シンガポール発海外教育情報誌サイト

日本で教育 Japan

中学・高校

文化学園大学杉並中学・高等学校

2017.06.23

LINEで送る
Pocket

 

住所東京都杉並区阿佐谷南3-48-16
WEBhttp://bunsugi.jp

 

CHANGE and GROW
文化学園大学杉並中学・高等学校
~ 新しい出会いが新たな価値を生む ~

2018年度 男女共学化スタート

2018年度から文化学園大学杉並中校・高等学校は共学化し、男女が共働して 「新テストにも強い進学校」をコンセプトにした21世紀型教育を提供します。

日本初
東京・杉並の”海外校”で学ぶ
圧倒的な英語活用力を育てる「ダブルディプロマコース」

本校は、カナダ・ブリティッシュコロンビア(BC)州が全世界で展開している「海外校=OFFSHORE SCHOOL」に、日本で初めて認定されました。BC州は、OECDの国際的な学習到達度調査(PISA)で読解力・理数系ともに例年世界トップ10に入り、世界的にも高い教育水準で知られています。

日本と海外、両方の大学進学を視野に

生徒はカナダ・BC 州の生徒としても登録され、ダブルディプロマを取得します。カナダをはじめ米・英・豪等英語圏の全ての大学に出願することができ、出願の際にも通常必要な英語の資格やスコアは不要です。日本の高校資格も与えられるため、国内大学進学も可能で、日本の有名大学も 書類選考のみの「特別枠」で受験が可能です。
このプログラムを通して日本語での学力と同時に、社会で求められる思考力や創造性を英語でも養い、世界で活躍できる国際的な力を育みます。これからは世界地図を広げて大学選びをしてください。

「ダブルディプロマコース」のカリキュラム

このプログラムは、海外大学および日本での進学を共に目指すコースで、学年が上がるにつれ英語による比重が高まります。どの教科でも英語によるプレゼンテーションワークやグループワークを取り入れた海外型の授業が展開されます。

《1年生時の時間割モデル》

1年生時の時間割モデル

※「Co.」の科目は、カナダと日本の両教諭が行うティームティーチングです。
※1年生では「短期留学」、「集中授業」で必修科目を補うことがあります。

  • BC州の教員と日本人教員によるチーム授業は週に2コマ。双方の教育課程をすり合わせながら指導案を作成します。
  • Language Art10~12では、言語の6技能(話す、聞く、書く、読む、鑑賞する、発表する)を鍛え、海外の大学に進学できるレベルの英語力を養います。
  • Planning 10では、人生の目標を設定し、判断力、責任感 などを養いながら、具体的な将来設計から進路指導に役立てます。
  • Graduation Transitionsは、出願する大学の選択肢を増やし、志望理由書を書くなど「進路指導」中心の授業。生徒が卒業後の将来に向けた最善の選択をできるように支援をします。

圧倒的な英語活用力を育む「ダブルディプロマコース」

1期生(高3)のCEFR ※ 基準の成績 B2以上が9名/C1レベルが2名 (1期生 全13名)

※CEFR: ヨーロッパ言語共通参照枠。外国語の熟達度を A1、A2 、B1、B2、C1、C2 の 6つのレベルで構成

中学「ダブルディプロマ準備コース」スタート

英語は週9時間のうち2時間を日本人教員による文法の授業、7時間はネイディブ教員が授業を行います。

  • 1コマの授業はネイディブ教員3名が同時に担当し、手厚く指導。
  • 帰国子女やインター校出身者には、取り出し授業を実施。
  • 希望者には、カナダ人教員による英語での授業4時間が受けられます。
  • 2年生からは英語で行う授業は10時間。日本人教員による文法2時間とネイティブ教員による授業(English 6, Math 1, Science 1)があり、中3終了時には全員英検2級に合格します。

在学中にも多彩な海外経験

  • 短期留学(1年次5週間) 高校1年の夏休みには、ダブルディプロマコース全員が、BC州で5週間の短期留学を体験。単位取得やホームステイを通してBC 州への理解を深め、「地球市民」としての視野を広げます。
  • 高校2年生では、ヨーロッパへの修学旅行。ルーブル美術館、ヴェルサイユ宮殿、など憧れの地を巡り、世界の芸術に触れる貴重な体験を通し、広く教養を身につけます。
  • セブ島への短期留学(希望者のみ)も実施

2018年度 帰国生入試 (中・高)

  • 第1回 2017年11月19日(日)本校にて
  • 第2回 2017年12月10日(日)本校にて

バンコク・台北 現地入試を行います。

  • バンコク 2017年10月14日(土) ンコク日本人学校にて
  • 台北 2017年10月15日(日)台北日本人学校にて

高3まで転編入を随時受付

転編入は中1~高3まで随時受け付けています。
ご帰国のタイミングに合わせて、いつでもお気軽にご相談ください。

多彩なコースで、がんばる帰国生を完全バックアップします

〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南3-48-16
Tel: +81-3-3392-6636
E-mail info@bunsugi.ed.jp
URL https://bunsugi.jp

※2017年6月23日現在の情報です。最新情報は各機関に直接ご確認ください。

LINEで送る
Pocket

PAGE TOP