シンガポールの教育情報 SPRING

国・地域を選択する

学校・幼稚園

日本人学校・補習校

シンガポール日本人学校小学部チャンギ校

2016.12.30

LINEで送る
Pocket

住所11 Upper Changi Road North Singapore 507657
電話番号+65-6542-9600
WEBhttp://www.sjs.edu.sg/changi/

シンガポール日本人学校小学部チャンギ校のご紹介

シンガポール日本人会により設置され、シンガポール政府に登録されている私立学校です。教育内容は全て日本文部科学省の定める学習指導要領に準じており、シンガポール共和国の諸法規を尊重した教育が行われています。

シンガポール日本人学校の目指す教育は、21世紀に生きる日本人として「豊かな国際感覚をもち、世界の人々とつながろうとする人材の育成」です。その実現のため、ESD(持続可能な社会の担い手を育む教育)に取り組むとともに、「生きる力を育むための基礎基本の徹底」「英語教育の重視」「国際理解教育と現地校交流の推進」「ICT教育の充実」「家庭・地域(シンガポール)との連携」の5つを重点に、教育活動を進めています。

シンガポール日本人学校小学部チャンギ校

校長先生からのメッセージ

「Children are the future.(子どもたちは未来である。)」

 シンガポール日本人学校小学部チャンギ校は、1995年に開校以来たくさんの子どもたちが学んでいます。現在、全日制の日本人学校は、世界中に96校(2019年現在、補習校等は含まず)ありますが、その中でも本校は,環境面や施設・設備面でも世界トップクラスの日本人学校と言えるでしょう。

 本校は教育目標として“持続可能な社会の担い手としてのグローバル人材の育成”を掲げ、さまざまな教育活動に取り組んでいます。外国語の運用能力国際基準(CEFR)に基づいた12段階の習熟度別に週3回学習する英会話の授業、音楽と水泳のイマージョン教育、レゴマインドストームやMESHなどを活用したプログラミング教育やクロムブックを使ったICT教育、特別支援学級や通級教室の設置など、子どもたちの豊かな学びのために人的・物的な環境整備を行っています。また、これからの時代を生き抜くのに必要な力を育むために、シンガポールという立地を生かした現地体験や協同的な学習も取り入れながら、問題解決型の授業を進めています。子どもたちにとって「通って楽しく卒業してなつかしい“学びのふるさと”」になるよう、教職員一同、これからも日々精進してまいります。

(2019年7月 堤祐子 先生より)

School Data

【入学金】S$1,070~
【施設費一時金(入学時のみ)】S$2,675
【授業料(月額)】S$551.05
【施設費(月額)】S$139.10
【全校生徒数】約930 名
【1クラス生徒数】30 名程度

※本文は2019年7月25日現在の情報です。

 

「英語を本気で武器にする!〜日本人学校の取り組み〜」はこちらhttps://spring-js.com/global/12155/

「シンガポール日本人学校の広場」はこちらhttps://spring-js.com/singapore/singapore01/sg-jpschool/

 

LINEで送る
Pocket

PAGE TOP