新型コロナウィルスによりイベント等は急な変更もございます。事前に必ずお問い合わせください。

シンガポールの教育情報 SPRING

国・地域を選択する

学校・幼稚園

インター校

Stamford American International School

2021.06.25

  • 国際バカロレア(IB)
  • ICT教育
LINEで送る
Pocket

住所◎Woodleigh Campus
1 Woodleigh Lane (Off Upper Serangoon Road)
◎Early Learning Village
3 Chuan Lane, Gate 4
電話番号+65-6602-7247
Emailadmissions@sais.sg
WEBwww.sais.edu.sg

音楽を始めよう!脳の発達を促す効果とは

「相対性理論」で有名なアルバート・アインシュタインは、音楽からさまざまなインスピレーションを得ていたそうです。「『相対性理論』は直感の中から生まれた。そして音楽こそが私の直感を支える原動力である。6歳からヴァイオリンを始めた私は、音楽を理解することでこの新しい発見をできたのだ」という言葉を残しています。

音楽への造詣は、生涯にわたりアインシュタインに重要な影響を与えました。今日では音楽の効用は科学的にも証明されています。世界的な音楽教育機関として知られるトロント王立音楽院(Royal Conservatory of Music)での脳神経科学の研究では、音楽を学習することが脳の発達や知能指数(IQ)・記憶力向上につながる、としています。

実際に、楽器演奏を習うことで子どもの脳には以下の効果が現れます。

  • 脳内の神経回路の強化、神経が集中する大脳皮質の 灰白質の増加
  • 情報処理能力の発達
  • 知能指数(IQ)の向上
  • 記憶力・集中力の強化

2歳から始める、本格的な音楽教育

音楽教育を重んじるStamford Americanでは、ナーサリーの2歳児から第一歩を踏み出します。3歳児からは世界的に有名なスズキメソッドでヴァイオリンを学びます。当校は同メソッドを導入したシンガポール初・唯一の学校 です。スズキメソッドを通して、子どもが楽しく学べるよう導きながら音を聴く力を育てます。また、集団で学ぶことで互いに良い影響を与えながら、情緒的な発達と創造性を養うこともできます。

当校の音楽教育では、子どもたちが「できた」とその都度上達を実感することで、意欲を持続できるように努めています。

こうして幼児期から音楽の基礎を築き、小学生になると国際バカロレアのプログラムの中で、音楽の授業を通して聴く力・音楽理論・譜読み・演奏・作曲などと共に音楽が生まれた背景や歴史にも触れ、音楽を多面的に学んでいきます。

音楽を愛する心を育むために、子どもたちは自由に多彩な音楽プログラムを選択することができます。現在では450名以上の子どもたちが、各楽器の一流の教師によって指導を受けており、シンガポール最大の楽器演奏プログラムとなっています。

演奏に触れる豊富な機会

音楽は演奏してこそ、その喜びを実感できるものです。演奏する経験は、子どもたちに音を奏でる自信と楽しみをもたらしてくれます。時にはさまざまなジャンルのコンサートやパフォーマンスへ課外授業として出かけることもあります。こうして、多様な音楽を知ることで見聞を広げていくのです。

当校にはコーラス、弦楽器、オーケストラ、ロックアンサンブルなど20もの音楽活動があります。毎週昼休みにそのパフォーマンスが、500席収容できる最新鋭の「レーガンシアター」で繰り広げられ、全校生徒は仲間の演奏を心から楽しんでいます。Grade9の2名の生徒が、YouTubeで圧倒的な人気を誇る音楽グループ「Piano Guys」のシンガポール公演で、共演する機会もありました。

当校では、各分野の著名人が「人生の師(メンター)」として生徒たちに教える「グローバル・メンター・プログラム」があります。先日は、グラミー賞受賞者であるモンテ・セルビー氏がGrade6、7の生徒にワークショップを開き、教室での学びの枠を超えた授業で生徒たちにインスピレーションを与え、将来の夢について語りかけました。

Stamford Americanが誇る音楽教育の詳細は、ぜひ12月4日(金)のオープンハウスでご覧ください。皆さまのご来校をお待ちしています。
お申込み: www.sais.edu.sg Tel+65 6653 7907

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP