新型コロナウィルスによりイベント等は急な変更もございます。事前に必ずお問い合わせください。

シンガポールの教育情報 SPRING

国・地域を選択する

学校・幼稚園

インター校

Stamford American International School

2021.04.23

  • 国際バカロレア(IB)
  • ICT教育
LINEで送る
Pocket

住所◎Woodleigh Campus
1 Woodleigh Lane (Off Upper Serangoon Road)
◎Early Learning Village
3 Chuan Lane, Gate 4
電話番号+65-6602-7247
Emailadmissions@sais.sg
WEBwww.sais.edu.sg

シンガポール初・唯一の国際バカロレア・米国カリキュラム併用校

スタンフォード・アメリカン・インターナショナル・スクール(以下、スタンフォード)は、2~18歳を対象に国際バカロレア(IB)と米国式カリキュラム(AERO)※1 を併用するシンガポール初・唯一のインターナショナルスクールです。「IBディプロマプログラム(DP)」または「AP(Advanced Placement)のクレジット※2 を付与した高等卒業資格」の、両方あるいは一方を取得することができます。このようなユニークかつ柔軟な学習環境を提供する同校だからこそ、米国をはじめ世界中のあらゆる大学への道を切り開くことを可能にします。
※1 AERO(American Education Reaches Out) :海外校で実施される米国式教育カリキュラム
※2 AP(Advanced Placement)のクレジット:高等学校の成績優秀者を対象にした大学相当の高度なカリキュラム。得た単位は大学の単位として認定される

日本人生徒に聞くIBの学校生活

長期間英語圏で過ごしてきた後、1年前カナダから来星した永川君にスタンフォードでの学校生活の様子を聞きました。


永川大(ながかわだい)君(写真左)
スタンフォードのGrade9で、IBのMYPを学んでいる。日本生まれ、英国・カナダでそれぞれ5年間を過ごした。2014年に来星。

「カナダでは、学校の勉強はそれほど大変ではありませんでした。スタンフォードに編入後は、まず、勉強のレベルの高さに驚きました。はじめの2学期だけは補習クラスの授業も追加して受け、クラスメートに追いつくように頑張りました。お陰でその後はどの授業にも自信をもって参加しています」

本格的な芸術学習

「Grade9になると、アートの選択授業があります。視覚芸術や音楽を選ぶこともできましたが、僕が選んだのは演劇のクラスです。ドラマスタジオに入り、マスクをつけたり照明を使ったりしながら行われる、本場さながらのパフォーマンスがとても面白いと感じています」

同校は、IBDPを提供するインターナショナルスクールの中でも演劇の授業を選択できる数少ない学校です。この授業は4歳児からGrade11の高校生まで毎週行われ、児童・生徒たちは演劇の知識とスキルを身につけていきます。他の科目や今後の進路においても役立つプレゼンテーション能力の訓練としても有効です。また、シンガポールの学校としては唯一、500人収容可能な最新鋭のLED映像スクリーンを施した「レーガンシアター」が設置されています。さまざまなパフォーマンスの成果がこのシアターに集約され、子どもたちが練習を積み重ねた待望の公演は年に3回ほど開催されます。

「最新鋭の施設での多面的な学び」

IBのカリキュラムでは、芸術だけでなく、アカデミックな授業やスポーツにおいても多面的な学習機会を提供しています。

「僕たちの学年ではMacBookを一人一台使うので、先生とのコミュニケーションもとりやすく、プロジェクトなどではリサーチする時にとても便利です。好きな科目は化学です。サイエンスラボで実験する時は、学んだ知識を実際に試し発見することも多いので特に楽しいです。また、プールが3つ運動場も2つもあり、その他にもゴルフの練習施設やロッククライミング、テニスコートなど、スポーツ施設は素晴ら

永川君のお母さま より

海外生活が10年を超え複数の国に滞在してきたため、他国へ移動するときには同じ学習プログラムで学べることが、大切だと感じています。その点IBは「国際統一プログラム」ですので、国を移動しても学習をスムーズに継続することができ、息子にとって理想的な教育だと感じています。スタンフォードでは、卒業する際にIBだけでなく米国の高校卒業資格を同時に取得できるので、世界中へチャンスが広がることを楽しみにしています。

シンガポールのインター校初の大学準備制度

本校では、G8から大学進学用プレテストを受けることができます。これは、シンガポールのインターナショナルスクール初の取り組みです。早期に大学の試験を試してみることで、各生徒に必要な個別指導を適切に受けることができます。毎週行われる大学進路相談や専門チームによるキャリアカウンセリングと個別サポートを通して、大学進学への道すじを明らかにし、進路に最適な準備をすることが可能です。

◎シンガポール初「国際バカロレア」と「米国カリキュラム」の併用

Stamfordはシンガポールのインター校では初となる、IBと米国式教育AEROを併用したカリキュラムを実 施しています。AEROは 外国に滞在する子女のための米国式一貫教育プログラムです。同校ではAEROに基 づいた内容を、「生徒自らが問題提起し、科目の垣根を超えて学習する」IBならではのアプローチで学んでい きます。幼稚園部PreKから小学校Grade 5までをIBにおける初等教育PYP(Primary Years Program)、Grade 6からGrade 10までをIBの中等教育MYP(Middle Years Program)でおこない、2014年に開設されるIBDPで は、138 ヵ国に広がるIB受け入れ大学をはじめ、米国および世界のトップ大学への進学をめざします。 世界中から招かれた教員は、国際的な教職経験をもつだけでなく、全員がIB の研修を受けてIB を熟知し ています。CIS(Council of International Schools)やWASC(Western Association of Schools and Colleges)※1 の認定校でもあり、幼稚園部から高等教育の一貫校としてEduTrust※2を受賞した唯一の私立校でもあります。 ※1 WASC:米国西部地域私立学校大学協会。アメリカに本部がある教育認定機関。 ※2 EduTrust:シンガポール教育省下の法的機関である私立教育審議会が管理する、シンガポールの私立教育機関のための自発的認証制度。

◎革新的な「ICT 教育」と「外国語学習」

生徒がグローバル社会で活躍するために、「適応力があり思慮深く積極的な世界市民」になることを目標に しています。そのため、実社会で重要性が増すICT(情報通信技術)とコミュニケーション能力を最重要項目 と位置づけ、革新的なプログラムを実践しています。ICT教育では、幼稚園部であるK2から小学校のGrade 5の児童にはiPadを、Grade 6以上の生徒にはMacBook Proをひとり1台支給し、各科目と連携し問題解決 と情報処理能力の育成に努めています。生徒は日々これらのデバイスを駆使して課題に取り組み、グローバ ル社会で即戦力となるべく最新のICTを身につけていきます。  また、 外国語学習にも大変力を入れています。全生徒が「中国語」または「スペイン語」を毎日学習します。 学年が進むと習熟度に応じて7段階のクラスに分かれて学ぶため、効率よく習得し更なる上達をはかります。  英語を母国語としない生徒には、幼稚園部からGrade 5までを中心に英語の補助プログラム(EAL: English as an Additional Language)が提供されています。 学習内容が高度になるにつれ、Grade 6以降では中級程度 から徐々に ネイティブスピーカーと同程度の英語力が求められるようになります。

◎比類ない学習環境

Stamford では「全ての子どもたちは実力以上のことを成し遂げられる」ことをビジョンとし、 勉学、スポー ツ、社会貢献などあらゆる場面で生徒個人やチームの功績を学校全体で賞賛する校風が根づいています。 生徒のやる気を最大限に引き出すことで更なる向上をめざします。  教室での勉学だけでなく幅広い経験を積むため、最新鋭のスポーツ施設やテレビ会議室、双方向型サイ エンス・センターなどを備え、 各国の専門家とのレクチャーを実現しています。芸術面では情操を育むため に、演劇や音楽の授業でも独自のアプローチをしています。 鈴木メソッドでバイオリンやピアノの演奏を学 ぶなど、学年ごとにさまざまな楽器演奏を体験していきます。  Student Café では、世界的に著名なシェフEmmanuel Stroobant 氏がプロデュースした給食が提供されて います。「食育」の観点から オーガニック食材を取り入れ、化学調味料やトランス脂肪酸を含まない健康に 配慮した理想的なメニューが考案されています。

Stamford American International School

School Data

【学年】
Nursery( 2 歳) ~ Grade 12( 18・19歳) (2013 年現在はGrade 10 まで。2014 年8 月にGrade 11、2015年8月にGrade 12 開設予定)
【出願料】 (税込) $3,160
【年間授業料】 (税込) $14,434 ~ $37,818
【ウェイティング】あり
【全校生徒数】(日本人生徒数) 2,710 名(168 名)
【1クラス生徒数】
2・3歳:最大16名( 児童:先生の割合 5:1)
3・4歳(Pre-K)最大20名( 割合 7:1 )
4・5 歳(K1 )最大22 名
5・6 歳(K2)以上 最大 24 名
【学期】2 学期制(8 月新年度)
【英語サポート体制】あり。詳細はご相談ください

詳細は直接お尋ねください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP