シンガポールの教育情報 SPRING

国・地域を選択する

塾・習い事

幼児教室

KOMABAキッズ × こぐま会

2019.01.11

LINEで送る
Pocket

対象年中〜年長
住所19 Tanglin Road #03-01 Tanglin Shopping Centre Singapore 247909
TEL+65-6736-0727
WEBhttp://www.cradle.asia/

「聞く力」「じっくり取り組む力」「考える力」を育む。

こぐま会のKUNOメソッド

① 教科前基礎教育
文字や数字を覚える前にもっと大切な「考える力」

② 事物教育
具体的なもので体験してじっくり取り組む

③ 対話教育
幼児期には「聞く力」と「話す力」

「こぐま会のKUNOメソッド」で学ぶ6領域

KOMABAキッズ × こぐま会

【授業レポート】
今回は、「位置表象」という分野の授業を見学しました。(対象:年中~年長)

①「お昼ご飯は何を食べましたか?」「お友だちの〇〇くんのお昼は何と言っていましたか?」などの問いかけを通して、 対話の中から、先生やお友だちの話を「しっかり聞くこと」を学びます。
②「右手上げて、左足上げる!」と、テンポの良いゲームで、体を使って左右関係を確認します。
③いよいよ、発展した左右関係へ。人形を使い「向かい合わせでは、右と左はどうなる?」。
④プリント教材を使い、先生やお友だちのゲームの指示を集中して聞き、じっくり考えます。

保護者の声
授業のねらいや小学校以降の学習との繋がりについて説明があり、家庭学習で役立っています。

KOMABAキッズ × こぐま会

プリント教材の前に、「左右」を自分で体験
「もっと難しい問題ちょうだい!」と子どもたち

KOMABAキッズ × こぐま会

実際の地図上で、先生の指示を受けて
自分で考え、人形を移動させていく

幼児教室「こぐま会」
久野 泰可 代表より
<2019年度シンガポール講演会を予定>


45年間にわたり、幼児教育と小学校受験対策に携わった私が自信を持ってお伝えしたいことは、幼児期には「聞く力」「じっくり取り組む力」「考える力」が大切だということです。
日頃の子育ての中でも、小学校受験の「行動観察」でも、求められるのは主体的に「自分で考える力」や「やり通す力」、集団の中での「コミュニケーションの力」などの非認知能力です。大切な学びの基礎を、単なる点数で数値化できるような知識ではなく、ぜひ親子の対話の中で、育んでいきましょう。

<無料体験クラス実施中>

<各クラス定員は8名です。>
4月から新年少クラス開講。

石川塾長

生徒一人ひとりによって、得意なことやできることが違います。それぞれが「できること」に気づいて、認めてあげることを大切にしています。保護者の方には、クラスの内容を理解していただき、ご家庭での学びにつなげていただきたいと思います。

こぐま会教材をお買い求めになれます。
教材プロモーション 全品一般価格から30%オフ!
1月15日(火)~31日(木)まで

ロボット教室

選べる3コース(年長~小学生)
プライマリー/ベーシック/ミドル

「自ら考え、自ら学ぶ子」になるために。個性を引き出し、創造力を育みながら「理科と算数の知識」も自然と身につけられます。

KOMABAキッズ × こぐま会

全国に1,300以上の日本最大級ロボット教室!本帰国後も、継続受講が可能です。 
お子さまの力を伸ばす習いごととして、多くのご家庭に選ばれています。

KOMABAキッズ × こぐま会

伸ばせる能力はさまざま
①想像力と創造力を育む…ロボットを作る過程で得た知識を応用します。
②空間認識能力を養う…実際に自分の手を動かして、ブロックを用いながら立体的なロボットを作ります。
③表現力・思考力も向上…作ったロボットを改造します。
④主体性を持つ…改造したロボットを講師がほめることで、子どもたちは「またほめられるよう次回も
がんばろう」と自分から取り組むようになります。

ヒューマンアカデミー ロボット教室

ヒューマンアカデミーロボット教室の教材を監修するのは、世界初の対話できるロボット宇宙飛行「KIROBO(キロボ)」を開発し、ロボットクリエイターとして知られる、高橋智隆先生です。

19 Tanglin Road, #03-01 Tanglin Shopping Centre, Singapore 247909
phone:  +65-6736-0727
mail: komaba@cradle.asiaweb: http://www.cradle.asia対象:年少~年長(ロボット教室:年長~)

※2019年1月10日現在の情報です。最新情報は各機関に直接ご確認ください。

1 2
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP