シンガポール発海外教育情報誌サイト

シンガポールで教育 Singapore

幼稚園の園長先生に聞く おすすめの学び体験

幼稚園の園長先生に聞く 夏休み おすすめの学び体験

2015.06.25

LINEで送る
Pocket

シンガポールには皆さまご存知の人気スポットや、あまり知られていないもののご家族で楽しめる場所・施設がたくさんあります。そんなおすすめの「学びと体験の場所」を、幼稚園の園長先生にうかがいました。異なる視点で改めて訪れると、新たな発見があるかもしれません。今年はシンガポール建国50周年(SG50)を祝う特別なイベントも各所で開催されています。ぜひご家族お揃いで体験してみてください。

日本では珍しい熱帯植物や動物をじっくり観察

日本人幼稚園 小林 一英 園長

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ Gardens by the Bay

エアコンがよく効いた天井の高さ45mの世界最大の温室「フラワー・ドーム」には、世界各地のさまざまな植物があります。出かける前に、ボトムツリーやハイビスカス、ダリアなどの写真をインターネットや図鑑で見ておき、それがドームのどこにあるか、親子で探してみるのはいかがでしょう。未来都市を思わせる高さ50mのスーパー・ツリーを眺めながらお弁当を食べた後は、人口の山「クラウド・フォレスト」へ。35mの高さから落ちてくる滝の水しぶき、山頂からのスリルある空中散歩、その涼しさは格別です。

シンガポール植物園 Singapore Botanic Gardens

親子で広い園内を散策すると、不思議な植物に出会うことができます。植物のタネが落ちていたり、珍しい葉っぱが見られたり、日本では見られない熱帯特有の花が咲いていたり、シンガポール5ドル紙幣に登場するテンブスの木もあります。まさに「ふしぎ発見」の散策となることでしょう。道端に落ちている花を手に取ってじっくり見たり、広い青空を眺めながらのんびり過ごすのも良いでしょう。

シンガポール動物園 SingaporeZoo

世界的に有名なこの動物園。なぜかというと、この動物園には檻がどこにも見当たらないからです。ホワイトタイガーなどの猛獣や象、一角サイなどの動物が逃げ出さずにいるのが不思議です。「なぜ檻がないのか」「なぜ猛獣が人間に近づかないのか」など、動物の習性を学びながらどんな工夫がされているのか観察したり、絶滅の危機に瀕する動物について親子で考えてみてはいかがでしょうか。

1 2 3 4
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP