新型コロナウィルスによりイベント等は急な変更もございます。事前に必ずお問い合わせください。

シンガポールの教育情報 SPRING

国・地域を選択する

帰国に備えて

英語で学士を取れる日本の大学

英語で学士を取れる日本の大学(2022年)

大阪大学
科学の高度な専門性と日本語・文化への理解を養成する「IUPS」

大阪大学では、国際的に活躍できる高度な人材の育成を目的とし、2010年10月から学部英語コースを設置しています。英語で学位が取れる「人間科学コース(Human Science International Undergraduate Degree Program)」と、英語で初期教育を受けたのちに、日本語で専門教育を受けて学位を取る「国際科学特別プログラム(International Undergraduate Program in Science, IUPS)」があり、ここでは「IUPS」について紹介します。

大阪大学

「IUPS」は、2021年4月に新設された理学部のプログラムです。本プログラムでは、修学および卒業後のキャリアパスにおいて日本語の習熟が重要であると考えています。そのため高度な専門性に加え、日本語・日本文化への深い理解を併せ持つグローバル人材の育成を目指します。募集学科は数学科・物理学科・化学科で、入学前の半年間に日本語などの予備教育を行い、学部教育は4年間行います。学部初期は英語による共通教育の授業を、専門教育に関しては日本人学生とともに日本語による授業を受講します。日本人学生と切磋琢磨できるのが最大の特徴で、留学生や帰国生徒など国際性豊かな環境で専門分野を学ぶことができます。また、教員による学生の学修・生活・キャリア支援体制も充実しています。

英語で学士を取れる日本の大学(2021年)大阪大学

大阪大学

<入試形式>
国際科学特別入試

<英語で受講できる授業がある対象学部>
国際科学特別プログラム(IUPS)
※理学部(数学科、物理学科、化学科)

<入学時期>
4月
※研究生として入学前半年間の日本語などの予備教育を受講した後に、4月に理学部正規学生として入学

<募集人数>
十数名

入学前の半年間は、日本語・日本情勢や科学を日本語で学ぶために必要な専門用語などを学ぶ予備教育を行い、学部教育は4年間行う。学部初期は英語による共通教育の授業を、専門教育に関しては日本人学生とともに日本語による授業を受講することで、日本人学生と切磋琢磨できるのが最大の特徴。
https://www.sci.osaka-u.ac.jp/en/iups/

大阪大学

画像提供:大阪大学

※大阪大学の詳しい情報はこちら
https://spring-js.com/japan/674/

取材先(※各大学名をクリックすると詳細ページに移動します):
<私立大学>京都先端科学大学慶應義塾大学上智大学立命館アジア太平洋大学(APU)立命館大学早稲田大学<国立大学>大阪大学岡山大学筑波大学東京工業大学東北大学<海外大学日本校>テンプル大学 ジャパンキャンパス◎

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

PAGE TOP