シンガポールの教育情報 SPRING

国・地域を選択する

子育て・体験記 Specialist

何でもQuestion & Suggestion 〜読者の質問に答えます〜

「インター校生・現地校生のための国語(日本語)学習」編

2019.01.22

LINEで送る
Pocket

<必見!Springウェブサイト限定!>
取材にご協力いただいた教育機関の先生方から
貴重なアドバイスをいただきました。

アーツキッズ インターナショナル幼稚園
みき 先生

【共通】

Q. 日本語と英語を両方ネイティブレベルに学ぶことは可能だと思いますか。そのためには、日本語はどの時期にどのような学びをすることが必要だと感じますか。

可能だと思います。
年齢に応じた学習方法になると思いますが、例えば日本語をたくさん耳にする集団生活の環境や、幼少時期にはたくさんの絵本の読み聞かせ、友達や先生、家族との会話や人間関係、環境も重要な学びになると考えます。その他にも年少期には、ひらがなに興味を持つような歌遊びや、頭文字を考えるゲーム遊びや、しりとり遊び。年中ではひらがなの読み書きの練習だけではなく、子どもたちが楽しく学習できるようなゲームを取り入れた授業やなど。年長クラスのなると自然に字が書けるようになり、絵日記や手紙など表現をする楽しさ、書く楽しさも学んでいるので、これらの学習方法も魅力を感じます。

【幼児編】

Q. 海外で生活しながら日本語を母語として習得するために、気をつけるべきことや考え方をご教示ください。

日本語に触れたり、話す場では正しい日本語を耳にするよう環境を選ぶことも重要だと思います。ご家庭での言動、学校内での日本語の授業など。

Q. 幼児期に家庭で取り組める具体的なことを教えてください。読書の仕方のアドバイスや読み聞かせにおすすめの本などがあれば教えてください。

どの程度のネイティブ日本語(母国語)を望んでいるかご家庭で異なりますが、0歳から2歳の場合、耳で聞いて絵で見て楽しめる、一緒に声を出して読みたくなるような簡単な絵本の読み聞かせ、3歳から4歳までは主人公の気持ちになって笑ったり、悲しくなったり感受性を育む内容の絵本、5歳児6歳児は物語や、少し道徳的な内容の絵本を、この幼少時期にたくさん読み聞かせすることをお勧めします。

Q. 小学校入学前の年齢、幼稚園の年中・年長の時期にひらがなの読み書きはやっておくべきでしょうか。

この時期になると、文字を書くことに対して興味や関心を持ってきます。ひらがなの看板を見たときに『あ』と読めたりまた、学校でお手紙交換を楽しんだり、自ら書きたいという意欲も自然に湧いてくる時期です。当園ではそのような時期に書き順なども意識しながら読み書き遊びも楽しんでいます。強制的にやっておくべきとは言いませんが、子どもが興味や関心を持っているときに持っている力を伸ばせたら良いと思います。

Q. 英語環境のせいか、家庭でも特に兄弟間などで日本語よりも英語の方が簡単に出てきてしまいます。たしなめたりすると、日本語を強制されたように感じて嫌いになってしまうのではないかと心配です。おすすめの対処法があれば教えてください。

英語環境の学校へ通っていると、ご家庭内でも英語が出てくることは自然なことですが、毎日日本語の授業がある幼稚園や、日本人のお友達がたくさん通っている幼稚園で園生活を送るお子さまは、ご家庭内でも正しい日本語の会話が弾んでいます。ご家庭内でもたくさん日本語で会話をしたり、英語・日本語のバランスがとれている学校を選択することもひとつの案かと思います。

アーツキッズインターナショナルの詳細はこちら。
https://spring-js.com/singapore/788/

【ご協力いただいた教育機関】(種類別アルファベット順)
<幼稚園・プレスクール>
アーツハウス インターナショナル幼稚園石栗 好恵 先生アーツキッズ ひまわり幼稚園吉弘 美輝 先生アーツキッズ インターナショナル幼稚園みき 先生このはな幼稚園毛利 安孝 先生<幼児教室>
Happy Train川守田 宏美 先生こどもクラブ山出 亜弓 先生<日本語教育機関>
日本語文化継承学校・IB教師磯崎 みどり 先生シンガポール日本語補習授業校山村 薫 先生<学習塾>
KOMABA石川 晋太郎 先生、川口 美波 先生MES佐藤 剛 先生オービットアカデミックセンター満仲 孝則 先生WAOシンガポール川中 大和 先生早稲田アカデミー インター校五十嵐 敢 先生<インターナショナルスクール>
ISSインターナショナルスクール津村 美穂 先生

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP