シンガポールの教育情報 SPRING

学校・幼稚園

幼稚園特集

シンガポールプレスクール お役立ちマップ・リスト(幼稚園・保育園など)(2018年1月現在 保存版)

2018.01.10

LINEで送る
Pocket

新年を迎え、新しく来星された方やお子さまの入園準備を始められた方がいらっしゃると思います。

シンガポールには幼稚園、保育園、幼児向け一時保育施設など、就学前の教育・保育機関が数多くあります。カリキュラム、設備、教育方針、教育言語、保育時間などは園により実にさまざまです。お子さまの性格やご家庭の方針にふさわしい学びの場を見つけるためには、多くの情報を集め、実際に見学したり、先生方とお話したりすることが大切で、とても時間と労力がかかることだと思います。この特集が皆さまの幼稚園探しの一助となれば幸いです。

園にお問い合わせの際には「Springを見ました」とぜひお伝えください。

シンガポールプレスクール お役立ちマップ・リスト(幼稚園・保育園など)

シンガポールプレスクール お役立ちマップ・リスト(幼稚園・保育園など)(2018年1月現在 保存版)

※このマップ・リストでは、Pre-School、幼稚園/Kindergarten、保育園/Child Care Centre、School Houseなど、未就園学児を主な対象とする半日または全日制の教育・保育期間を掲載しています。
※2017年12月現在の情報を元にしたリスト及びイメージ地図です。
※リストの系列園については、一部抜粋でご紹介しています。お近くの園については、各園にお問い合わせください。
※シンガポール政府の認可有無を含め、詳細は各園にお問い合わせください。
※本誌掲載の記事・写真・データを無断で掲載及び複写することは法律で禁じられています。個人以外のご使用についてはお問い合わせください。
※日本人学校小学部(クレメンティ校、チャンギ校)には通学区域があり、マップ上で黄色とピンクで色分けしています。ご住所によって入学のキャンパスが決まります。

シンガポールプレスクール お役立ちリスト(幼稚園・保育園など)

シンガポールプレスクール お役立ちマップ・リスト(幼稚園・保育園など)(2018年1月現在 保存版)

※掲載をご了承いただいた団体の情報です。詳細は直接お問い合わせください。
※日の丸アイコンは日本語クラスが実施されている園です。クラスの開講曜日などは直接お問い合わせください。
※保育言語( )内は、日本語以外で選択可能な言語クラスです。年齢により開講クラスが異なることもあります。
※一覧では、通常の預かり時間を記載しています。半日保育や延長保育、土曜日の開園状況については、各園に直接ご確認ください。
※広告掲載のある園については、ページを掲載しております。詳細を別ページでご覧ください。
各園の詳細は、本誌連載「Inside the Preschool」と本ウェブサイトで公開しております。ぜひご活用ください。

※一覧は2017年12月現在の情報をもとに作成しています。詳細は各園にご確認ください。

シンガポールの幼稚園一覧はこちら

プレスクール豆知識

詳細は各園にお問合せください

入園時期

入園時期は各園によって異なります。ローカル系の幼稚園は1月、日系幼稚園は4月、インター系幼稚園は系列のインター校に準じていることが一般的です。長期休みの時期もさまざまですので、年間スケジュールをチェックすることをおすすめします。

認可制度

シンガポール政府は、日本でいう幼稚園/Kindergartenについては教育省(MOE)、保育園/Child Care Centreについては、Early Childhood Development Agency(ECDA)が管轄しており、それぞれの認可取得には立地、教師の資格、カリキュラム、衛生、安全、保健など細かい審査基準をクリアしなければなりません。認可状況に関しては、各園に直接お問い合わせください。

保育年齢

日本の3年保育よりも早い月齢から受け入れる園も多くあります。

保育時間

園によりさまざまですが、概ね日系園では9:00~15:00、インターナショナルスクールでは8:30~15:30、その他(ローカル園含む)では7:00~19:00、となっています。ローカル園では保育園の機能を兼ねているところが多いため、7時から預かるものの、メインの全員参加のプログラムは8時や9時から開始という所も多いようです。また、半日保育を実施している園もあります。詳細は各園へお問い合わせください。

1 2
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP