シンガポールの教育情報 SPRING

国・地域を選択する

子育て・体験記 Specialist

何でもQuestion & Suggestion 〜読者の質問に答えます〜

「インター校生・現地校生のための国語(日本語)学習」編

2019.01.22

LINEで送る
Pocket

<必見!Springウェブサイト限定!>
取材にご協力いただいた教育機関の先生方から
貴重なアドバイスをいただきました。

ISSインターナショナルスクール
津村 美穂 先生

【共通】

Q. 日本語と英語を両方ネイティブレベルに学ぶことは可能だと思いますか。そのためには、日本語はどの時期にどのような学びをすることが必要だと感じますか。

どの状態をネイティブレベルというかによると思いますが、可能だと思います。日本語はできれば中学生レベルまで学習していて欲しいですが、過去に出会った様々な学生を思い起こすと、一概には言えません。
「僕は小学2年生!」と9年生で高らかに宣言した学生は、小学2年生まで日本の授業を受けて、その後はインターだったので、自分の日本語は小学2年生だと言いたかったのでしょう。しかしその子は、IBの日本語で最高点の7を取り、さらに総合点でも良い点を記録して卒業していきました。IBの日本語は、実は大学1−2年生レベルで(特にHLでは)小学2年生レベルで取れるものではありません。その子は、本も新聞も読みますし、おしゃべりが大好きでした。おしゃべりも言いたいことを相手にわかってもらうように話すには、それ相当の力を発揮しなければなりません。つまりその子は、おしゃべりという特質と、まじめで素直でしたので、教えられる技術や知識を吸収し自分のものにしていったものと思われます。
時期を別にすれば、本を読むのが好きだということは大事な点であると言えますし、でももし本が好きでなくても、ゲームが好きだったり漫画やアニメが好きでも日本語力は伸ばせます。
その大好きなものの意味や価値を考え、それを人にどう伝えるかという課題に応える中で、必要なことを学ぶからです。それができれば、他の課題にも応用できますから、様々な他の力もついてきます。
教師ですので、ついどうあるべきかというより、今こうある学生にどうやって日本語力をつけていくかという対症療法を考えてしまいます。

【幼児編】

Q. 海外で生活しながら日本語を母語として習得するために、気をつけるべきことや考え方をご教示ください。

読む機会や話す機会を多く作ることです。気をつけないと、親にも英語で話すようになってしまいます。ご家庭ですら英語で話すようになると、お子様には日本語を使う機会がないということになりますから、必ずきちんとした日本語で、話してあげることが一番です。二番目は、読むもので日本語の言葉や表現をインプットする機会を持つことです。

Q. 幼児期に家庭で取り組める具体的なことを教えてください。読書の仕方のアドバイスや読み聞かせにおすすめの本などがあれば教えてください。

読み聞かせは大事です。読んでもらうのが好きなら、日本語は失いません。親と子で読むことを楽しめばそれでいいのではないでしょうか。どんな本からも学ぶことがありますから、特におすすめはありません。

Q. 小学校入学前の年齢、幼稚園の年中・年長の時期にひらがなの読み書きはやっておくべきでしょうか。

関心を持った時が、その時です。その時を逃さないで、楽しんで教えてあげましょう。名前に関心を持った時なども、教え時かもしれません。

Q. 英語環境のせいか、家庭でも特に兄弟間などで日本語よりも英語の方が簡単に出てきてしまいます。たしなめたりすると、日本語を強制されたように感じて嫌いになってしまうのではないかと心配です。おすすめの対処法があれば教えてください。

それは教室でも、時々あります。「日本語でなんだったっけ?」と聞いたり、他の人に「英語ではそういうんだね、日本語でなんて言ったらいいか、わかる?」と聞いて、英語も日本語も一緒に勉強することもあります。

【質問:小学校中・高学年編】

Q. 英語も日本語も中途半端になっていくようで親子ともに自己嫌悪に陥っています。子どもたちにどんな言葉をかけていけば良いでしょうか。

このあたりは、答えられない部分です。小学生と中学2年生までは教えていないからです。たまに、このままインターにいるより、日本で勉強したほうが良いように思えるお子さんに会うこともあります。その場合は、そのように助言させていただいています。
日本にいる時は、勉強が楽しくなかったり、勉強には向かなかったのかと思っていたが、インターの勉強をするようになってから、勉強の楽しさを知った人もいます。
日本語の授業があるインターでしたら、これらのことに注意を払って授業を組んでいるのではないでしょうか。ISSは、この間は日本語の授業がありません。6年生からは、母語教育という形で日本語の勉強をする機会があります。そこで、日本語の本を読んだり新聞を作ったり、本について文章を書いたりする機会があります。
インプットとアウトプットの機会が必要です。授業で日本語は受けていないようでしたら、それぞれのご家庭で、お子さんに会う形でそれらの機会を作ってあげて欲しいです。

【中学・高校生編】

Q. この時期の国語力維持について、注意すべきことがあれば教えてください。

授業で心がけていることは、国語力向上と世界に対する視点を持つことです。そしてそれを書くこと話すことの中で表現できるようにしていきたいです。

Q. 敬語や熟語など大人の日本語がきちんと使えるようになるには、どのような工夫が必要でしょうか。

これもインプットとアウトプットの機会があることが必要です。読み物の中で知り、親や先輩と話す時に聞き、親の友人に会った時、先輩にあった時、初めての人に会った時に使いますから、そういう機会を持つことです。学生は、アルバイトをすればその機会がたくさんあると言っています。インターンをした時や、他校の歳が上だと思う人に会った時に、気をつけて使っていたようです。

Q. 高校受験では「記述式」の問題が増え、帰国受験に作文が含まれる学校もありますが、どのような対策をするべきでしょうか。

インターで学んでいらっしゃれば、毎日宿題もテストも記述式ですから、困ることも焦ることもないと思います。実際日本の大学に行くようになった学生が、レポート提出!と言われても全然焦らずしっかりと書けた、と言っています。

Q. IBで日本語を取る上で、気をつけるべきことを教えてください。IBDPでバイリンガルディプロマを目指したいと思っていますが、アドバイスがあればお願いします。

まずは、英語をしっかり伸ばしてください。友達と話せるだけでなく、しっかりと早く読め、素早く考えをまとめて丁寧に書けるようになることです。
日本語に関しては、読むのが嫌いにならないでいてくれて、ご両親や知っている人と話すことが嫌でない人になっていてくれれば、あとは、しっかりと日本語はIBの勉強をすることで伸ばせます。

Q.その他、日本語の維持・習得において普段のご指導の中で気づいた点や海外で子育てをしている保護者に伝えたいことがあればお願いいたします。

インター校に移ったら、まず英語の語彙をしっかりと身につけなくてはいけません。各科目の専門用語がたくさん待ち構えています。それがわからなければ、それぞれの科目についていけませんから学校生活が楽しめません。はじめの1、2ヶ月死に物狂いで英語の各教科の言葉を身につけてください。そうしたら、学校生活の楽しさを感じることができるようになり、余裕を持って日本語の勉強もできるようになります。日本語は、氷山の水に隠れた大きな部分です。考えたり、悩んだり、落ち着いたり、そういう全ての感情、感覚の一番元になるものなので、失うわけにはいきません。日常生活(学校)の中に日本語がない場合は、非日常として本(ゲーム、アニメ、漫画など)の世界で日本語を楽しみましょう。

ISSインターナショナルスクールの詳細はこちら。
https://spring-js.com/singapore/408/

【ご協力いただいた教育機関】(種類別アルファベット順)
<幼稚園・プレスクール>
アーツハウス インターナショナル幼稚園石栗 好恵 先生アーツキッズ ひまわり幼稚園吉弘 美輝 先生アーツキッズ インターナショナル幼稚園みき 先生このはな幼稚園毛利 安孝 先生<幼児教室>
Happy Train川守田 宏美 先生こどもクラブ山出 亜弓 先生<日本語教育機関>
日本語文化継承学校・IB教師磯崎 みどり 先生シンガポール日本語補習授業校山村 薫 先生<学習塾>
KOMABA石川 晋太郎 先生、川口 美波 先生MES佐藤 剛 先生オービットアカデミックセンター満仲 孝則 先生WAOシンガポール川中 大和 先生早稲田アカデミー インター校五十嵐 敢 先生<インターナショナルスクール>
ISSインターナショナルスクール津村 美穂 先生

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP