新型コロナウィルスによりイベント等は急な変更もございます。事前に必ずお問い合わせください。

シンガポールの教育情報 SPRING

国・地域を選択する

帰国に備えて

英語で学士を取れる日本の大学

英語で学士を取れる日本の大学(2019年)

2019.09.25

LINEで送る
Pocket

国立大学でも進む大学授業の英語化

国立大学でも、留学生・海外生を積極的に受け入れるとともに多彩な英語学位プログラムが充実しています。

英語で学士を取れる日本の大学(2019年)岡山大学

岡山大学のグローバル・ディスカバリー・プログラム

岡山大学では、グローバル社会で活躍し、複雑化する諸課題の解決に貢献できる人材の育成を目指すべく、英語による4年間の学士課程プログラム「グローバル・ディスカバリー・プログラム」を2017年10月に新設しました。学生は、英語で提供されるコア科目履修の後に、ディスカバリー専任教員の指導で卒業研究を行う「ディスカバリー専修トラック」または、学内の卒業研究受入れ学部の教員の指導で卒業研究を行う「学部・学科横断型マッチング・トラック」のどちらかを選択します。ディスカバリー専任教員が英語で提供する科目と他学部で提供される科目を組み合わせて履修することも可能です(学内卒業研究受け入れ学部:文/教育/法/経済/理/工/環境理工/農/薬(創薬科学科のみ)/医(保健学科のみ))。

学生は、アカデミック・アドバイザーと相談しながら、インターンシップ、フィールドワーク、海外留学、実験などの実践的な科目を含め、自らの学ぶ意欲や関心、将来の目標とマッチした履修プログラムを作成します。授業では、グループディスカッションやプレゼンテーションを通じて、さまざまな背景や経験を持つ学生が協働しながら主体的に学んでいます。

英語で学士を取れる日本の大学(2019年)岡山大学

◆ ◆ ◆

1期生の井上実優さんは、フランクフルトのIB校出身です。同プログラムは学生の半分が海外生ということもあり「それまで培った英語力や海外での経験をそのまま生かせる場所である」ことが入学の決め手になったそうです。授業は「ディスカッション、プレゼンテーション、プロジェクトなど自主的なアクティビティが多く、考えさせられることが面白い」。ディスカバリー外の学部でも卒業研究ができるメリットを生かし、今は経済学部で会計学を
中心に学びつつ、ディスカバリーの教員が英語で開講するマーケティングや統計学の授業も履修しています。「会計士の資格を取ることを目指しており、将来は海外の企業でも働いてみたいです」と語ってくれました。

英語で学士を取れる日本の大学(2019年)岡山大学

井上実優さん

岡山大学

<入試形式>
① 国際入試 ② ディスカバリー入試(AO入試)

<英語学位プログラム対象学部>
グローバル・ディスカバリー・プログラム

<入学時期>
① 4月または10月 ② 4月
※4月入学には日本語力が必須

<募集人数>
① 4月入学3名・10月入学30名 ② 27名

英語で学士を取れる日本の大学(2018年)_岡山大学

国籍を問わず国内外から幅広く学生を受け入れており、2019年10月現在では、24ヵ国から集まった65名の留学生を含む141名が在籍。日本人学生も国内の高校出身者や、帰国生など、多種多様。入学当初から学生一人ひとりにアカデミック・アドバイザーがつき、きめ細やかなサポート体制で学生をバックアップする。多様な文化的背景を持つ学生・教員とふれ合いながら、既存の学部の枠にとらわれない柔軟な学びを通じて、理論的・実践的知識を身につける。

※岡山大学の詳しい情報はこちら
https://spring-js.com/japan/10312/

取材先(※各大学名をクリックすると詳細ページに移動します):
<私立大学>慶應義塾大学立命館大学立命館アジア太平洋大学(APU)早稲田大学<国立大学>岡山大学筑波大学東京工業大学

1 2 3 4 5 6 7 8 9
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP