新型コロナウィルスによりイベント等は急な変更もございます。事前に必ずお問い合わせください。

シンガポールの教育情報 SPRING

国・地域を選択する

帰国に備えて

英語で学士を取れる日本の大学

英語で学士を取れる日本の大学(2022年)

東京工業大学

<入試形式>
日本語入試
(一般選抜(前期日程)・総合型選抜、大学入学共通テスト利用)

<授業を英語で受講できる対象学部>
環境・社会理工学院融合理工学系

<入学時期>
4月

<募集人数>
45名程度(留学生を含む2年次受け入れ可能人数)

外国人留学生を対象とした学士課程の「融合理工学系国際人材育成プログラムGSEP(Global Scientists and Engineers Program)」。環境・社会理工学院所属の日本人学生も2年次に融合理工学系に所属することで、GSEPで提供される数学、工学、国際開発、社会環境政策などの講義を英語で受講することが可能。1年次の全学共通必修科目(数学、物理学、化学、生命科学など)でも英語で受講可能だが、日本語の方が選択肢は多い。工学系の各分野を学びながら専門分野の確立を目指す。
https://www.titech.ac.jp/english

英語で学士を取れる日本の大学(2021年)東京工業大学

画像提供:東京工業大学

取材先(※各大学名をクリックすると詳細ページに移動します):
<私立大学>京都先端科学大学慶應義塾大学上智大学立命館アジア太平洋大学(APU)立命館大学早稲田大学<国立大学>大阪大学岡山大学筑波大学東京工業大学東北大学<海外大学日本校>テンプル大学 ジャパンキャンパス◎

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

PAGE TOP