シンガポール発海外教育情報誌サイト

日本で教育 Japan

特別企画

日本の教育関係者がシンガポールの教育現場を視察 研修テーマ「世界基準の教育を目指して」

2013.11.25

  • 国際バカロレア(IB)
LINEで送る
Pocket

~日本はアジアの覇者になれるか~

今年で50周年を迎えた一般財団法人日本私学教育研究所の私立学校専門研修会・国際教育研究部会の先生方41名が、シンガポールの学校を視察に訪れました。この研究部会は、グローバル化が進む中で世界基準の教育と日本の教育内容について問題提起をし、教育の質向上を図るための研究を重ねています。

日本の教育関係者がシンガポールの教育現場を視察

研修は3 時間に及びました。「シンガポールの教育事情」「シンガポールでのIB 教育」 や「日本の今後の課題」ついてWorld Creative Education Group CEO /オービッ トアカデミックセンター代表 後藤敏夫氏によるレクチャーがおこなわれました。

今回シンガポールを視察するに至った背景には、アジア諸国が目覚ましい発展を遂げる中で、特にシンガポールの経済成長は著しく、国家戦略として優れた人材を育成し、教育においてもアジアのハブを目指している点があげられます。

日本ではグローバル人材育成に向けた提言を受け、2018年までに国際バカロレア(IB)認定校 を200校導入という大きな目標が掲げられ、2015年からは日本語IBの導入も決定されました。

研究部会の先生方は、世界で一番進んでいると言われるシンガポールの教育現場を視察するだけでなく、企業の方や塾関係者の方との意見交換会もおこないました。

1 2 3 4
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP