シンガポールの教育情報 SPRING

国・地域を選択する

子育て・体験記 Specialist

何でもQuestion & Suggestion 〜読者の質問に答えます〜

「インター校生・現地校生のための国語(日本語)学習」編

2019.01.22

LINEで送る
Pocket

<必見!Springウェブサイト限定!>
取材にご協力いただいた教育機関の先生方から
貴重なアドバイスをいただきました。

このはな幼稚園
毛利 安孝 先生

【共通】

Q. 日本語と英語を両方ネイティブレベルに学ぶことは可能だと思いますか。そのためには、日本語はどの時期にどのような学びをすることが必要だと感じますか。

「ネイティブ」の定義がどういうものかによりますが、小説を読んでその行間のニュアンスまで読み取るレベルの言語力と定義すると、両方同時にネイティブレベルを維持するのは、殆ど不可能だと言われています。日常生活で一番使用頻度が高い言語が必ず他の言語より優位な状態になるそうです。しかし、学校の教科書を読んで意味を理解し、自分の意見を文章で表現する(洗練された表現ができなくても良いとして)レベルであれば、和英両方がそのレベルになることは本人が相当努力すれば可能だと思います。
新聞を読んで意味を理解するレベルになるには、日本語で12年間程度、英語で9年間程度が必要と言われています。これは主として文字数(漢字は無限と感じるほど多数ある)の違いから来ているようです。従って漢字に精神的な拒否反応を持ち始める年齢になると、日本語のレベルを上げるのが難しくなりますので、日本語を第一言語(ちゃんと小説を読んで意味が分かるレベル)、英語を第二言語(学校で良い成績を収めることができるレベルであれば、英語の小説を読んで時々意味が分からなくても良いレベル)にすることを目標にするのが良いと思います。
抽象的な単語や表現を使い始めるのが10才頃以降と言われています。思考をするためには、意識せずに「言葉で」抽象的な理解や表現をする言語力が必要です。年齢相応に抽象的思考ができるようになるには、最低でも小学校は日本語で授業を受けて学習するのが良いでしょう。その上で「日本語を第一言語、英語は第二言語」を目指してはいかがでしょうか。

【幼児編】

Q. 海外で生活しながら日本語を母語として習得するために、気をつけるべきことや考え方をご教示ください。

幼稚園やチャイルドケアに預けた場合、その園の言語環境が問題です。英語メインの園で育つと、日本語と英語が混ざって喋り始める事があります。その場合は子どもが英語を混ぜて話し始めたら、親は日本語ではどう言うかを子どもに伝える作業を繰り返すべきです。

Q. 幼児期に家庭で取り組める具体的なことを教えてください。読書の仕方のアドバイスや読み聞かせにおすすめの本などがあれば教えてください。

「日本語を学年相応に維持向上する」こをと目的とした場合、親(特に母親)が子どもに毎日必ず絵本の読み聞かせをすることが重要です。幼児期は同じ本を何回も読んで欲しいと言いますが、これは何回も繰り返すことで子どもが安心する(納得する)からです。面倒がらずに何回も繰り返して読み、その都度、話の流れにそって「何で○○はこんな事をしたのかな」等の質問をして子どもが想像を膨らませるように仕向けると良いと思います。
お勧めの本は昔話です。昔話には道徳的な意図が込められているので、何度も繰り返し読んで下さい。

Q. 小学校入学前の年齢、幼稚園の年中・年長の時期にひらがなの読み書きはやっておくべきでしょうか。

個人差があると思います。幼児は文字を書いて遊びますので、年中年齢は本人が真似して書きたくなったら教えれば良いと思います。年長年齢後半ではひらがなの読み書きが出来る方が、小学校に入ってから困ることが減ります。まず読めるようになって文字の形を覚えた後に真似して書けるようになります。絵本を読む面白さを体験し文字を覚え、その後に真似して書くという過程を経ます。

Q. 英語環境のせいか、家庭でも特に兄弟間などで日本語よりも英語の方が簡単に出てきてしまいます。たしなめたりすると、日本語を強制されたように感じて嫌いになってしまうのではないかと心配です。おすすめの対処法があれば教えてください。

子どもは学校で友達との間で使用する言語が優位に立ち始めます。子どもの日本語が弱くなってきた(喋る単語や表現が増えない)と感じられたら、親とは日本語以外では会話しない、という家庭内ルール(躾の一つとして守らせる)を決めると良いと言われています。
子どもが英語で話しかけても親は返事しない、子どもが一生懸命に日本語で話しかけたら、親は「日本語で喋ってるのが嬉しいわ」と喜んで、その努力を褒めて必ず正しい日本語で返事をする。この地道な努力を続けると、子どもは親に喜んで欲しいので日本語を使おうと努力を始めるそうです。

【小学校低学年編】

Q. 「母語としての日本語の学習」という意味で、この時期に保護者として注意すべきことはどのような点でしょうか。

親とは日本語でしか会話しない、という家庭内ルールを決めると良いです。

Q. カタカナや漢字はドリルなどで練習させていますが、なかなか身が入らず定着しないようです。おすすめの具体的な学習法があれば教えてください。

強制されると面白くないと思います。まず文字に親しむために漫画を使用した本(学研のまんがひみつシリーズ、コミック本、など、子どもが読みたくなる日本語の本を読ませ、文字を見慣れることから始めては如何でしょうか。

Q. 普段話していると日本語は年齢相応にできているように感じますが、先生方が「日本語がおかしい」と気づくようなポイントがあれば教えてください。

言っている内容について質問をして、別の表現で説明させることで語彙や表現力が見れます。
日本語会話の中に英単語が混じっている場合、その単語を日本語で言える事(一つの事を和英両方の単語で言えるか)が大切です。言えない場合は両言語が混ざり始めていますので、日本語では日本語の単語のみで話ができるようにするべきです。
また、会話言語と学習言語では単語量が違いますので、日本語会話でそれ程違和感が無くても、子どもの学年相応の本では読めない単語や意味が理解できない表現が頻発する場合は、年齢相応の日本語力ではなく遅れ始めています。

Q. 国語の教科書を一緒に読んだり本の読み聞かせなどをしていますが、他に気軽に取り組める学びの形があれば教えてください。

漢字が増え始めるとどうしても読むのが面倒に感じ始めると思います。子どもが好きな事(スポーツでもゲームでも何でも良い)に関係する本(日本語)を与え、それを自発的に読むことで(読んで理解したいと思わせることで)、苦手意識を少なくできると思います。
我が家では「学研まんがひみつシリーズ」「クッキングパパ(コミック)」など漫画を多用しました。特に「学研まんがひみつシリーズ」は小学校での学習に関連していますので、子ども達に全巻を揃えて与えたのが良かったです。

このはな幼稚園の詳細はこちら。
https://spring-js.com/singapore/440/

【ご協力いただいた教育機関】(種類別アルファベット順)
<幼稚園・プレスクール>
アーツハウス インターナショナル幼稚園石栗 好恵 先生アーツキッズ ひまわり幼稚園吉弘 美輝 先生アーツキッズ インターナショナル幼稚園みき 先生このはな幼稚園毛利 安孝 先生<幼児教室>
Happy Train川守田 宏美 先生こどもクラブ山出 亜弓 先生<日本語教育機関>
日本語文化継承学校・IB教師磯崎 みどり 先生シンガポール日本語補習授業校山村 薫 先生<学習塾>
KOMABA石川 晋太郎 先生、川口 美波 先生MES佐藤 剛 先生オービットアカデミックセンター満仲 孝則 先生WAOシンガポール川中 大和 先生早稲田アカデミー インター校五十嵐 敢 先生<インターナショナルスクール>
ISSインターナショナルスクール津村 美穂 先生

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP