シンガポール発海外教育情報誌サイト

日本で教育 Japan

中学・高校

聖学院中学校・高等学校

2018.06.25

LINEで送る
Pocket

住所東京都北区中里3丁目12-1
WEBhttp://www.seig-boys.org/

帰国生受け入れ16年
~海外生の教育を真剣に考える「面倒見が良い学校」~

副校長 清水 広幸
日本の国際評価が高い理由、それは、先達が世界で信頼を積み上げてきたおかげに他なりません。
貴重な「異文化体験」を体に取り込んでいる海外生の存在は、まさに「宝」です。海外生を「仲間」として受け入れ、一人ひとりが持つ高いモチベーションを聖学院という器で存分に発揮してください。
本校には、世界で輝く力を育む環境が整っています。

聖学院中学校高等学校 副校長

海外生の声
中学3年生S.Sさん(アメリカに6年滞在)
英語力をさらに伸ばしたいと思い、入学を決めました。授業はもちろんですが何気ない日常でも英語が飛び交っており、海外に近い環境があります。苦手だった漢字や日本史も、質問しやすい雰囲気のおかげでどんどん先生に聞くことができ、苦手意識がなくなりました。聖学院中学に入って良かったです。

保護者の声
K.Sさん
海外生が力を発揮できる場が多いため、子どもたちは自信が表情に表れています。男の子は成長がゆっくりで口数も少ないですが、聖学院中学校は思春期の男子の教育においてエキスパートだと感じています。
安心しておすすめできる学校です。

聖学院中学校・高等学校

楽しい英語の授業

定評ある4つのサポート体制

□ 面談の実施
保護者+担任で「帰国生プログラム」を説明

□ 成績の配慮
帰国生の状況を加味し、定期試験や成績を配慮
(ふりがな、問題量、範囲など)

□ 学習サポート
国語や社会などの未履修項目を個別に指導
(学内塾で対応 別料金)

□ 進路サポート
日本だけでなく海外大学への進学にも情報を提供
(海外大学合格実績:ミシガン大学、イリノイ大学、カリフォルニア大学、テキサス大学 など)

聖学院中学校・高等学校

帰国生67名在籍

◆ 海外生の英語力を確実に伸ばす SS コース

英語の経験が豊富な生徒たちで構成されたコース。
「Language Arts」ではネイティブ教員によるコミュニケーション力を強化し、「Academic Writing」では日本人教員により日・英の両言語でアカデミックな語学力を身につけます。

聖学院中学校・高等学校

英語取り出し授業SSコース

聖学院中学校・高等学校

レシテーションコンテスト

海外生転編入試験

2018年 6月27日(水)、11月28日(水)
2019年 2月23日(土)
対象:中学1年生〜高校2年生
試験科目:国・算・英ならびに英語・日本語による面接

説明会情報

7月21日(土)、9月22月(土)・28日(金)、10月20日(土)、11月9日(金)・24日(土)、12月22日(土)、1月12日(土)
※いずれも本校にて

〒114-8502 東京都北区中里3-12-1
Tel. 03-3917-1121 Fax. 03-3917-1438
http://www.seig-boys.org/
https://www.facebook.com/seigboys

※2018年6月25日現在の情報です。最新情報は直接お問い合わせください。

1 2 3 4 5 6
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP