シンガポール発海外教育情報誌サイト

シンガポールで教育 Singapore

なぜシンガポールなのか

なぜシンガポールなのか Vol.10

2017.03.24

LINEで送る
Pocket

シンガポールの投資環境

ここ数年で、シンガポールは多方面において目を見張る大躍進を遂げました。それは経済面において、特にアジア太平洋地域におけるビジネス拠点としての実力の高さを表しています。スイスの国際機関である世界経済フォーラムの国際競争力レポート(Global Competition Report)2016~17年では、6年連続で「最も国際競争力のある国」として第2位に輝きました。知的財産権の保護に優れ透明性が高い点は、アジアでトップの座を占めています。

このように多国籍企業が進出しやすいビジネスの環境整備は、政府主導で 強力に推し進められました 。

シンガポールの投資環境

写真提供: Singapore Tourism Board

政府によるサポート

投資家に対しては、誠意あるインセンティブやプログラムを継続的かつ個別に対応することで、実業界と地域社会が歓迎する仕組みを創出しました。このたゆまない努力がアジア経済圏において最も競争力のある名誉を勝ち取ったとも言えるでしょう。

ビジネスを拡大したい投資家には、備品、テクノロジー、ビジネスそのものの開発に至るまで、さまざま金融面での優遇策が用意されています。調査・開発(R&D)や知的財産権、本社機能のマネジメントや開発など、多岐にわたる投資優遇策が施されています。最新情報は、EDBの「incentives page」をご参照ください。 

また、世界的に最も低い「法人税」もビジネスを展開しやすくしています。国内企業には、二重課税の回避や、外国での収益での減免措置、新しく立ち上げた会社の減税などを行っており、新規にビジネスをはじめる方には大変魅力が多い国と言えるでしょう。

ビジネスに適した環境

シンガポールでは、個人・法人を問わず、ビジネスを立ち上げることが簡単です。卓越したインフラに、オンライン窓口や透明性の高い法律がその環境を後押ししています。2015年スイスの国際機関である経営開発研究所(IMD)により、シンガポールは世界でも最もビジネスを遂行しやすく、最も官僚主義ではない国に選ばれました。

また、グローバル・インベスター・プログラム(GIP)を活用することで、外国人は一層起業しやすいと感じるに違いありません。(GIP詳細はhttp://contactsingapore.sg/gipをご参照ください。)

写真提供:
Singapore Tourism Board

LINEで送る
Pocket

PAGE TOP