シンガポール発海外教育情報誌サイト

シンガポールで教育 Singapore

幼稚園・プレスクールなど

ケンブリッジチャイルドデベロップメントセンター

2012.12.29

LINEで送る
Pocket

住所 ◎ロバートソン校 11 Unity Street #02-01 Robertson Walk Singapore 237995
電話番号 6737-9139
WEB http://www.cambridgecdc.com

ケンブリッジチャイルドデベロップメントセンターのご紹介

ケンブリッジチャイルドデベロップメントセンターは、シンガポールだけでなく、インドネシア、フィリピン、カンボジアでも展開している国際的なプレスクールです。「子どもは一人ひとりかけがえのない個性を持つ」という理念のもと、シンガポールでは国内12カ所で可能性を最大限に伸ばす質の高い教育を提供しています。教師全員が継続して専門的な研修を受け、温かく愛情豊かに子どもと向き合います。日本語クラスがあるセンターでは、英語、中国語、日本語に自然に触れながら、多岐にわたるプログラムで個性を育んでいきます。

ケンブリッジチャイルドデベロップメントセンター

ケンブリッジチャイルドデベロップメントセンターの教育方針

◎個性に対応したカリキュラム

幼少期の最新の研究を取り入れ、年齢により一律にカリキュラムを決めるのではなく、子ども一人ひとりの関心や成長に合わせて緩やかに発展するカリキュラムを採用しています。この新しいアプローチによって個性と可能性をより豊かに伸ばしながら、お互いの違いを尊重する社会性を身に付けていきます。ご家族が園の活動に参加する機会を多く設けることで家庭との連携を強め、双方向からお子さまの発育を見守ります。

読み書き(英語、中国語、日本語)、算数、理科(体験型)、音楽、フォニックス、コンピュータを利用した学習、料理、運動、アートなど豊富なプログラムがあります。その中から一人ひとりに合ったカリキュラムを組んでいくことで、無理なく楽しみながら学んでいきます。「古代エジプト」「イタリア」といったテーマに取り組むプロジェクト型の学びも行い、探究心を養います。

ケンブリッジチャイルドデベロップメントセンター

◎日本語と日本文化

日本語は長年の経験を持つ専任日本人教師が担当し、楽しく学ぶことができます。童謡、四季折々の行事、ことば遊び、日本食のクッキング、工作なども経験します。年齢が上がるにつれてひらがな・カタカナ・漢字にも取り組み、基本的な読み書きを学びます。子どもたちは日本のお話が大好きで、大変人気のクラスになっています。

幼少期に複数の言語環境に置かれると子どもは混乱するのではないか、と考える保護者もいらっしゃるかもしれません。しかし、研究結果によると言語学習に必須の脳のシナプスや神経は、幼少期に数多くの言語に触れさせることによって発達することがわかっています。楽しく自然に複数言語に触れられる当園の言語環境は理想的といえるでしょう。

ケンブリッジチャイルドデベロップメントセンター

◎ジムキッズプログラム ~運動能力の発達をめざして~

砂遊び・水遊びを含む自由遊びはもちろん、「ジムキッズプログラム」を導入しています。体の軸・平衡感覚、さまざまな運動能力の発達を目的として開発された幼児向け器械体操を取り入れたプログラムです。自分の体で安全にできること、危険なことを区別しながら繰り返しおこなうことで、「できた!」という喜びを感じ、自信をつけていきます。こうした体験は自己肯定感を育て、子どもの将来に大切な基礎を築きます。

海外教育情報サイトSpringでは、シンガポールの学校情報を拡充中です。今後とりあげてほしいシンガポールのチャイルドケア・幼稚園などの情報や、お気づきの点はcontact@spring-js.comへご連絡ください。

School Data

【学年】Pre-Nursery(18 ヶ月)~ Kindergarten 2(6 歳)※12 歳まで学童保育預かり可能
【入園登録料(GST込)】S$500
【保育料(GST込)】S$1,030 ~ S$1,300
【ウェイティング】詳細はお問い合わせください。
【園児数(日本人園児数)】約 110 名(約3割)
【保育時間】7:00 ~ 19:00(詳細はお問い合わせください。)
【教師:園児の割合】シンガポール政府の規定に比べて園児に対する教師の割合が高い
【学期】4学期制

※本文は2012年11月23日現在の情報です。

LINEで送る
Pocket

PAGE TOP