シンガポールの教育情報 SPRING

国・地域を選択する

体験記・子育て

何でもQuestion & Suggestion 〜読者の質問に答えます〜

「インター校生・現地校生のための国語(日本語)学習」編

2019.01.22

LINEで送る
Pocket

<必見!Springウェブサイト限定!>
取材にご協力いただいた教育機関の先生方から
貴重なアドバイスをいただきました。

WAOシンガポール
川中 大和 先生

【共通】

Q. 日本語と英語を両方ネイティブレベルに学ぶことは可能だと思いますか。そのためには、日本語はどの時期にどのような学びをすることが必要だと感じますか。

可能ではあるが、家庭での相当な努力が必要となる。幼児期から小学校低学年にかけて、お子さまの年齢に応じた「聞く」・「話す」・「読む」・「書く」をお父様、お母様がそばにいて学ばせることが大切である。

【小学校低学年編】

Q. 「母語としての日本語の学習」という意味で、この時期に保護者として注意すべきことはどのような点でしょうか。

「日本語」に触れる時間を、できれば毎日設けることが大切である。学校であった事を聞くと言ったことで良い。

Q. カタカナや漢字はドリルなどで練習させていますが、なかなか身が入らず定着しないようです。おすすめの具体的な学習法があれば教えてください。

漢検など具体的な目標を作って、学習の成果を見えやすくすると良い。

Q. 普段話していると日本語は年齢相応にできているように感じますが、先生方が「日本語がおかしい」と気づくようなポイントがあれば教えてください。

文章を音読してもらうと、分からない単語や表現はイントネーションの違いやふらつきが出るので、それで気づくことができる。

Q. 国語の教科書を一緒に読んだり本の読み聞かせなどをしていますが、他に気軽に取り組める学びの形があれば教えてください。

興味を持っている分野の本を、手の届くところに置いておくこと。そして、読むことを強制しないで見守ること。自発的に学ぶ習慣作りにも通じる。

【小学校中・高学年編】

Q.この時期の国語力維持・向上について、注意すべきことがあれば教えてください。

英語での学習がスムーズになってくると、日本語の会話に英語の影響が出るお子様がいるので、日常会話に注意が必要である。

Q. 日本語より英語の方が語彙が多く、なかなか日本語の言葉の幅が広がらないようです。対
処法があれば教えてください。

言語は学ぶだけでは不十分で、使う環境があって初めて伸びる物である。定期的に日本語を使う環境(習い事など)を作ると良い。

Q. 中学受験を考えていますが、インター校生でも受験の国語力を養うことはできるでしょうか。家庭でできることがあれば教えてください。

可能だが、英語での学習と並行することになるため、相当な時間と労力を必要である。文章題、漢字、知識問題など日本にいる子どもたち以上のレベルを求められるので、ご両親の覚悟とサポートが必要。安易に考えないこと。

Q. 理科や社会などを日本語で学んでいないので、帰国後が心配です。何とか国語の教科書程度はできても、日本で他の教科の勉強にはついていけるでしょうか。

お子さまにもよるが、すぐについていくのは難しい。1~2年スパンで長い目で見ることが大切。お父様、お母様のサポートはもちろん、お子さまの事情を理解してくれる教育機関を選ぶことが大切。

Q. 英語も日本語も中途半端になっていくようで親子ともに自己嫌悪に陥っています。子どもたちにどんな言葉をかけていけば良いでしょうか。

「中途半端」という言葉で片付けず、なぜそのように感じるかを冷静に分析することが大切。その上で今できることとできないことを整理し、できることを褒めた上で次のステップを提示する。「〇〇はできているね。」「次は△△をやってみよう。」目標設定は細かく段階的にできると良い。

【中学・高校生編】

Q. この時期の国語力維持について、注意すべきことがあれば教えてください。

学校が忙しくなり、日本語学習のモチベーションが下がりやすくなる時期。学習目的をしっかり確認する必要がある。

Q. 敬語や熟語など大人の日本語がきちんと使えるようになるには、どのような工夫が必要でしょうか。

必要性があることを経験させることが大切。面接試験などをきっかけに実践的に使用することが、敬語や熟語を使えるようになる工夫となる。

Q. 高校受験では「記述式」の問題が増え、帰国受験に作文が含まれる学校もありますが、どのような対策をするべきでしょうか。

まず「記述」へのハードルを下げるために、「書いたこと」それ自体を褒めることが大切
。内容については、たとえ間違いだとしてもお子さまの答えを尊重した上で、論理的に学
習することが大切。

Q. IBで日本語を取る上で、気をつけるべきことを教えてください。IBDPでバイリンガルディプロマを目指したいと思っていますが、アドバイスがあればお願いします。

インター校に入学した時期や環境によって一概には言えないが、自分の意見を論理的に説明できるようにしておくこと。そして、正しい日本語で文章が書けるようにしておくこと

WAOシンガポールの詳細はこちら。
https://spring-js.com/singapore/1513/

【ご協力いただいた教育機関】(種類別アルファベット順)
<幼稚園・プレスクール>
アーツハウス インターナショナル幼稚園石栗 好恵 先生アーツキッズ ひまわり幼稚園吉弘 美輝 先生アーツキッズ インターナショナル幼稚園みき 先生このはな幼稚園毛利 安孝 先生<幼児教室>
Happy Train川守田 宏美 先生こどもクラブ山出 亜弓 先生<日本語教育機関>
日本語文化継承学校・IB教師磯崎 みどり 先生シンガポール日本語補習授業校山村 薫 先生<学習塾>
KOMABA石川 晋太郎 先生、川口 美波 先生MES佐藤 剛 先生オービットアカデミックセンター満仲 孝則 先生WAOシンガポール川中 大和 先生早稲田アカデミー インター校五十嵐 敢 先生<インターナショナルスクール>
ISSインターナショナルスクール津村 美穂 先生

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP