シンガポール発海外教育情報誌サイト

シンガポールで教育 Singapore

インター校

ローカルインターナショナルスクールとは?

2016.09.23

LINEで送る
Pocket

E-mail(留学エージェント)
inquiry@cultureconnectltd.com

「ローカルインターナショナルスクール」をご存知ですか?

シンガポールでは一般的に、シンガポール人のお子さまはインターナショナルスクールへの入学が認められていません。しかし、教育省が特別にシンガポール人の入学を認めているのが下記の3校です。これらの学校は「ローカルインターナショナルスクール」と呼ばれています。

日本人のご家族でも長期に滞在される場合、お子さまにとってはシンガポールが第二の故郷です。国際色豊かなコミュニティで「世界市民」となり、さらにシンガポール人やアジアからの多くのクラスメートと育んだ友情は、一生の財産となるでしょう。

ACS(International)・Hwa Chong International School・St. Joseph's Institution International School ローカルインターナショナルスクールとは?

ローカル
インターナショナルスクール
受け入れ年齢 高校の修了資格
ACS(International) 12~18歳 国際バカロレア・ディプロマプログラム(IBDP)
Hwa Chong International School 12~18歳 IBDPまたはIB Certificate
St. Joseph’s Institution International School 4~18歳 IBDP

ローカルインターナショナルスクールの新学年は1月からです。

今からでも出願可能な学校

◎ ACS(International) 中高一貫校
◎ Hwa Chong International School 中高一貫校
※詳細は、当社までお問い合わせください。

諸条件がある学校

◎St. Joseph’s Institution International School
※要英語力。ウェイティングの可能性が高いため、学校に直接お問い合わせを。

「ローカルインターナショナルスクール」の主な特徴

● シンガポール教育省から認可された私立校
● 伝統校の系列のインターナショナルスクールなので、運営が安定し、当地での知名度が高い
● 政府の規定により、生徒の国籍はシンガポール人50%、外国人50%
● 授業料は一般のインター校よりは低め
● 新学年は1月開始、卒業は11月

日本人のお子さまにおすすめの理由

① 教員・生徒の移動が少なく、中学・高校6年間でじっくり学べる環境
② 英語だけでなく、中国語(レベル別指導)も習得可能
③ 当地のシンガポール人生徒と学べる環境

留学エージェントが答えますQ&A

Q. 中学校からでも、ローカルインターナショナルスクールへの入学・編入は可能ですか?英語のレベルが心配です。

A. 聞き取りや質問に対する返答など、基本的なコミュケーション力と基礎力があれば、日本人学校出身でもなじみやすいと思います。

海外在住経験が全くないなど英語環境にいなかった場合でも、不可能ではありませんが、その場合編入は、中学1年生、遅くとも2年生までが望ましいでしょう。英語力の基礎がない場合、入学前だけでなくその後も英語力向上への相当な努力が必要になります。

生徒さんの性格によっては、環境の違いに慣れるまでに時間がかかるようです。英語を基礎にした学習努力や、発言力を求められる環境を前向きに捉えれば、しっかりとした基礎学力を身につけられると考えます。

Q. 入学・編入テストの準備は必要ですか?

A. 中学1年からの入学の場合、現地校の小学校卒業試験(PSLE)の英語・算数の問題集を使って勉強することをおすすめします。それ以降の学年では、ローカルスクールの学年末試験を使った学習が良いでしょう。日本の教育課程や国際バカロレア初等教育(IBPYP)と内容・進度が異なりますので、市販のローカルスクール用の問題集を手にとってみてください。未習分野を知り、現時点で自分の実力を測ることが近道です。

一番にお伝えしたいことは、「入学してからが本番」ということです。留年などの可能性もありますので、一定の成績を修めていく必要があります。

Q. どのような生徒に向きますか?その心構えは。

A. 第一に「この学校で学びたい」と思い、シンガポール人や他国の生徒さんと勉学で切磋琢磨することを楽しめるお子さんが適しています。将来海外大学を目指したい生徒さんには、カリキュラム自体が進学対策になります。

海外大学入学を目指したカリキュラムが組まれているため、日本への帰国を前提に数年間のみ編入したい、という方には、どっちつかずになる可能性がありおすすめできません。

ご家庭で学校に何を求めたいか、将来どこで何をしたいか、ということをまず考えていただきたいと思います。

留学エージェント
Culture Connection Pte. Ltd.

お問い合わせはこちら
inquiry@cultureconnectltd.com

Founder & COO 岡部 優子
早稲田大学大学院卒。JPモルガン証券を経て、当地学校法人と日本人家庭の架け橋の役目を果たしたいとCulture Connectionを設立。シンガポール留学をメジャーにするのを目標に、人生の中でも大きな決断となる海外の学校選びの仕事に自覚と責任を持ち、信頼を大事にしながらサポートに励んでいる。

LINEで送る
Pocket

PAGE TOP