シンガポール発海外教育情報誌サイト

シンガポールで教育 Singapore

[アーカイブ] KUMON

2016.01.11

  • アーカイブ
LINEで送る
Pocket

※下記は過去の記事です。「KUMON」最新の情報はこちらをご覧ください。


 

KUMON

~公文が大切に考えていること~

公文では、自分の力で未知の課題に取り組み、将来 の夢や目標を自分で実現する力を身につけてほしいと 考えています。

個人別・学力別学習で「できた!」プラス「やればできる」へ

公文式では自学自習の力を育てるために、一人ひとりのできると ころから学習をスタ̶トします。学年や年齢にとらわれず、ひとりで ス ラ ス ラ で き る「 ち ょ う ど 」の 学習を少しずつ高めていくこと で、「できた!」という成功体験 を積んでいきます。その成功体 験 が「 や れ ば で き る 」と い う 自 己肯定感や自信につながり、や がては自分の学年を越えて、未 知のことにも自分自身でチャレンジする力を養います。

知りたい! 公文式教材

【算数・数学 】

公文式では、高校数学が自習で解 けることを目標とし、そのために必 要 な「 代 数 計 算 力 」に 絞 っ て 教 材 を 構成しています。

公文式算数は

  • くり返すことで計算が早くなる
  • ルールを覚えるので計算が楽になる
  • 正解への過程を根底理解し、間違いを減らす
  • 例題を完全理解することで、考える力を養う

自分にちょうどの教材を積み重ねていくことで「できた!」の自 信と高校数学を自習で解ける力が養われます。

英 語

◎「聞いてわかる」「読んでわかる」英語力を養う

公文式英語は、国際社会で必要とされる高度な英語力を身につけ るために、「聞いてわかる力」「読んでわかる力」に照準を合わせて学 習します。これらの力を高めながら、総合的な英語力の向上を目指 します。 E-Penci(l イー・ペンシル)を使ったリスニングと、イラストや文 字を見ながらの音読を繰り返します。読めるようになると、今度は 英文を書く学習に移行し語順や構造を理解していきます。従来採用し て い たCDと 比 べ、こ のE-Pencilは い つでもどこでも使えて操作が簡単で す。テキストの音声マークにタッチす るとその教材の単語や英文の音声が再 生されます。E-Pencilから聞こえる英語 をまねして音読することを繰り返すことで、英語力の基礎を築きます。

国 語

◎「読解力」を培い、高度な「読書力」を養う

公文式国語の目的は、あら ゆる学びの基礎となる読解力 と読書力を養成することで す。そのために教材は、学習 課題が系統的に配され、学習が進むにつれて語彙力・文章構造を理解する力・精読力・ 速読力が向上していくように 構成されています。また、独 自に選定した推薦図書から多 くの作品を国語教材に取り入 れ、読解力を高める学習と読 書の連動を図っています。

保護者の声

梁 莉雅ちゃんのお母様より

現地校に通う娘の国語力を維持させたいと、小学1年生から公文式に 通い始め2年がたちました。シンガポールでは「日本語の本に触れ、た くさん読んでほしい」と思っても、近所の図書館では借りることは難し く、購入は、値段の高さだけでなく、本の選択にも迷ってしまいます。 公文式の国語では、娘が「読んでみたかったお話だ!」と自発的に楽し める教材が採用されています。教材の続きを読みたくて教室内にある 公文ライブラリーで本を借りるなど、まさに学習と読書が連動してい ることを実感しています。今まで自分ではなかなか手に取らなかった 本にも出会え、弟と妹にすらすらと読み聞かせをしている姿を見て公 文式教材の素晴らしさを感じています。

※2016年1月11日現在の情報です

1 2
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP