どもの作品展「子どもの100の言語展(1999年サンフランシスコ開催)」に感銘を受けたことから始まりました。約10年に及ぶ幼児教育の研究を重ね、「地球市民」になる子どもたちを育む21世紀型の新しい保育の場として、2008年にWilkinson校、その後Fourth Avenue校、De Loyang校が開園しました。

オデッセイグローバルプレスクール Odyssey The Global Preschool

独自のカリキュラムと理想的な環境

米国や英国の幼児教育や、レッジョ・エミリアのアプローチを導入した同園では、園の施設の各所においてその教育方針を実現させ、子どもたちが「一つのことを深く」そして、「自分で率先して」学ぶ環境作りを整えています。レッジョ・エミリアアプローチは、国際的にも高く評価された革新的かつ実践ベースの幼児教育で、「子どもこそが学びの主人公」という考えのもと、制限を設けずに自由な学びを重視しています。

オデッセイの学習環境は、優れた学びを実践する場として教育省からの受賞歴※もあります。それは、同園の「周囲の環境こそが、積極的に学ぶ子どもたちの第3の教師としての役割を担う」という考えが高くや、熱帯植物が実際に花を咲かせ実っていく様子を観察できる園庭などからも、その方針を感じ取ることができます。 また、園の教員たちも定期的に革新的な幼児教育の理論と実践を学ぶ研修に参加することで更に学びの質を高めており、保護者たちも、園と共に子どもたちの学びをサポートする重要なパートナーとして積極的にコミュニティに参加しています。

※Teaching and Learning Award(2013年)、Innovation Award(2014年)受賞。

オデッセイグローバルプレスクール Odyssey The Global Preschool

シンガポール教育との融合

同園はまた、国際的なカリキュラムとシンガポール独自の幼児プログラムを融合した初のプレスクールとしても知られています。中でも、Wilkinson校は2011年よりバカロレア初等教育プログラム(IBPYP)を導入し、2013年にはIBPYP認定園として認められています。

当プレスクールのどの園にも共通するのは、教員たちが一方的に教えるのではなく、あくまでも学習の中心として子どもたち本人を尊重する点です。大切な幼児期に、学びの基礎を培うIQを高めると同時に、情緒的な発達(EQ)もバランス良く豊かに育んでいきます。

同園では国際的なコミュニティの場として、それぞれの園児の国や文化などを紹介する機会も設けています。多様な国籍や文化を互いに尊重することで、視野の広い視点を養い、「地球市民」としてどの地でも学び、活躍できるような心を育んでいきます。国際性だけでなく、自然観察やリサイクル品を使ったアートを通した環境を学ぶ取り組みなど、同園の理念は教室や園庭で多角的に実践されています。

オデッセイグローバルプレスクール Odyssey The Global Preschool

独創的な芸術・音楽プログラム

同園では、全人教育の大切な要素である芸術や音楽の分野を、専門の教員が教えています。高い専門性から生まれる芸術指導によって、子どもたちの持ついろいろな視点や表現方法が開花し、クリエティブな作品が誕生します。日頃の芸術の成果は教室にも日々飾られるだけでなく、年に一度、集大成として作品展も開催されます。園児たちの作品には、まさにレッジョ・エミリアの表す「100通りの表現」があり、子ども独自の美しい世界が広がります。

オデッセイグローバルプレスクール Odyssey The Global Preschool

バイリンガル教育

生まれてから3歳までは、言葉の獲得と能力において最も効果があり重要な時期であることが、研究結果で示されています。そこで同園では、英語と中国語のそれぞれの言語が持つ音や文字に触れる機会を豊富に設け、毎日継続的に各ネイティブスピーカーの教員が教えています。英語の読み書きに注力することはもちろんのこと、中国語のイマージョン教育は、どの年齢のクラスもレベル別に展開しています。各クラスには、英語の担任教員に加えてフルタイムの中国語教員もおり、ネイティブの美しい中国語で話しかけます。この理想的な環境にいることで、園児たちは英語と同様に中国語も自然な形で生活の中で使いこなすようになります。

SchoolData

【学年】Toddler(18ヵ月)~ K2(6歳)
【入園登録料(GST別)】SGD1,000、および設備費SGD2,000SGD
【月額保育料(GST込)】1,700 ~2,000
【ウェイティング】詳細はお問い合わせください
【保育時間】半日 7時~13時 終日 7時~19時
【園児数】約60名
【教師:園児の割合】Toddler(1:4)~K2(1:10)
【学期】4学期制

LINEで送る
Pocket

PAGE TOP