新型コロナウィルスによりイベント等は急な変更もございます。事前に必ずお問い合わせください。

シンガポールの教育情報 SPRING

国・地域を選択する

学校・幼稚園

インター校

Chatsworth International School

2020.09.25

  • 国際バカロレア(IB)
LINEで送る
Pocket

住所【 ブキティマ キャンパス 】
72 Bukit Tinggi Road, Singapore 289760
電話番号(Tel)+65-6463-3201 
(Fax) +65-6463- 3202
WEBhttp://www.chatsworth.com.sg
Emailinformation.bt@chatsworth.com.sg

オーチャード・ロードの中心から徒歩圏内にある同校は、1995年に創立されて以来、家庭的で温かい雰囲気の学び舎として多様な国籍のお子さまたちを迎えてきました。小学生から高校生まですべての学年で国際バカロレア(IB)プログラムを提供するIB一貫校で、また英語の補習(ESL)も充実していることから、日本人にも人気のインター校です。一人ひとりの全人的な成長を大切にし、また多国籍の生徒たちの国内外への進路選択を考慮しながら、小規模校ならではの強みを生かした指導を行っています。また本校のイースト・キャンパスでは、3~11歳の園児・児童たちがIB初等教育プログラム(PYP)のもとで学んでいます。

Chatsworth International School (Orchard Campus)

家庭的な学校コミュニティ

同校は幼稚園から高校生までの全校生徒が約700名の小規模なインター校です。休み時間の校庭では、国籍の数が約50にのぼる多様な生徒たちが、学年の枠も超えて一緒になってスポーツをしたり遊んだりする姿が見られます。また、中学校では生徒会が毎月バーベキューや「ムービー・ナイト」、スポーツ大会などの交流イベントを開催するなど、伝統的に生徒主体の温かい学校コミュニティが成り立っています。

同校では「生徒たちへの全人的サポート」を学校運営における最重要の柱として、一人ひとりの生徒に対する学習面のサポートはもとより、カウンセリング、ESL、進路指導、保健衛生や生活指導、保護者との緊密な連絡などを有機的に機能させるように努めています。スタッフはチームを組んで、サポートを必要とする生徒のために学校生活の環境を総合的に整え、担任の教師以外にも校内のさまざまなスタッフたちが生徒たちを見守っています。

Chatsworth International School (Orchard Campus)

IB一貫校で真の国際教育を

同校は2004年にIBディプロマプログラム(IBDP)の認定校となり、その後11年にIBPYP校の認定を受け、更に15年6月にIB中等教育プログラム(MYP)校の認定を受けたことで、幼稚園から高校までのIB一貫校となりました。1クラス最大22名のアットホームな教室の中で、生徒たちは意見発表やディスカッションの機会を通して自信をつけ、自らの興味をとことん追求する探究心、論理的思考やグローバルな視野を養います。また同校ではIBDPと共に、大学進学時に有用な、WASC※1に認可された高校卒業資格を修得することもできます。

Chatsworth International School (Orchard Campus)

ESL(英語補習授業)で着実な英語力を

同校のESLは、学年相当のIBカリキュラムにおいて無理なく学習できるように英語力をつけることを目標としています。ESLの生徒たちは最も初級レベルではEnglish Acquisitionクラスに参加し、それ以外の時間は通常のクラスで授業を受けます。通常クラスではネイティブのクラスメートたちからも刺激を受け、また定期的にESLの教師が補助に入り、横について生徒の理解を助けるなど、その手厚さには定評があります。ESLでは英国オックスフォード大学開発のオンライン・プレースメント・テストを定期的に受けることで学習進度を客観的に測り、各自の得意不得意を把握して必要な補習を行います。また、上記テストの結果と共に、ESLやその他の授業での様子を総合的に分析し、ESLに特化したレポート・カード(成績表)を学期ごとに作成しています。

デジタル・ネイティブ世代への教育

同校では、Year 4から1人1台MacBook(マックブック)を使用しています。生徒たちは今日のデジタル市民としてバランスのとれたITの活用方法を学び、各科目においてはオンラインで最先端の知識を得るだけでなく、同じ学習をする世界中の仲間の質問や意見発表からも学びます。またグループプロジェクトなどの共同作業をクラウド上で効率的に行うなど、今日のデジタル時代に即した世界水準の学びを推進しています。

IBMYP日本語で母語を維持

中学生には、2015年から日本人の専任教師がIBMYP日本語「言語と文学」の授業を実施しています。この授業は日本語を母語レベルで学習するもので、日本人生徒が対象です。さらに英語のIBMYP EnglishLanguage and Literatureの両方を受講すると、将来、進学や就職の際にも有利とされるBilingual Diploma(バイリンガル・ディプロマ)※2取得の可能性が広がります。授業では、日本の教科書からの教材を用いて、漢字テストや1分間スピーチ、新聞記事の紹介なども取り入れて、学年相応の日本語力の維持が図られています。

また、担当の日本人教師は必要に応じて日本人の生徒や保護者のサポートも行っており、校内の日本人コミュニティにとっては心強い存在となっています。

※1 米国西部地域私立学校大学協会=WASC(Western Association of Schools and Colleges)認定校でG12を修了した者に、大学入学資格が認められている世界的に有用な資格。

※2 母語(或いは母語並み)の言語Aを2科目修了すると授与されるディプロマ。自国のアイデンティティーを保持しながら、共通語で履修できたという証。

School Data

【学 年】3~18歳
【出願料(税込)】出願料S$230、登録料S$2,300
【年間授業料(税込)】$25,010.18~$3,3742.18
【ウェイティング】学年により有り(2016年9月現在はK2のみ)
【全校生徒数】約700名(日本人生徒数 74名)
【1クラス生徒数】最大22名(幼稚園は20名)
【学 期】2学期制
【英語サポート体制】ESLの補習授業でサポート(Y1~Y13まで)

37 Emerald Hill Road, Singapore 229313 Tel: +65- 6737-5955
E-mail: admissions.orchard@chatsworth.com.sg Website: http://www.chatsworth.com.sg/

※本文は2016年9月25日現在の情報です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
LINEで送る
Pocket

PAGE TOP