新型コロナウィルスによりイベント等は急な変更もございます。事前に必ずお問い合わせください。

シンガポールの教育情報 SPRING

国・地域を選択する

帰国に備えて

特別企画

帰国受験の今 ~2017年の中学・高校受験を振り返る

2017.06.23

LINEで送る
Pocket

ORBIT ACADEMIC CENTRE

Q1. 詳細 2017年の受験では、例年と異なる点はありましたか。

  • 前提として、海外生の受験の場合、在籍生徒の個々の事情に大きく左右される要素が多々ありますので、1年単位での塾内での傾向を分析することはあまり意味がないと考えています。数年単位のマクロな視点での傾向を分析する必要があると考えています。その上での傾向分析として、以下のとおり。
  • 英語力重視のトレンドは今後も続く。
    入試問題における英語の難度が年々上がることで、英語力の高い、英語が得意な生徒にとって有利な状況が起こっている。インター歴の長い生徒はもちろん、プラスアルファの英語力を保持する日本人学校生は安定して結果を出している。傾向としては、リスニングや記述(ライティング)、会話表現の増加など、できるだけ4技能の力を測る視点に変わってきている。
  • 一般枠、帰国枠を問わず、中学入試における入試方式が多様化しており、多様な能力やバックグラウンドをもつ生徒を受け入れようとする学校側の意識の変化が読み取れる。
  • 同時に、学力試験だけではなく学校成績や面接試験の重視される傾向が強くなり、学力面だけではなく、人物本位の選抜の色合いも強くなってきている。
  • いずれの変化も、近年のグローバル化の教育面への影響と、2020年の大学入試制度改革を踏まえた学校側の意識の表れであると考える。

Q2. 2018年の受験ではどのような変化を予想していますか。

  • 上記の傾向がますます強くなると思われる。具体的には、2020年の大学入試改革に向けて、単なる知識や技能だけではなく、論理的思考力・判断力・表現力や、主体性・多様性・協働性を測る視点での入試方式や出題形式になっていくと思われる。

Q3. 詳細 これから受験をするお子さまと保護者の方に具体的なアドバイスをお願いいたします。

  • シンガポールの環境は、日本の中高一貫校よりも貴重であることを認識してほしい。長い人生を考えたとき、多感な時期をシンガポールで生活できることは、ますますグローバル化が進展する時代において、人生最大のアドバンテージになる。そもそも志望校合格が人生のゴールではない。
    →「帰国枠資格が使えるうちに帰国して中学受験」という発想は捨てて「シンガポールにいられるだけいたほうが良い」という発想への転換をしてほしい。
    その前提で、シンガポールの環境を活かしつつ、英語学習と両立できるレベルで「どうなっても大丈夫」なように受験準備をしておく。豊かな海外体験がそのまま面接・作文対策につながる。
  • 偏差値やブランド、保護者の経験、価値観のみで学校選びをしない。
  • 国内生とは異なり、多様なバックグラウンドや特性を持つ海外生にとって「良い学校」は個々の生徒によって異なる。
  • 入試制度における多様な入試方式の導入や、教育制度における評価の観点の変化により、従来の偏差値を基準とした学校の序列が崩壊する。産業界におけるパラダイムシフトに表れているように、グローバル化により必然的に教育界においても世界基準の学校評価軸が普及すると思われる。つまり、グローバル時代の教育に即応できる学校や教育を実践しているかどうかがこれからの学校評価軸となる。
  • 高校受験での学校選びやシンガポールでの学校選び(日本人学校かインター校かの選択)は戦略的に選ぶ。なりたい職業、行きたい学部に応じて考える。
  • 入学後の「伸びしろ」を意識した学校選びをする。そのためにも、保護者は自分の子どもの特性を、他人と比較するのではなく冷静に見極めること、生徒自身も自分の特性を客観視することが必要。その上で、シンガポールで身につけた経験や学力、英語力を更に伸ばしてくれる環境かどうか、という視点で学校選びをする。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP