シンガポールの教育情報 SPRING

国・地域を選択する

子育て・体験記 Specialist

何でもQuestion & Suggestion 〜読者の質問に答えます〜

「インター校生・現地校生のための国語(日本語)学習」編

2019.01.22

LINEで送る
Pocket

<必見!Springウェブサイト限定!>
取材にご協力いただいた教育機関の先生方から
貴重なアドバイスをいただきました。

アーツハウス インターナショナル幼稚園
石栗 好恵 先生

【共通】

Q. 日本語と英語を両方ネイティブレベルに学ぶことは可能だと思いますか。そのためには、日本語はどの時期にどのような学びをすることが必要だと感じますか。

可能だと考えます。ただ子どもの場合は座学で学習して言葉を覚えるよりも、聞いて、真似て、話してみることで身についていきますので、コミュニケーションの中で英語、日本語を使い、毎日聞いて、話せる環境がとても大切だと考えます。

【幼児編】

Q. 海外で生活しながら日本語を母語として習得するために、気をつけるべきことや考え方を
ご教示ください。

話す頻度が極端に偏らない事だと思います。英語環境にいるのならば家庭では日本語でたくさん会話したり、日本語を話す日本人の友達が出来るような環境を作ったりしてあげられると良いのではないでしょうか。

Q. 幼児期に家庭で取り組める具体的なことを教えてください。読書の仕方のアドバイスや読み聞かせにおすすめの本などがあれば教えてください。

英語、日本語、どちらかの言葉に偏らず、短い文章や単語で構わないので、ゆっくり分かりやすく話しながら、言葉に触れる機会を自然に作り、常にどちらも聞いて話せる環境がとても大切だと思います。
絵本などは本人が好きで興味あるものを繰り返し読む事で、言葉を学んでいけると思います。好き、楽しいと思う事は、子どもの成長に1番大きく影響します。

Q. 小学校入学前の年齢、幼稚園の年中・年長の時期にひらがなの読み書きはやっておくべき
でしょうか?

年中、年長くらいになると自然と文字に興味を持つ時期がやってきます。「なんて書いてあるの?」「どう書くの?」など、子どもの興味が読み書きに向いてきたら教えてあげるタイミングだと考えます。書き順などは小さい時に間違えて覚えるとなかなか直りにくいです。
興味を持ったら、身近なものの名前など一緒に書いたり読んだりしながら楽しく文字を覚えていくと良いと思います。

Q. 英語環境のせいか、家庭でも特に兄弟間などで日本語よりも英語の方が簡単に出てきてしまいます。たしなめたりすると、日本語を強制されたように感じて嫌いになってしまうのではないかと心配です。おすすめの対処法があれば教えてください。

生活に密着した言葉が出やすいのは、自然な事だと思います。お考えのように、強制してしまうのはお子様にとってもご両親にとっても理想的なコミュニケーションの取り方では無いように思います。大切な事は日本語で話し続けてあげる事ではないでしょうか。お子様が話した事に対して「〜と言う事?」と日本語に変換して話したり、日常の小さな会話でも日本語を引き出してあげられると良いと思います。

【ご協力いただいた教育機関】(種類別アルファベット順)
<幼稚園・プレスクール>
アーツハウス インターナショナル幼稚園石栗 好恵 先生アーツキッズ ひまわり幼稚園吉弘 美輝 先生アーツキッズ インターナショナル幼稚園みき 先生このはな幼稚園毛利 安孝 先生<幼児教室>
Happy Train川守田 宏美 先生こどもクラブ山出 亜弓 先生<日本語教育機関>
日本語文化継承学校・IB教師磯崎 みどり 先生シンガポール日本語補習授業校山村 薫 先生<学習塾>
KOMABA石川 晋太郎 先生、川口 美波 先生MES佐藤 剛 先生オービットアカデミックセンター満仲 孝則 先生WAOシンガポール川中 大和 先生早稲田アカデミー インター校五十嵐 敢 先生<インターナショナルスクール>
ISSインターナショナルスクール津村 美穂 先生

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP