シンガポール発海外教育情報誌サイト

シンガポールで教育 Singapore

インターナショナルスクールにおける母語教育

インター校の母語教育

2014.10.10

  • 国際バカロレア(IB)
LINEで送る
Pocket

Australian International Schoolにおける母語教育

お子様の輝く未来に。

英語学習とともにいかに日本語学習を継続するか

 オーストラリアンインターナショナルスクール(Australian International School: AIS)では、日本人教師による母語プログラムを実施し、国際バカロレア・ディプロマプログラムではJapanese A(母語としての日本語)を選択することができます。

 インターナショナルスクールへの入学を検討する場合、保護者が懸念するのは「英語学習とともにいかに日本語学習を継続できるか」「日本語を母語として維持できるか」ということではないでしょうか。そんな保護者の切実な質問に、Australian International Schoolがお答えします。

AIS母語プログラム ヘッド Luke Olley氏より

「当校はオーストラリア系のインター校ですが、生徒各国の文化を尊重し、互いに探究・影響し合うことで、それぞれの違いをグローバルな視点で学んでほしいと考えています。この母語プログラムを通して母語の表現を身につけるだけでなく、子どもたちが将来豊かな文化的素養を備えた多言語の社会で羽ばたくことを願っています。それゆえに、学校生活では、母国に誇りを持つことを積極的に奨励しているのです。」

親の子ども時代と異なる世界

 保護者の皆さまは、現代社会が自分の子ども時代と大きく異なっていることにお気づきでしょう。今日では、グローバル化が加速し国際的な情報があふれ、多様な文化が融合しています。世界的な競争が激しくなり多様化が更に進む中で、お子さまの将来のために何に注力していくべきでしょうか。オーストラリアンインターナショナルスクールのあるここシンガポールは、人種と文化のるつぼであり正にコスモポリタンの都市と言えます。つまり、シンガポールで暮らす子どもたちはさまざまな体験をするのに最も適した環境に身を置いているのです。 

外国に住む日本人に必要なこと

 世界には約114万人の在外日本人がいると言われています。日本を離れていても、自らのルーツである言葉と文化をしっかり学ぶべきであるのは言うまでもありません。そのために、外国であっても母語をしっかりと学べる環境が必要で、将来への成功のためにたゆまぬ努力が不可欠なのです。

AISにおける母語プログラム

 オーストラリアンインターナショナルスクール(AIS)では、英語教育に加え、経験豊富な国語の教師がしっかりとした「母語プログラム」を提供しています。このプログラムの特徴は、日本人のお子さまが週に数回母語のイマージョン教育を受ける機会を約束し、国語の試験が実施され習熟度を把握することができることです。同プログラムにより母語の確立を重んじ継続的に学ぶ心構えを持つことで、日本への帰国や他の国に移動する際にも、国語学習をつなげることができます。

 どの言語にも、その文化や習慣に付随するニュアンスの違いが存在します。この言葉の差異を身につけるのは、その言語に浸る「イマージョン」の学びでしか実現できないでしょう。かのネルソン・マンデラ氏は、「相手が『理解』できる言葉で話せば、その言葉は相手の『頭で理解される』だろう。もし、あなたが相手の母語で話すなら、その言葉は相手の『心に届く』だろう。」と述べました。言葉は文化を凝縮したものであり、個人の身体的・人格的な成長をつかさどる重要な要素なのです。

アイデンティティーと文化継承

 母語を流暢に話すことができるか否かは、自己のアイデンティティーや文化継承の素養にも直結しています。そこで、インターナショナルスクールであるAISでは、各生徒が受け継いでいる母語の文化を学校に持ち込むことを奨励しています。毎年恒例の行事である国際文化体験の日「International Cultural Experience(ICE)」では、子どもたちが互いの伝統文化をお祝いします。生徒と教員・スタッフの国籍は55ヵ国を超え、皆が国を象徴する服や伝統衣装に身をつつみ、さまざまな食べ物やダンス、言葉を交えて祝福しあいます。保護者と学校スタッフは文化紹介ワークショップや各国の代表料理を振る舞うフードフェスティバルを主催し、子どもたちによるコンサートも公演されます。

AISは真の国際的な学校でありながら、日本人の保護者の方と同じ立場で、日本の文化伝統を理解し、母語を確立することを大切に考えています。

■8〜11年生の母語プログラムでは、2人の教員(日本人)が国語の指導を行います。

■国際バカロレア・ディプロマプログラムではJapanese A(母語としての日本語)を選択することが可能です。

※低学年についての詳細はお問い合わせください。

11月26日(水)のオープンハウスでお待ちしています。

お申し込み・お問い合わせはお気軽にどうぞ。

http://www.ais.com.sg/admissions/open-house.html

電話+65 6517 0247 または E-mail:admissions@ais.com.sg

 

才能あるれるお子さまにふさわしい環境を

 オーストラリアンインターナショナルスクール(AIS)は入学したその日から、お子さまにとって最適の学びの場となるでしょう。教室の中でも外でも、子どもたちは学び続け目標を達成し、夢に向かって挑戦していきます。

 バランスの良いプログラムを通じて自己を尊重し、国際感覚を育みます。学習意欲が旺盛で学力も高いこと、これがAIS生の特徴です。まずは国際バカロレア初等教育(PYP)によりグローバルな視点を養い、その後オーストラリアンカリキュラム、IGCSEカリキュラムを履修して学習を強化します。

 広く開かれた世界の大学をめざすためには、国際バカロレア・ディプロマプログラム(IBDP)またはオーストラリアのNew South Wales Higher School Certificate(HSC)のいずれかのコース選択が可能です。

インター校の母語教育

オーストラリアンインターナショナルスクール詳細はこちら

Spring記事「シンガポールのインター校」https://spring-js.com/singapore/2918/
電話+65 6517 0247 または E-mail:admissions@ais.com.sg
Australian International School(AIS) http://www.ais.com.sg/

LINEで送る
Pocket

PAGE TOP