シンガポール発海外教育情報誌サイト

日本で教育 Japan

中学・高校

宝仙学園中学高等学校共学部理数インター

2012.12.14

LINEで送る
Pocket

住所

東京都中野区中央2-28-3

電話番号

03-3371-7109

WEBhttp://risu-inter.ed.jp

宝仙学園中学高等学校共学部理数インターは、創立80有余年を迎える同学園グループに6年前にできました。

宝仙学園中学高等学校共学部理数インターのご紹介

 宝仙学園中学高等学校共学部理数インターは、創立80有余年を迎える同学園グループに6年前にできました。現代社会と世界に通じる教育を実践し、理系文系問わず国公立大学や海外の大学への進学を目標に生徒たちは日々学習を重ねています。

 中学では帰国生クラスを1クラス設置し、日本の学校に通ったことがないお子さんでも仲間を作りやすい環境を整えています。高2の修学旅行はアメリカのスタンフォード大学でのプレゼンテーションを中心としたミニ留学を行います。英語上級者の生徒に対しては、英語圏の学校の授業をモデルにした英語の授業を行い、語学力の向上を図ります。

宝仙学園中学高等学校共学部理数インターの教育方針

コミュニケーション能力・プレゼンテーション能力を身につける

 「理数インター」の語源でもある「理数的思考力(=物事を論理的に考え伝えることができる能力)」を身につけるために、「総合探究」という本校独自の授業を行います。「総合探究」では、疑問→仮説→検証→考察→発表の段階にあわせて、研究しながらプレゼンテーション能力を磨きます。

 「総合探究」の集大成が高2のアメリカのスタンフォード大学でのミニ留学です。修学旅行をかねたミニ留学ですが、観光やツアーとは異なり、同大学の先生や学生を前に生徒自ら英語でプレゼンテーションを行います。初めて体験する第一線の「世界」を前に、「自分の発表が世界に通用するのか」「自分の英語力できちんとコミュニケーションがとれるのか」と数々の挑戦をしながら子どもたちは確実に成長していきます。

◎充実の大学進学指導

 生徒一人ひとりが塾・予備校に通わずに大学合格を実現できるために、さまざまな学習環境を用意しています。

 授業時間数を多くし、一回ごとの授業で扱う単元をあえて少なくすることで、きちんと理解を深めながら学習を進めることができる授業を展開しています。1クラス30名程度の少人数制指導を実現し、予備校にひけをとらない生徒一人ひとりの進路に最適な進路指導を行います。

 また、個人ブースのある自習室やチューター制度も揃えています。学校の自習室にはテレビなどの誘惑もなく、周りの友だちも黙々と学習する雰囲気の中で集中力を持続させて勉強に取り組むことができます。大学入試に向けて「あとひと踏んばり」の勉強に取り組めるのが自習室の強みです。

School Data

【全校生徒数】630 人(2012 年8 月現在)
【1クラス生徒数】30 人
【入学金】300,000 円
【授業料】450,000 円
【寮】無(都内民間寮の使用可)
【帰国生の割合】1 学年20 名程度
【帰国枠の有無】シンガポール入試を実施
【帰国生 特別クラス】有
【英語習熟度別クラス】有
【編入について】高3 の12 月まで編入可能

※本文は2012年9月25日現在の情報です。

LINEで送る
Pocket

PAGE TOP