シンガポール発海外教育情報誌サイト

日本で教育 Japan

中学・高校

桐朋女子中学校・高等学校

2017.09.25

LINEで送る
Pocket

住所東京都調布市若葉町1-41-1
WEBhttp://www.toho.ac.jp/chuko/

帰国生の個性を磨き、 世界とつながる教育

〜帰国生受け入れ約60年の息吹が、世界につながる夢を実現〜

桐朋女子中学校・高等学校

帰国生の「ポテンシャル」を「見える力」に
国際教育センター 熊野 孝

国際教育センター 熊野 孝

国際教育センター 熊野 孝

海外で国籍や言語、文化や価値観が異なる人々と共に学び、同じ目的に向かって協働していく際に最も必要なのは「柔軟性」と「持続力」です。他人のやり方を見て「まあ、これもありか」と受け入れ、でも通すべき筋は通す。気づかぬうちにこの力を身につけてきた帰国生は、自分の将来の進路を切り拓いていく時に素晴らしいパワーを発揮します。そんな自分を見て「あれ、自分にはこんな力があったんだ」と初めて気づく帰国生。桐朋女子は、そんな帰国生が多く学ぶ学校です。

全ての生徒に論理的思考力を 「DLP(デュアル・ランゲージ・プログラム)」

グローバル化社会では、異なった背景を持つ人とお互いに理解し合い協働できる人材が必要とされます。そのために 求められるのは「ロジック」と「発信力」。本校では DLPを通して、この2つを兼ね備えた生徒を育てます。  「ことば」が思考と表現のためのツールであることは言うまでもありません。「ことばの力」を育てることは、論理的思考力や創造力を育むための大切な土台となります。本校ではいくつもの学びを効果的に結びつけ、6年間で豊かな創造力を生み出す力を培います。

「DLP(デュアル・ランゲージ・プログラム)とは

高度な英語発信の実践

放課後や長期休暇の課外活動を通して身につけた英語を使い、発信力やプレゼンテーションのスキルを高めることができるプログラムが多く用意されています。

★ 英会話教室:週1回、放課後に設置。ネイティブの先生による少人数のクラスで思う存分英語を話すことができます。

★ 英会話シャワー:長期休暇に実施される集中講座。英語プレゼンテーションのスキルを身につけ、ネイティブの講師や海外からの留学生との交流を通し異文化理解について学びます(夏季…宿泊型 冬季…通学型)。

★ 米国夏季研修:高校生が米国クレムソン大学サマー・スカラーズに2週間参加。アメリカの中高生と大学の寮で共同生活を行い、同大学教授陣から直接専門科目の指導を受けます。

★ ニュージーランド・ターム留学:1学期間(ターム)、ホームステイをしながら現地の高校生と共に正課の科目を学びます(2018年度開始、希望制)。

 

在校生の声

高校2年生 柿原 亜紗子さん

高校2年生 柿原 亜紗子さん

私はシンガポールで生まれ、幼稚園からずっとインター校に通っていました。小学校5年生で帰国した時は、英語から日本語だけの環境になったことが辛かったです。桐朋女子で他の同級生たちと一緒にスタートすることは不安でしたが、先生方が個別に授業の補習をしてくださったり日本の学校の習慣を教えてくださったお陰で、伸び伸びと楽しい学校生活を送ることができています。

卒業生の声

誰にでも輝ける場所がある

第52期卒業生 ギネスワールドレコーズ 日本支社代表 小川 エリカさん

第52期卒業生 ギネスワールドレコーズ 日本支社代表 小川 エリカさん

私は、世界一の認定をする機関「ギネス世界記録」の日本支社を立ち上げ、公式認定員を経て、現在は代表やプレゼンターとして様々な挑戦者に出遭い、自分も日々様々なチャレンジに向き合っています。  幼少期から小学校5年生までドイツ・フランス・アメリカで過ごしました。いじめにあった時期もありましたが、負けず嫌いな性格からめげずに現地校に通い続けました。桐朋女子中学校は、日本文化を知らない私を寛容に受け入れてくれました。「それぞれ違った人間でいい」という個性を尊重する理念のおかげで、友だちもたくさんできました。「誰にでも輝ける場所がある」という考え方は学校生活を通して学んだことで、現在につながっています。皆さんも桐朋女子で個性を磨き、社会で活躍できる女性になってください。私自身も、子育てをしながらグローバルに活躍できることを証明するために、これからも挑戦を続けます。


【 入学試験説明会 】

  • 中学校 :10月29日(日)10:00/12月 2日(土)14:00
  • 高等学校: 10月29日(日)14:00/11月 11日(土)13:30 

【 転・編入学試験説明会 1月・4月入学 】

  • 10月29日(日)14:00/11月 11日(土)13:30

お問い合わせは国際教育センターへ

帰国生(中学・高校)の入学試験・転編入学試験、学校見学などに関するお問い合わせは、国際教育センターまでご連絡ください。

国際教育センター
TEL:+81-3-3300-2232(直通) FAX:+81-3-3300-4266 E-mail:kokusai@toho.ac.jp

※2017年9月25日現在の情報です。最新情報は各機関に直接ご確認ください

1 2
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP