シンガポール発海外教育情報誌サイト

教育イベント

東日本大震災特集

特別企画 東日本大震災から5年 ~シンガポールからの一歩~

LINEで送る
Pocket

東日本大震災から5年が経ち、さまざまな報道で被災地の「あの日」と「今」が伝えられています。今回は、震災から5年の節目として、復興に向けて取り組むシンガポールにゆかりのある方々をご紹介します。

Songs from Singapore to Tohoku

日本とシンガポールの音楽親善大使として活躍するシンガーソングライターのSachiyoさん。シンガポールでの本格的な音楽活動を始めて間もない頃、震災が起こりました。Sachiyoさんは震災6日後に、シンガポール最初の復興支援イベント「Gambatte! Japan from Singapore」の主催スタッフを務め、歌手として出演しました。翌月(4月)には、被災地に捧げたオリジナル曲”A Song of Life”をCDシングル化、ダウンロード販売も開始、その全収益を被災地に寄付されました。
その後、シンガポールのミュージシャンと復興支援バンド「Songs from Singapore to Tohoku」を結成しました。日本とシンガポール両国の政府機関や民間企業からの支援を得て、東北の地で日本とシンガポールの音楽家たちが共演するコンサートは今年で6回目を迎えます。「音楽は人の心を動かす、心が動けば体が動く」、それが被災地の前進に繋がると信じて歌の活動を続けています。

宮城県名取市閖上港朝市でシンガポールミュージシャンと共に開催した復興支援ライブ。

宮城県名取市閖上港朝市でシンガポールミュージシャンと共に開催した復興支援ライブ。

Sachiyoさんより
「被災地を訪れてください。自分の目で見て、地元の方たちの話を聞くと、当たり前だと思っていたことが有り難いことだ
と気付かされます。『また来てね』の言葉に『また来ます』と答えたい。私はこれからも、この心の交流を大切にしたいと
思っています」

1 2 3 4
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP