新型コロナウィルスによりイベント等は急な変更もございます。事前に必ずお問い合わせください。

シンガポールの教育情報 SPRING

国・地域を選択する

帰国に備えて

中学・高校

大妻多摩中学高等学校

2020.09.25

LINEで送る
Pocket

住所〒206-8540
東京都多摩市唐木田2-7-1
電話番号+81-42-372-9113
WEBhttp://www.otsuma-tama.ed.jp

教育目標

高い知性を持ち、グローバル社会に貢献できる女性の育成

授業の光景

大妻学院の創始者、大妻コタカは「理想は高遠に、実行は足下から」をモットーに、時代が求める自立した女性の育成に心血を注ぎました。大妻多摩ではその精神に基づき、一人ひとりの「夢」を大切にする学校づくりをめざしています。そのために、安定した高い学力をつけるとともに、女性らしい品位を備えたバランスの取れた人格を形成すること、何ごとにも一生懸命に取り組む情熱を持った人材を育成することを目指して教育活動を進めています。

教育方針

「人間教育」と「学力の養成」の2つ柱のバランスをとること。

課外授業の模様

教育目標を支える2つの柱、「人間教育」と「学力の養成」。この2つのバランスを上手に取ることを教育方針としています。つまり、6年一貫教育の「ゆとりのある先取りカリキュラム」や「2020年の新大学入試制度に対応する、ICTやアクティブラーニングなど、先進的な授業」は、もちろん重視して取り組みますが、それだけではなく、クラブ活動、委員会活動、行事など、勉強以外のことにもしっかりと取り組ませるのが、本校の方針です。生徒たちは、時には意見をぶつけ合いながら、お互いに協力して目の前の様々な問題を乗り越えて逞しく成長していきます。入学するときの学力より卒業する時の学力が高く、難関大学にも合格するのは、この教育方針によるのです。

時代にあわせて進化した大妻多摩の国際ビジョン

大妻多摩の留学制度

国際化と女性の社会進出が求められるなかで、100年以上続く伝統の女子教育に世界を視野に入れ、「高い知性と品位を備えた世界で活躍できる美しい女性の育成」という「21 世紀型の良妻賢母の教育」をめざします。この目標の下、国際教育プログラムの充実と英語教育のグローバルスタンダード化をさらに推し進めています。

2013年より姉妹校提携を結んでいる Brigidine College(オーストラリア)に、Sacred Hearts Academy(アメリカ・ハワイ)、Malvern St. James 及び Westonbirt(イギリス)を加え、世界3ケ国へとターム留学制度を拡充しています。今後はオーストラリアだけでなく、アメリカ、イギリスからも短期留学生を迎え、様々な交流プログラムが展開されていきます。それを支える英語教育も、最新の3つのCALL教室を活用して力が入れられています。好調な進路実績はそのことをよく表しています。

また、語学研修を目的としたイギリスセミナーのほか、アジア・イスラムの文化に触れるドバイセミナーも実施しています。入学後、その個性や持ち味をしっかり伸ばせる国際色豊かな環境を用意しています。

ほぼ全員が難関他大学を受験して進学する「進学校」

授業の光景

合格実績内訳(高校3年生現役155名)

併設の大妻女子大学に内部推薦枠を持ちながらも、ほとんどの生徒が国公立、早慶上智、GMARCH理科大クラスの4年制他大学へ進学する進学校です。したがって、6年間の指導は、2020年からの新大学入試を含め他大受験に対応できる学力の養成と進路指導が核となっています。

しかし、猛スピードの先取り型詰め込み教育や成績上位者だけを特化するクラス編成をするのではなく、1学年4クラスの規模を活かしてすべての生徒を大切に丁寧に指導する、部活動や行事も大切にするのが大妻の教育方針です。勉強のやり方や楽しさを中学の最初に時間をかけて指導し、6年の中盤では各自の進路探しをサポート。最終的には、各自が自分の目標に向かって自立した勉強ができることを目標としています。

毎年、学年の半分以上の生徒がGMARCH理科大や早慶上智の私立大学、および、国公立大学に合格するとともに、薬学部や看護学部を中心に、医学部医学科や獣医学科へも4割の生徒が進学しています。浪人生の数が毎年少ないのも、大妻多摩の進路指導の実績です。

平成27年卒業生155名の主な合格先は、国際教養大2、東京外国語大2、東京医科歯科大2、首都大8、筑波大1、横浜国大4、横浜市立大1、早稲田23、慶應7、上智11、明治24、青山21、立教30、中央28、法政18、学習院12、東京理科9、日本女子大33など。

学校長より(谷林 眞理子 校長)

谷林 眞理子 校長

帰国生と国際生入試を始める前から、帰国生や海外在留経験のある生徒が5~10%在籍していました。小規模で家庭的なムードの学校です。皆さんの経験を活かせる環境作りを進行中です。

伝統と進化、未来が融合する学校

2016年より9月編入募集予定(中1~高2対象)

本校の特色:

  • 各学年4クラス、160名の家庭的なムードと丁寧な指導が特徴の中高一貫校
  • 各学年に10名前後の帰国生と海外生活経験者が在籍
  • 毎年、半分以上の生徒が国公立大、早慶上智大、GMARCH理科大に合格する100年以上続く伝統の女子進学校
  • 新宿から電車で35分の郊外にある広大で自然豊かな美しいキャンパス
  • PCを使った英語学習室(CALL教室)3つ、理科実験室5つ、運動場3つ、体育館3つ、3階建て図書館など私学ならではの充実した施設

国際性と多様性のある学校創りをめざして、
「帰国生入試」「国際生入試」「プレゼンテーション入試」の3入試を開始
※詳細はHPで

帰国生入試・国際生入試に関する情報

  試 験 日 試験科目
帰国生入試(若干名) 2016年11月27日(日) 日本語作文 計算力確認試験
面接(生徒対象、日本語か英語を選択)
国際生入試(若干名) 2017年2月1日(水) 国語 算数
社会 理科
プレゼンテーション入試
帰国生と国際生対象(若干名)
2017年2月2日(木) 国語 算数
プレゼンテーション試験

※ プレゼンテーション入試の「プレゼンテーション試験」については、12月20日にホームページで課題を事前に公表しますので、5分以内の発表の準備(日本語または英語を選択)をしてきてください。発表では図や写真に限り使用可とします。発表後、5分程度の質疑(日本語)を行います。

※ プレゼンテーション試験については、HPでサンプル問題をご覧になれます。

※ 国際生… (1)海外在住経験が累積で約1年以上あり、2009年~2014年3月に帰国した児童(応相談) または、(2)国内のインターナショナルスクール等を卒業見込みの児童

〒206-8540東京都多摩市唐木田 2-7-8 小田急唐木田駅より徒歩7分 TEL:+81-42-372-9113
HP・お問い合わせ:http://www.otsuma-tama.ed.jp

※2016年10月19日現在の情報です。最新情報は各機関に直接ご確認ください

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP